アメリカではフリーランスとして働いている人が多く、2020年までには労働人口の50%を占めるのではないかと言われています。一方、日本ではフリーランスの働き方は人気が出ていますが、アメリカほどではありません。

最近では、企業が副業を推進したりするほか、クラウドソーシングというフリーランスが仕事を受注できるプラットフォームができ、働き方も多様になりつつあります。

そんな中で人気の職業の一つが、ライターです。特にWebライターは自宅でもできる仕事が多いため人気があります。

しかしライター、あるいは記事制作を始めた方で、「文章がうまく書けない」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。記事制作のコツを3つ紹介します。

参考:アメリカでフリーランスが多い理由と、日本で新しい働き方をする方法 | ハフポスト

記事制作のコツ

記事制作の仕事はパソコン一台でできることから、気軽に始めやすい仕事です。しかし、極めれば極めるほど、奥の深い仕事でもあります。

記事制作の仕事だけで生計を立てていくには、一定のスキルが必要です。初心者ライターが最低限気をつけておくべき記事制作のコツを解説していきます。

最初にペルソナを決める

1つ目は、ペルソナを決めることです。ペルソナとは明確なターゲットユーザーのこと。作成した記事を見てくれる読者(ペルソナ)を明確にすれば、読者の心に刺さる記事制作ができます。

「電子レンジ」を買ってもらいたい状況を思い浮かべてください。ターゲットとなるユーザーはどんな人でしょうか。

ファミリー層や高齢者など、売ろうとすればたくさんのユーザーがでてきます。

しかし、ここでペルソナとなるターゲットは、「一人暮らしを始めようと考えている大学生、または社会人」です。これから一人暮らしを始めるのですから、電子レンジが必要になるでしょう。

ペルソナが決まってしまえば、そのペルソナに向けた魅力的な記事を書いていきます。

型を決めておく

2つ目の記事制作のコツは、文章の型を決めておくということです。文章の型とは、リード文、本文、クロージングといった型だけでなく、本文中の型も含まれます。

例えば、この記事でも使用している「PREP法(プレップ)」を用いて文章を書いていきます。

・Point(結論)
・Reason(理由)
・Example(例文)
・Point(結論)

まずは結論から話すことで読者に「どんなことが書かれているのか」と、内容が伝わりやすいです。そのあとに理由や具体例を伝えるので、内容が読者にとってスムーズに入ってくる文章になります。

文章の型を意識して記事制作し続けることが、ライティングスキルのアップにつながります。

SEO対策を理解しておく

最後の記事制作のコツは、SEO検索エンジン最適化)対策を理解しておくことです。SEO対策とは、Webサイトにある情報を検索するシステムで、それらの対策を施しておくことで、自分の書いた記事がGoogleなどの検索結果に反映されるものです。

例えば、「餃子 作り方」というキーワードを検索するユーザーはどんな情報を求めているでしょうか。ここでは「餃子を材料から作る方法」を探しているはずです。

だとすると、制作する記事は、餃子の作り方の手順や必要な材料について書かれている記事ではないでしょうか。

「餃子 作り方」で検索したユーザーの意図を考えて、記事を制作することがSEO対策には有効です。

以下の記事にて、基本的なSEO対策をまとめているので、参考にしてください。

【2019年度版】キーワード調査から始めるSEOで勝つための記事の書き方!タイトルや文字数の決め方は?

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

記事制作のスピードを上げるポイント

ライターは、記事制作のスピードを上げることも大切です。なぜなら、1記事あたりの制作時間が早ければ早いほど、時給単価が上がるからです。例えば、1文字1円で2000文字の記事を制作する仕事。

2時間で終わらせることができれば、時給は1,000円になります。1時間で制作できれば時給は2,000円になります。このように、記事制作の時間が早ければ早いほど、時給単価が上がるのです。

しかし、記事制作を早くするにはコツが必要です。記事制作が格段に早くなるためのコツを紹介します。

記事の骨組みをしっかりと作る

記事制作を早くする1つ目のコツは、文章の骨組みをしっかりと作っておくことです。

記事を作成する際、自分が思いついたまま書いてしまうと、冗長で何が言いたい記事なのかがはっきりしないものになってします。そうならないためにも、文章を書き始める前にどういうことを書いていくか骨組みを作りましょう。

一気に記事を書き上げてから修正していく

初心者ライターにありがちなのは、修正しながら記事を制作する方が多いことです

その方法だと時間がかかってしまうので、まずは記事を一気に書き終えてから誤字・脱字のチェックや表現におかしいところはないかということを確認していきましょう。

まとめ:記事制作のコツを掴んでプロのライターになろう

記事制作はロジカルです。書く人のセンスもありますが、スキルや知識を身につければ誰にでも記事を制作できます。

まずは記事制作のコツを知り、ライティングスキルをものにしましょう。そうすることが、プロのライターになる近道です。

この記事を読んだ方におすすめの記事

読者にあわせた文章とは?文体をコントロールするポイントを解説

読者にあわせた文章とは?文体をコントロールするポイントを解説

文章を書く時は、「誰に向けて」「どのようなコンセプトで」など、書く前に抑えるべき要素がいくつもあります。 「トーン&マナー(トンマナ)」もその1つで、どのような文体を使うのか、企業として使用しないキーワードを使っていないか、構成や表記はどうするのかなどに注意が必要です。今回は、「文体のトーン&マナー(トンマナ)」に注目して文章の印象をコントロールするポイントを紹介します。