集客や顧客対応を行う際、Webサイトのほかに独自アプリの利用を検討している企業が増えました。

こうして企業のWebサイトアプリが世の中にあふれたことで、お金をかけて作ったWebサイトアプリの宣伝に、更に多くの広告費をかける企業も多いです。

しかし、新しいアプリはなかなかダウンロードしてもらえず、Webサイトへのアクセスを促すメールは読まれなくなってきています。

そこで、多くのユーザーが毎日使う人気アプリの中に、Webサイトアプリの機能を提供するMini app(ミニアプリ)が世界的に話題を呼んでいます。

Mini app(ミニアプリ)は、アプリのようにダウンロードしてもらう必要もないため使ってもらえる確率は各段に上がる上に、変更を加えることもアプリよりも簡単です。

また、日々使う人気アプリアカウントでそのまま購入や予約もできるため、ユーザーに別のログインIDとPWでログインさせることなくコンバージョンアップに繋げることが可能です。

つまり、Mini app(ミニアプリ)を使えば、従来の電話やメール、Webサイトに加え、LINEやFaceookなどのオムニチャネルでの接客や、オフライン集客とオンライン集客の自動連携を実現します。

このシリーズでは、世界的にも次なるマーケティング手法として注目されているMini app(ミニアプリ)をいち早く企業に提供し、日本語で、かつ誰でも驚くほど簡単にMini app(ミニアプリ)を作ることができるエボラニ株式会社の「anybot(エニーボット)」の活用事例や操作方法をご紹介します。

Mini app(ミニアプリ)とチャットボットの上手なビジネス活用法

Mini app(ミニアプリ)とアプリの違いは?

皆さんのスマホには何のアプリがありますか?LINEやFacebookなどの連絡を取るためのアプリや飲食店の検索や予約をするアプリ、お気に入りの洋服を見て購入できるアプリなどがあるのではないでしょうか。

Mini app(ミニアプリ)は、このような独自アプリのようにアプリストアからダウンロードする必要がありません。
Mini app(ミニアプリ)は、多くの人が使うLINEやFacebookなどの人気アプリの中で、独自アプリと同じ機能を提供することができるのです!

ユーザーにとっては、LINEだけで新商品を見て購入したり、飲食店の予約をしたりできるので、新しいアプリをダウンロードしてメモリ容量を減らすことはありません。また、よく知らないアプリに個人情報を入力する心配もないのです。こうした理由で、Mini app(ミニアプリ)はユーザーに利用されやすくなっています。

Mini app(ミニアプリ)はチャットボットのこと?

企業がチャットボットを導入する目的は、大きく分けて3つです。

  • 顧客対応 24時間いつでも迅速に対応
  • コスト削減 担当者の代わりに自動で対応
  • 売上貢献 マーケティングオートメーションを実現

チャットボットをWebサイト上に表示させて問い合わせを自動対応したり、LINEやFacebookメッセンジャーの対応にチャットボットを導入する事例も増えてきました。

こうしたLINEやFacebook上のチャットボットは、Mini app(ミニアプリ)の一つにあたります。チャットボットでの自動対応だけでなく、販売や予約など、より多くの機能を追加してビジネスに活用していけるのがMini app(ミニアプリ)の最大の特徴であり、チャットボットとの大きな違いです。

「anybot」で作れるMini app(ミニアプリ)とは?

image5.jpg

anybot(エニーボット)」は、電話やメール、LINEなどのオムニチャネルで、企業の接客自動化を実現します。

anybot(エニーボット)」なら、Webサイト上に表示して問い合わせ自動対応をするチャットボットを完全無料で利用できるほか、LINEやFacebook内で様々な機能を提供するMini app(ミニアプリ)を、誰でも簡単に作ることができます。

開発会社などに膨大な外注費用をかける必要はありません。プログラミング知識も開発経験もないマーケティング担当者でも、テキスト入力や画像のインポートなどの簡単な事務スキルだけで、チャットボットやMini app(ミニアプリ)を作り、いつでも編集できることがメリットです。

つまり、「anybot(エニーボット)」で作るMini app(ミニアプリ)なら、大企業の新規事業部から、中小企業、小さな町のお店の店長さんまでもアプリという新しい技術を、低コストで簡単に使いこなすことができるのです。

「anybot」で作ったMini app(ミニアプリ)で実現すること

anybot(エニーボット)」で作ったMini app(ミニアプリ)で、企業は以下のことを実現することができます。
image3.png

  1. 接客自動化
    開発不要の最も使いやすいチャットボット作成ツールを用いて、接客自動化を実現します。
    image6.png

  2. 顧客分類・保存自動化
    CRMデータの保存・セグメンテーションが自動化され、パーソナライズした接客を実現します。
    image2.png

  3. 販売や予約
    来店予約や決済、ECのレンタルカートの作成が可能、顧客のエンゲージメントを実現します。
    image4.png

  4. 集計分析
    多くの情報とKPIが自動集計・分析・可視化され、 今後のマーケティングや営業戦略の改善に貢献します。
    image7.png

  5. オムニチャネルで一括顧客管理
    電話・メール・LINE・Facebookを統合したオムニチャネルで、マルチコンタクトを実現します。
    image8.png

「anybot」を利用したMini app(ミニアプリ)の作り方

Mini app(ミニアプリ)について、「anybot(エニーボット)」でできることについて紹介してきました。

でも、実際にはどんなMini app(ミニアプリ)が作れるのか?
本当に誰でも使えるほど簡単なのか?
そのMini app(ミニアプリ)で企業は何を実現できるのか?

こうした疑問に答えるために、この連載では「anybot(エニーボット)」を使って様々なMini app(ミニアプリ)の作り方を紹介していきます!

今後の公開予定

第2回 問い合わせ自動化(構築)    7月末公開予定
第3回 問い合わせ自動化(運用) 8 月末公開予定
第4回 問い合わせ自動化(API連携) 9月末公開予定
第5回 ミニアプリでリッチ コンテンツ 配信 11月末公開予定
第6回 LINEのリッチメニュー加工 12月末公開予定
第7回  CRM で顧客データの自動収集 2020年1月末公開予定
第8回 ミニアプリでアンケート/集計 2020年2月末公開予定
第9回 ミニアプリでクーポン発行 2020年3月末公開予定
第10回 ミニアプリで来店促進・予約 2020年 4月末公開予定
第11回 ミニアプリとスワイプで商品販売 2020年5月末公開予定
第12回 ミニアプリで多言語対応 2020年6月末公開予定