統計データを活かしたコンテンツづくりが大切

2020年7月現在までに公表されている国内月間アクティブユーザー数をまとめると以下のようになりました。
・TikTok:950万人
・LINE:8,400万人
Twitter:4,500万人
・Facebook:2,600万人
・Instagram:3,300万人

また、今後はPinterest(ピンタレスト)やLinkedInリンクトイン)といったソーシャルメディアユーザー数を増やしていくでしょう。

各SNSの常に最新の統計をもとに、規模やターゲット層、機能などを十分に考慮したコンテンツづくりが重要となります。

その他のSNSに関する調査結果を見る

30・40代がいま使っているSNSは?知っておきたい調査結果(YouTube、LINE、Twitter、Facebook、In

30・40代がいま使っているSNSは?知っておきたい調査結果(YouTube、LINE、Twitter、Facebook、In

若者のSNS利用(メッセージアプリや動画サイト含む)が盛り上がっていることは言うまでもありません。一方で、30代・40代のSNS利用実態はどうなのでしょう?ドゥ・ハウスの調査により、30・40代が利用しているSNSや投稿頻度が判明しました。(YouTube、LINE、TwitterFacebook、Instagram)

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは?その歴史と各種SNSの普及率・利用年代を解説!

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは?その歴史と各種SNSの普及率・利用年代を解説!

情報収集や情報発信のツールとして、スマートフォンにSNSのアプリをインストールしているのは実に一般的な光景です。検索エンジンを利用した情報収集ばかりではなく、TwitterやFacebookなどのSNSから情報を得る習慣が身についているユーザーも多いでしょう。そういったユーザーとインターネットの関わり方を正確に把握し、適切なプロモーションを打ち出すのはビジネスにおいて必須とも言えるため、企業のWebマーケティングへの尽力はますます活性化しているのです。今回は、SNSの歴史を振り返ります。SNSの本質を理解し、今後のSNS動向およびユーザーの購買心理の予測などに役立てましょう。