SEOライティングは、Webライティングをするうえで重要なスキルです。例えばブログやWebメディアの記事でSEO対策をすれば、検索結果の上位に表示されアクセス数増加に繋がります。

しかし、実際にSEOライティングを実践したいと思っていても「やり方が分からない、すでに意識はしているが検索上位に表示されない」という悩みを抱えている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、SEOライティングにおいて意識すべき点や注意点など、実践に生かせる情報をまとめました。「SEOライティングというものがいまいちわからない」という方でも、SEOライティングで最低限意識することを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. SEOライティングとは
  2. SEOライティングの基礎
  3. SEOライティングで重要なE-A-Tを意識しよう
  4. SEOライティングを行う際の3つの注意点
  5. ユーザーが求める良質なコンテンツ作りが大事
  6. SEOの順位を上げるためには

▼ 初めてライティングをする方へおすすめ資料

文章が苦手な人でも書ける Webマーケティングのためのライティングポイントまとめ

文章が苦手な人でも書ける Webマーケティングのためのライティングポイントまとめ

初めてWeb上で文章を書く方に対して、テキストコンテンツのネタの集め方と、実際に書く際の手順までを公開しています。

SEOライティングとは

SEOライティングとは、SEOを意識した記事の書き方を指します。

検索アルゴリズムの精度がそれほど高くなかった頃は、単にキーワードをたくさん含む記事が上位表示されることもありました。しかし、現在ではより質の高いコンテンツを作る必要があります。

以下の2つがSEOライティングで重要です。

ユーザーがわかりやすい文章

ユーザーにとってわかりやすい文章を書くことが、上位表示に繋がります。ユーザーニーズに沿った内容端的な文章で伝えることが、SEOライティングにおいて重要です。

検索エンジンにとってもわかりやすい文章

検索エンジンのアルゴリズムは、記事のソースコードを読み取って内容を判断し、表示順位を決定しています。そのため、Webサイトの構造タグの使い方を意識し、検索エンジンにとってもわかりやすい文章を書くことが大切です。

SEOライティング2つのポイント.png

SEOライティングの基礎

ここからは、ユーザー検索エンジンにとってわかりやすい文章を書く方法として、SEOライティングの基礎を紹介します。

ユーザーと検索キーワードを意識する

Google検索エンジンは、ユーザーのニーズにより応えているサイトを検索結果の上位に表示します。つまりSEOライティングで最も重要なことは、ユーザーと検索キーワード意識した文章を執筆することです。

ユーザーにとって有益なサイトであるかどうかのGoogleの判断基準は、今後も不定期に変動していくと予測されています。ただし、Googleが公式サイトで掲げている「10の事実」によると、ユーザーを最も重視するという方針は変わらない可能性が高いです。

参考:Googleが掲げる10の事実

そのため、ライティングをする際には、検索キーワードを意識しつつ、ユーザーにとって有益な読みやすい文章を目指す必要があります。たとえ記事にキーワードをたくさん入れ込んだとしても、ユーザーにとって有益でなければ上位表示されず、読んでもらえなくなります。ユーザーニーズを押さえた上で、検索キーワードを含めたコンテンツを作成することが重要です。

リサーチと構成作りは入念に

執筆する記事のキーワードが決まったら、ライティングを始める前にリサーチを入念に行い記事構成を作りましょう。

その理由は、記事構成を作らずにライティングをはじめると、方向性を見失ってしまうからです。最終的に何を伝えたいのかわからない記事とならないよう、まずは骨組みとなる記事の見出しを完成させてから、文章の肉付けをしましょう。SEOを意識した構成を作ってしまえば、あとはその構成に沿ったライティングを行うだけです。

タイトルにキーワードを入れる

検索上位に表示させたいキーワードを、タイトルの前方に置きましょう。タイトルの文字数は、検索結果に全文表示される25~32文字がおすすめです。

タイトルの前方にキーワードを入れると、検索エンジンユーザーの両方にとって記事の内容がわかりやすくなります。

ただし、むやみにキーワードを入れ込むことはスパムとみなされてペナルティを受けるリスクがあります。そのため、タイトルには文章として自然な形でキーワードを入れるようにしましょう。

ディスクリプションにキーワードを入れる

ディスクリプションとは、タイトルと合わせて検索結果に表示される文章のことです。多くのユーザーが、タイトルとディスクリプションを読んで、自分にとって有益な情報か判断します。

さらに、検索エンジン側もこのディスクリプションを読み込み、記事の大まかな内容を分析しています。そのため、ディスクリプションには必ずキーワードを入れ込み、記事の内容がわかるような簡潔な文章を作成しましょう。

本文にはキーワードや共起語を入れる

記事本文にも、キーワードを入れることは大切です。特に見出しの直下は重要度が高いので、関連するキーワードを入れることで、検索エンジンがどんな文章なのか認識しやすく、ユーザーの文章に対する理解も深まります。

また、本文ではキーワードの共起語を含めることも上位表示を狙うポイントです。共起語とは、1つのキーワードに対して、連想されよく使われるキーワードのことです。

キーワードと共起語を適切に使いこなすことで、Googleからの評価の高いコンテンツになります。

箇条書きや表を活用する

箇条書きや表を上手く使いながら、複数の項目でもわかりやすく、ユーザーにとって読みやすい記事を目指しましょう。重要な項目や比較したい項目などは、、箇条書きや表で整理するとユーザーの関心を引きやすくなります。

