Twitterを使っているなかで、「短時間で消せたらいいのに」「もっと手軽にツイートしたい」と感じている方は多いのではないでしょうか。

確かに時間限定のツイートができたらもっと気軽にツイートできますよね。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

実はいまTwitter社では、24時間でつぶやきが消える「フリート機能」を試験中です。これが実装されると24時間で自動削除されるツイートが可能になり、Twitterの使い道が広がるとして注目されているのです。

そこで今回はそんなフリート機能について詳しく解説。機能の概要から開発背景、メリットや問題点などを詳しく説明するのでぜひ最後までお読みください。

Twitterの「フリート」とはどんな機能?

Twitterでフリートと呼ばれる新しい機能のテストが開始されています。フリートとは英語で「素早く消える」という意味を持つ言葉です。

通常のツイートは発信者が削除しなければ半永久的に残り続けますが、フリートは24時間で自然消滅します。

またリツイートやLikeボタンがなく、埋め込みや固定リンクも利用できないのでフォロワー以外の目に付きににくいのが特徴。返信はDMのみでリプライ機能もありません。

このため拡散しにくく、情報発信には向きませんがすぐに消えるので思いつきや感情的なツイートがしやすいというのがポイントです。

昨今Twitterに対しては情報発信ツールとしての認識が広まっています。しかし、「もっと気軽にツイートしたい」というユーザーの声も多くあり、フリート機能の導入試験を行う運びとなりました。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

ブラジルで試験的に導入

今までのTwitterにない画期的なシステムであるフリート機能は、現在ブラジルで試験的に導入されています。

なぜブラジルかというと、リーチ率(普段からネットを利用しているユーザーTwitter利用率)が世界トップだったためといわれています。

また、Twitterに対して特に批判が多い国というのもテストに選ばれた理由です。

ちなみに利用者数1位がアメリカ、2位が日本。利用者数の多さよりも普及率やクレームの数を優先したといえます。

現にTwitter社はブラジルを選んだ理由として、「ブラジル人が一番Twitterを利用している」と発表しているのです。

単に利用者数ではなく利用率や否定的意見の多さをみて判断するところは、世界で普及するサービスの運営会社らしいですね。

また、このテストはTwitter従業員の中で限定的に行われてもいます。

InstagramやYouTubeといった競合他社が導入している24時間で投稿が自動削除される機能。

試験導入がすでに始まるなど、今の所は前向きに検討されています。