様々なコンテンツがあふれるインターネット社会では、ユーザーに読んでほしい記事をクリックしてもらうための工夫が欠かせません。いかにユーザーに興味深いと感じてもらえるタイトルを付けるか、記事の内容が一目で伝わるアイキャッチ画像によりスムーズにクリックを促すかなど、まさにクリエイティブ合戦とも言える世界です。

ただ、競合するコンテンツの対策においては、手軽に工夫できるタイトルづくりに力を入れる人は多いものの、アイキャッチに関しては、まだまだ注力していない投稿がたくさんあります。そこで、今回はアイキャッチの設定をテーマにしました。多くの方が利用しているWordPressを使い、アイキャッチの設定方法から注意点まで解説します。

アイキャッチを設定するメリット

アイキャッチは、記事を読んでもらうために、ユーザーの目を引くことを目的とする画像です。視覚を対象にしたキャッチコピーとも言えます。オウンドメディアなどでトップページにいろいろな記事を掲載しているのをよく見かけますが、そこでタイトルとともに表示されている画像がアイキャッチです。また、記事一覧にタイトルと合わせて小さな画像が表示されている場合があります。これは、サムネイルと呼ばれるものですが、いわばアイキャッチの一つです。小さいながらにサムネイルの有無により、印象を大きく変えてしまい、クリック率に影響してしまうのです。

アイキャッチを設定する具体的なメリットを以下に整理しましたので、ご覧ください。

メリット1:SNSからの集客がアップする

WordPressで投稿した記事のURLをFaceBookやTwitterなどのSNSでシェアすると、投稿にアイキャッチが表示されます。SNSのタイムラインには、たくさんの投稿が表示されているため、必ずしも自分の投稿にユーザーがアクセスしてくれるとは限りません。しかし、アイキャッチが存在することで、テキストのみの投稿よりもユーザーの目を引く確率が高くなります。SNSからの集客を望むなら、アイキャッチの設定は欠かせません。

メリット2:ユーザーの満足度が向上する

Webメディアには多くの記事があり、ユーザータイトルだけを手がかりに、すぐに読みたい記事を見つけるのは難しいでしょう。アイキャッチがあることで、タイトルとアイキャッチの両方から記事内容をすぐにイメージでき、スムーズに必要な情報にたどり着けます。ユーザーから高い満足度を得るには、いかに迷いなく求める情報を手に入れられるかが重要です。

メリット3:セッション時間が増える

記事を読んでいるときに、記事のサイドに他の記事のタイトルとアイキャッチを表示するのをよく見かけることでしょう。関連記事や、この記事を読んだ人にオススメという所謂リコメンド記事にもアイキャッチの設定を見かけます。Webメディアは、ユーザーに多くの記事に遷移して、媒体のファンになってもらえることを望むのです。アイキャッチを設定することで、スムーズに次の記事へのユーザーの興味を誘い、セッション時間が長くある可能性を期待できます。

アイキャッチを設定する方法

アイキャッチ画像の設定方法を解説します。WordPressのエディタはバージョン5.0からGutenberg(グーテンベルク)に変更になりました。かなりデザインが変わったので、まだ馴染んでいない人も多いかもしれません。アップデートの有無や、プラグインにより旧エディタのデザインを使っている人もいますので、今回は、両方のエディタの場合をご説明します。

新エディタGutenbergの場合

image1.png

WordPressの左メニューから「投稿」の「新規追加」を選択します。右側に新規投稿画面が表示されるので、「アイキャッチ画像を設定」というボタンをクリックしてください。

image8.png

メディアライブラリが表示されます。すでに登録済みの画像が一覧になって表示されていますので、アイキャッチにしたい画像を選択してください。もし、設定したい画像をまだ登録していない場合は、画面上にドラッグ&ドロップすると、簡単に追加できます。アイキャッチ画像を選択すると、右側に画像の情報が表示されますので、「アイキャッチ画像を設定」をクリックしてください。

image5.png

新規投稿画面にアイキャッチ画像が設定されているのを確認できます。これで設定作業は終了です。

※アイキャッチ画像の設定項目が新規投稿画面に表示されない場合
image3.png

もし、「アイキャッチ画像」の項目が表示されていない場合は、画面上部にあるドットが3つ並んだマークをクリックし、「オプション」を選択してください。

image2.png

オプションの各種設定項目の中に「アイキャッチ画像」がありますのでチェックをつけます。すると、投稿画面にアイキャッチ画像の設定項目があることを確認できるでしょう。

旧エディタの場合

image9.png

左メニューから「投稿」の「新規追加」を選択し、新規投稿の作成画面を表示します。右側に「アイキャッチ画像」という設定項目がありますので、「アイキャッチ画像を設定」をクリックします。

image7.png

アイキャッチ画像が一覧になったメディアライブラリが表示されますので、アイキャッチにしたい画像を選択してください。画像情報が右側に表示されますので、「アイキャッチ画像を設定」をクリックします。

image6.png

上の画像のように、新規投稿画面にアイキャッチ画像を設定できました。これで完了です。

※アイキャッチの設定欄が新規投稿画面に表示されない場合
image4.png

もしも、「アイキャッチ画像」という設定欄が表示されていない場合は、WordPressの設定を変更しなければいけません。ページの右上にある「表示オプション」をクリックしてください。その中に「アイキャッチ画像」という項目があり、チェックがついていない状態です。ここにチェックを入れると新規投稿の作成画面にアイキャッチ画像の設定欄が表示されます。

アイキャッチ設定時の注意点

アイキャッチを設定する際、以下の点にご注意ください。

1. 記事に関係しない画像はつかわない
アイキャッチの役割は、記事の内容を視覚的にユーザーに伝えることですので、ユーザーの関心を集めそうでも記事に無関係な画像は使わないようにしましょう。ユーザーが記事内容を誤解して、ページを閲覧し不満足に感じてしまっては本末転倒です。どのような画像を使うかは制作者者の感覚になるものの、ユーザーがどのように受け取るかを想定して考えるのがコツと言えます。

2. 画像のAlt属性を設定する
Alt属性とは、画像の説明テキストです。ページの評価のために巡回しているクローラーは、説明がなければ、どのような画像なのか判断できません。記事の内容をできるだけ正確に伝えるようにAlt属性を設定したほうがよいでしょう。メディアライブラリで画像を選択すると、タイトルやキャプションとともに「代替テキスト」という欄があります。これがAlt属性です。

3. 著作権に注意する
アイキャッチに限ったことではありませんが、著作権を侵害しないように注意しましょう。フリー素材の場合も商用利用について有無が定められていることが多いので、画像の使用前に必ず確認が必要です。自分で撮影した画像だとしても、他人が写っている場合などは、肖像権の侵害にあたる可能性があるので、この場合も確認しなければいけません。

まとめ

今回ご説明したように、WordPressのアイキャッチの設定方法は決して難しいものではございません。難しいのは、どのような画像をアイキャッチとして使うかです。記事のテーマによっては、アイキャッチとしてふさわしい画像を見つけるのが困難かもしれません。それでも、ユーザーが記事内容を一目で理解できるようにアイディアを出さなければいけないのです。感覚的ではなく数値として的確な判断をするために、アイキャッチ画像を複数用意してA/Bテストを行ってみるのもよい方法です。最適なアイキャッチを設定し、成果を出せるホームページ運営を実践しましょう。