近年、注目が集まっている動画広告。中でも利用者の多い動画プラットフォームYouTube(ユーチューブ)」へ動画広告を出稿しようと検討している企業は多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、YouTubeの動画広告を配信する仕組みや料金、広告にかかる費用目安を紹介。動画広告を出稿する際の、成果を上げるために押さえておく3つのポイントも併せて解説します。

「YouTubeを活用して自社商品やサービスをたくさんの人に認知してもらいたい」と考えている企業やウェブ担当者は、ぜひ参考にしてください。

YouTube(ユーチューブ)広告とは

まずはYouTube(ユーチューブ)広告についての基礎知識を整理していきましょう。概要を理解していくことで、内容の吸収率も上がっていくはずです。YouTube上での広告の仕組みを理解して、最適な広告運用をしていきましょう。

YouTube上に動画を出稿するサービス

YouTube広告YouTube上に動画を出向するサービスです。動画を見ていたら広告が挟まれた経験はないでしょうか。その枠に動画を表示させるためのサービスとして、YouTube広告があります。

自社がリーチしたいターゲット層に合わせた広告出稿が可能となるため、広告としてのパフォーマンスも上げることが可能です。掲載場所も複数存在し、目的に応じて使い分けができるので、さまざまなニーズに対応できます。

Youtube広告で費用が発生する仕組み・タイミング

YouTube広告では基本的に閲覧回数によって費用が決定していきます。1回視聴されるごとに費用が計算されていき、多くの人にリーチすればするほど金額も高額になる仕組みです。後ほど紹介する広告の種類によっても費用発生のタイミングは異なりますので、比較してみてください。

またインプレッション当たりの広告費も、人気の枠になるほど金額が上がっていくので注意が必要です。

YouTube広告の種類と料金の目安

YouTubeで動画広告を配信した場合の料金目安を紹介します。

インストリーム広告の料金目安

インストリーム広告は、YouTubeの動画再生の開始時や途中に流れる「5秒後にスキップできる」動画広告です。料金の発生タイミングは動画広告が30秒以上再生された場合のみで、それ以前にスキップされた場合は料金が発生しません。

ただ、目的は広告を出稿してコンバージョンにつなげることです。動画がスキップされて広告費がかからないからといって、プラスになるわけではありません。その場合は、動画の内容を見直す必要があります。

インストリーム広告の入札単価は3〜20円ほどです。そこから徐々に露出を増やし、単価をあげて調整していきましょう。

ディスプレイ広告の料金目安

ディスプレイ広告とは、検索結果の最上部や関連動画に表示される広告のことです。

インプレッション数で課金料金が発生しますが、インストリーム広告を出稿すれば、自動的にディスプレイ広告も表示される仕組みになっています。

こちらもインストリーム広告と同じく、広告の入札単価は3円〜20円ほどです。

バンパー広告の料金目安

バンパー広告は、インストリーム広告と同じく、動画本編の再生中に流れる動画広告です。インプレッションが1,000回を超えた場合に課金料金が発生します。

ただ、バンパー広告は取り扱う広告のジャンルによって、入札単価が異なります。ですので、まずは最低限のユーザーにリーチをかけ、徐々に入札単価を引き上げていきましょう。

アウトストリーム広告の料金目安

アウトストリーム広告とは、スマホサイズに特化した動画広告のことです。スマホユーザーに向けた動画広告を配信したい人にオススメです。

課金料金の発生条件は、画面をしめる広告の割合が半分以上(50%以上)で、動画再生時間が2秒を超えた時点で料金が発生します。アウトストリーム広告は、他の広告と比べて課金料金が発生するハードルが低いです。そのために、入札単価はできるだけ低く設定しておきましょう。

マストヘッド広告の料金目安

マストヘッド広告は、YouTubeトップページ上部に掲載される動画広告を指します。多くのユーザーが必ず訪れるページに動画を表示できるので、多くの人に効果的にリーチできるでしょう。そのかわり高額な広告費が必要となるケースもあるので、注意が必要です。

料金は固定の日別単価制か閲覧数によって金額が決まるインプレッション単価制で決まります。事前に出稿前に見積もりをすることもできるので、予算に合わせた方式を選択していきましょう。