Web担当者の皆様、「CRO」という言葉はご存知でしょうか。

「Conversion Rate Optimization」の略で、「コンバージョン率最適化」と訳されます。
LPOランディングページ最適化)と同義語と捉える向きもありますが、厳密には定義が異なります。ホームページを成長させたいということであれば、LPOとは別の概念として理解した方が良いでしょう。

今回は、ホームページの成果を高めるために確実に知っておきたい「CRO」についての理解が深まる記事を厳選してご紹介します。

1.CROとは?

CROとは?
CRO とは 意味/解説/説明 | Web担当者Forum

CRO(Conversion Rate Optimization)は、ホームページに訪れたユーザーのコンバージョンする確率を高めるための施策全般を指します。
訪問者数に対してあまりにもコンバージョン数が少ないという場合は、CROを行うことによって大幅な改善が見られる場合があります。

集客施策において、広告の場合は費用が、SEOの場合は時間がかかりますが、CROであればページ内部を改修することで、比較的早い段階で成果を上げることができます。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

2.LPOやEFOとの違いは?

LPOやEFOとの違いは?
クロスフィニティのCROコラム連載を始めます!

コンバージョン率を高める施策として「LPOランディングページ最適化)」や「EFO(エントリーフォーム最適化)」が挙げられます。
LPOランディングページ(一番最初に訪れたページ)における最適化、EFOはコンバージョン直前のエントリーフォームの最適化を目的としているのに対し、CROはホームページ全体をコンバージョン率向上に向けて最適化させるための施策を指します。

こちらの記事にある図の通り、CROはより包括的なコンバージョン率向上施策と定義できます。

3.なぜCROは重要なのか

なぜCROは重要なのか
【プロモニスタ】 » CRO(コンバージョン率最適化)が重要だと断言できる9つ理由とは?

先に紹介したとおり、CROはホームページ全体をコンバージョン率を高めるために最適化させる施策です。わかりやすいものとしてはA/Bテストがありますが、それだけでなくりません。
この記事にあるように「製品を気に入ってくれ、口コミしてくれるような顧客」を獲得するためにはどのような情報を盛り込めばいいのかというところまで考える必要があります。

また、基本的には(人件費以外の)費用はかからないため、Web周りに予算をかけられないような企業でも取り組みやすい分野です。近年注目されているグロースハック(お金をかけずにサービスを成長させる施策)も、基本的にはCROの1つとして捉えることができます。

まとめ

CRO(コンバージョン率最適化)は、ユーザーがコンバージョンしやすいようにホームページ全体を最適化することです。
ユーザーがコンバージョンしやすいよう導線をわかりやすくしたり、スムーズに入力できたりすることもCROを向上のために重要ですが、ホームページを訪れたユーザーに商品の魅力をいかに伝えられるか、というところが根本にあります。
ユーザーに魅力が伝わり、ファンになってもらうことで、その場限りのコンバージョンだけでなく、リピート購入やSNSでのクチコミ拡散によってより多くのコンバージョンに繋げることができます。

一時的なコンバージョン数増加に終わらせず、長期的にコンバージョン率を高めていきたいのであれば、一番に行うべきはユーザーを理解し、ユーザーのニーズや求めている情報を理解することです。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Webマーケティングとは
Webマーケティングの基礎~3C分析を使ってみよう
マーケティングの基本である市場分析とポジション

このニュースに関連するカリキュラム

Webマーケティング戦略の基礎について説明しています。