文章だけで書かれた読みづらい記事よりも、箇条書きや表を適度に含む記事のほうが、上位表示される可能性が高いです。

箇条書きや表を活用した例.png

文章のみではなく表や図解も入れる

表や図解を入れることも、文章のわかりやすさに繋がります。特に、何かを行う手順や計算方法などの抽象的な内容を伝える場合、表や図解が効果的です。

また、適度に表や図解を入れると、ユーザーの注意を引くアイキャッチとしても機能します。文章だけでなく表や図、イラストなど視覚的な表現も取り入れましょう。

図解を入れた例.png

SEOライティングで重要なE-A-Tを意識しよう

「E-A-T」とは、Google検索エンジンで重視されている3項目の頭文字をとった略称です。E-A-Tを意識してライティングすることで、検索エンジンから評価される可能性が高まります。

各項目の意味やSEOライティングで意識するべきことは次の通りです。

専門性(Expertise)

特定の内容について詳しく書かれているサイトは、*専門性(Expertise)*が高いと評価されます。

例えば、求人関連のサイトであれば、「医療業界の求人情報」や「IT業界の求人情報」などに特化した方が専門性を高めることが可能です。また、ギフトを紹介するサイトなら「結婚祝い向けギフト」や「敬老の日向けギフト」など、ジャンルを絞り込むことで専門性を高められます。

権威性(Authoritativeness)

権威性(Authoritativeness)とは、記事の執筆者や監修者など、情報の発信者に関する項目です。一般的に、記事内容に関連した有資格者が執筆・監修したコンテンツは権威性が高いと評価されます。

例えば医療に関する情報であれば、無資格の個人が書いた記事よりも、医師が執筆・監修したコンテンツの方が権威性は高いです。また、英語学習に関する記事なら、海外留学経験や試験で高得点を取った実績がある人が書くことで権威性が高まります。

信頼性(Trustworthiness)

*信頼性(Trustworthiness)*とは、ページの内容や運営者などが、ユーザーにとって信頼できるものかを表す項目です。

例えば電化製品のレビューを紹介するサイトの場合、匿名で書かれた口コミ情報よりも、サイト運営者自身が製品を購入し写真や動画付きで紹介する情報の方が信頼性は高まります。また、法律に関するサイトでは、執筆・監修に携わった有資格者の実名を表示することで信頼性を高めることが可能です。

サイト運営者の情報を明確に記載することも、信頼性のアップに繋がります。

▼ 初めてライティングをする方へおすすめ資料

文章が苦手な人でも書ける Webマーケティングのためのライティングポイントまとめ

文章が苦手な人でも書ける Webマーケティングのためのライティングポイントまとめ

初めてWeb上で文章を書く方に対して、テキストコンテンツのネタの集め方と、実際に書く際の手順までを公開しています。

SEOライティングを行う際の3つの注意点

SEOライティングでは上記のような意識すべき点以外にも、タブーとされていることがあります。ここからは、SEOライティングを行う際の3つの注意点を紹介します。

誤字脱字に気を付ける

誤字脱字は、ユーザーに不快感を与えるだけでなく、検索エンジンからも読みづらいものとして判断されてしまいます。ライティングの基本ですが、記事を書き終えたら必ず誤字脱字がないかチェックする習慣をつけましょう。

コピペは厳禁

数多くの情報の中から、リサーチを行い記事執筆を行うことも少なくありません。しかし、他のサイトから無断でコピペすることは、SEOの観点から評価が低くなるだけでなく、著作権侵害で訴えられるリスクにも繋がります。

あくまでも自分の言葉を用いて、オリジナルの文章を生成するようにしましょう。

専門用語は使い過ぎない

キーワードによっては専門用語を入れても構いませんが、専門用語はなるべく入れずに、誰でもわかる文章を作成することが基本です。

ただし、一般のユーザー向けには簡潔に分かりやすく書くべきですが、専門的な知識をすでに持ったユーザーに対しては、より専門性の高い内容の方が喜ばれます。読んでもらえるユーザー像を想像し、文章の内容を明確にしてから、言葉選びも柔軟に対応していくことが大切です。

ユーザーが求める良質なコンテンツ作りが大事

SEOライティングでは、ユーザーにとっても、検索エンジンにとっても良質なコンテンツとして認識してもらうことが大切です。そのためには、ただキーワードを意識するだけではなく、ユーザが読みやすくなるような工夫が必要です。

キーワードが多すぎたり不自然な文章になったりすると、Googleからの高い評価は得られません。

まずは大前提として目の前のユーザーのニーズに応えるコンテンツ作りを目指し、それからSEOライティングの技術を上手く取り入れてみましょう。

Webサイトの全体最適化を図りたい方はこちら

▼ 初めてライティングをする方へおすすめ資料

文章が苦手な人でも書ける Webマーケティングのためのライティングポイントまとめ

文章が苦手な人でも書ける Webマーケティングのためのライティングポイントまとめ

初めてWeb上で文章を書く方に対して、テキストコンテンツのネタの集め方と、実際に書く際の手順までを公開しています。

SEOの順位を上げるためには

SEO内部対策・外部対策について知りたい方は以下の記事もご覧ください。

SEOをわかりやすく解説。SEO対策でのキーワード選定から上位表示を狙う施策やツールを紹介

SEOをわかりやすく解説。SEO対策でのキーワード選定から上位表示を狙う施策やツールを紹介

SEO対策(Search Engine Optimization)とは、検索結果で自社サイトを上位表示させるための対策のことです。検索エンジン最適化とも呼ばれます。この記事では、「これからSEO対策を始めたい!」「検索順位を上げるにはどうしたらいいの?」という方向けに、SEO対策の基礎について詳しく解説していきます。

SEOの順位を簡単に調べられるチェックツールは以下の記事でご覧いただけます。

【2019年版】SEOの順位を調べる際に役立つチェックツール3選

【2019年版】SEOの順位を調べる際に役立つチェックツール3選

指定したキーワードで表示されるページの順位を確認することは、SEO対策を行う上でに欠かせない作業です。そこでこの記事では、検索順位を調べられるツールを紹介します。