7月22日、結婚式準備情報サイト「ウェディングソムリエ」を運営するJ’adore Weddingは、海外で人気のウェディングアイテムやDIYアイテムを販売するオンラインショップ「J’adore Select Store」をオープンしました。
今回は「J’adore Select Store」のリリースの経緯を中心に、ご担当者様にインタビューを行いました。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

「J’adore Select Store」概要

ショップ名:J’adore Select Store (ジャドールセレクトストアー)
URLhttp://jadorewedding-shop.com/
オープン:2015年7月17日

 昨今、感度の高い女性が積極的にウェディングに取り入れている、ケーキトッパーやペーパータッセル、ペーパーストローなどの海外のウェディングアイテムを中心に商品展開しています。
 また、結婚を控える女性の間でトレンドになっている「ウェディングDIY」のアイテムも安価に揃え、様々なウェディングアイテムのDIY方法を紹介するコンテンツも用意するなど、節約しながらオシャレなウェディング目指す女性の力強い味方となれるようなショップ作りを目指しています。

ご担当者様インタビュー

「J’adore Select Store」開設のキッカケは?

海外のウェディングで人気を集めているアイテムを適正価格で提供したいという想いから。

結婚式そのものは勿論のこと、ウェディング関連商品は一般的な相場以上の価格がつけられている事が殆どであり、何をするにもいちいち高額を払わなければならないのが結婚式の現状です。
そこで、海外ウェディングで人気のアイテムや、SNSで話題になっているアイテムをリーズナブルな価格で販売するショップを立ちあげる事にしました。

メインサイト「ウェディングソムリエ」への送客の為

話題のアイテムをリーズナブルに提供することで集客をし、メインサイトへ送客したいという考えがありました。ショップのアイテムを使ったDIY方法を紹介するページをメインサイト上に立ち上げる等、自然な流れでメインサイトへ誘導しています。

メインサイト、「ウェディングソムリエ」は花嫁に有益な情報を届けるために立ち上げたサイトです。
今現在はウェディングのアイデアや関連するニュース、節約のためのDIY情報などを幅広く配信していますが、今後は、結婚式の裏側の情報や、値引き方法等、少し踏み込んだ内容を配信する予定です。

その上で、見積もり診断サービス、花嫁向けのセミナー(見積もり価格を跳ね上げさせないための方法や、式場担当者との摩擦を避ける方法など)への集客を図りたいと考えています。

私自身、ブライダル業界で役員を務めていた経験がありますが、クレームの大半が、結婚式費用の問題と、式場担当者との摩擦でした。
多くのお客様が不安や不満を抱えている部分に注目して、何かサービスが立ち上げられないかと考えたのがサイト開設のきっかけです。

コアターゲットとして想定している女性像は?

20代後半~30代前半の情報感度の高い女性を想定しています。
具体的には、インスタグラム等を使いこなし、情報発信を「楽しみ」のひとつとし、「プレ花嫁」という言葉を愛用し、結婚式準備の様子を事細かにアップしていく女性ですね。

KPI・KGIはどのように設定されているか

(サイトの最終目的はEC内での売上か、本サイトへの送客か)
上記のとおり、本サイトへの送客→セミナー等への集客がメインです。

まとめ

「スマ婚」などに代表されるような格安の結婚式サービスや、レストランウェディング、リゾートウェディングなど、近年は結婚式の形式が多様化しており、費用を抑えつつもオリジナリティを意識した結婚式の形態が増えつつあります。
ブライダル業界での経験を元に、顧客のニーズに応えるために立ち上げられた「ウェディングソムリエ」と「J’adore Select Store」の今後の動向に注目です。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

マーケティングの基本である市場分析とポジション
ブランディングで集客数はほとんど変わらなくても売上1.3倍
セールスフロー理解の重要性と具体的事例

Web戦略カリキュラム

Web戦略カリキュラム

Webマーケティングを実践するうえで、まずは押さえておくべきWeb戦略の基礎カリキュラムです。Web戦略の基礎は、様々なプロモーション手法やマーケティング活動の基本と言える考え方なので必ず押さえましょう。