SEOライティングは、Webライティングをするうえで重要なスキルです。例えばブログやWebメディアの記事でSEO対策すれば、検索結果の上位に表示されアクセス数増加に繋がります。

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

Keywordmapは、自社だけではなく競合サイトの検索順位データや対策KWの抽出などにより、オーガニックの面並びにペイドの面での機会損失を防ぐことが可能です。効果的かつ効率的にコンテンツ制作を行いましょう。

しかし、実際にSEOライティングを実践したいと思っていても「やり方が分からない、すでに意識はしているが検索上位に表示されない」という悩みを抱えている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、SEOライティングにおいて意識すべき点や注意点など、実践に生かせる情報をまとめました。「SEOライティングというものがいまいちわからない」という方でも、SEOライティングで最低限意識することを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

SEOライティングとは

SEOライティングとは、SEOを意識した記事のライティングを指します。

ここ数年、Googleの検索アルゴリズムは大きく変動しています。従来であれば検索ボリュームの多いキーワードがたくさん入っている記事は、検索結果の上位に表示されていました。ですが、現在ではキーワードに加えてユーザーのニーズに沿った記事でなければ、上位表示されることはありません。

SEOライティングでは、Googleに正しく評価してもらうためにもSEO対策を意識した記事作成が重要となります。検索上位に表示されるために意識したいことは、以下の通りです。

・SEOキーワードの割合
・オリジナリティのある文章
・端的でわかりやすい文章

SEOライティングで意識する6つのポイント

先にも述べた通り、ただ検索流入の多いキーワードを記事に入れ込むだけでは、SEOライティングとは言えません。ここからは、SEOライティングで意識するべき6つのポイントを紹介します。

SEOライティングのポイント1・ユーザーと検索キーワードを意識する

Google検索エンジンは、ユーザーのニーズにより応えているサイトを検索結果の上位に表示します。つまりSEOライティングで最も重要なことは、ユーザーと検索キーワードの両方を意識した文章を執筆することです。

ユーザーにとって有益なサイトであるかどうかのGoogleの判断基準は、今後も不定期に変動していくと予測されていますが、ライティングをする際には、検索キーワードを意識しつつ、ユーザーにとって有益な読みやすい文章を目指す必要があります。たとえ記事にキーワードをたくさん入れ込んでSEOの検索上位を取れたとしても、ユーザーにとって有益でなければ離脱率は高くなり、せっかく作成したコンテンツを読んでもらえなくなります。どちらの要素が欠けても検索上位を目指すことは難しくなります。

SEOライティングのポイント2・リサーチと構成作りは入念に

執筆する記事のキーワードが決まったら、ライティングを始める前にリサーチを入念に行い記事構成を作りましょう

その理由は、記事構成を作らずにライティングをはじめてしまうと、方向性を見失ってしまうからです。最終的に何を伝えたいのかわからない記事とならないよう、まずは骨組みとなる記事の見出しを完成させてから、文章の肉付けをしましょう。SEOを意識した構成を作ってしまえば、あとはその構成に沿ったライティングを行うだけです。

SEOライティングのポイント3・タイトルにキーワードを入れる

検索上位に表示させたいキーワードを、タイトルの前方に置きましょう。タイトルの文字数は、検索結果に全文表示される25~32文字がおすすめです。

その理由は、検索エンジンの評価が高いからです。また、ユーザーにとっても自分が知りたい情報なのかを一目で判断しやすいです。

しかし、むやみにキーワードを入れ込むことはスパムとみなされてペナルティを受けてしまう可能性がありますタイトルには自然にキーワードを入れるようにしましょう。

SEOライティングのポイント4・ディスクリプションにキーワードを入れる

タイトルと合わせて検索結果に表示される文章をディスクリプションと言います。多くのユーザーが、タイトルとディスクリプションを読んで、自分にとって有益な情報か判断します。

さらに、検索エンジン側もこのディスクリプションを読み込み、記事の大まかな内容を分析しているので、ディスクリプションには必ずキーワードを入れ込み、記事の内容がわかるような簡潔な文章を作成しましょう。

SEOライティングのポイント5・本文にもキーワードを入れる

記事本文にも、キーワードを入れることは大切です。特に見出しの直下は重要度が高いので、関連するキーワードを入れることで、検索エンジンがどんな文章なのか認識しやすく、ユーザーの文章に対する理解も深まります。

また、本文ではキーワードの共起語を含めることも上位表示を狙うポイントです。共起語とは、1つのキーワードに対して、連想されよく使われるキーワードのことです。

キーワードと共起語を適切に使いこなすことで、Googleからの評価の高いコンテンツになります

SEOライティングのポイント6・箇条書きや表を活用する

箇条書きや表を上手く使いながら、複数の項目でもわかりやすく、ユーザーにとって読みやすい記事を目指しましょう。特に、重要な項目や比較したい項目などで活用することは、ユーザーの関心を引きやすくなります。

SEOライティングでは、文章だらけの読みづらいコンテンツよりも、適度に文章がまとめられている方が、検索エンジンで上位表示できる可能性が高いです。