SEO対策はユーザーのためを思って行うことが一番

SEO対策は、Googleウェブマスター向けの品質に関するガイドラインを遵守して行わなければいけません。何より、コンテンツの品質をいかに高められるかが大切です。そして、ユーザーがなぜ検索をするのかを考えてみましょう。「知りたい」というユーザーの検索動機に応えるコンテンツは、十分な情報量を持ち、信頼性の高いものでなければいけないのです。

ウェブマスター向けガイドラインの中にある品質に関するガイドラインに書かれていることは、どれも当たり前のことばかりだと感じた人が多いでしょう。その当たり前のことを守り、ユーザーが必要とする情報を網羅したコンテンツを提供することに注力するべきなのです。「ユーザーのことを第一に考えよう」これが私たちが実践するべきSEO対策の方針でしょう。

「E-A-T」「YMYL」などのトレンドやGoogleのコアアップデートの歴史を知ろう

「YMYL」「E-A-T」はSEOで大切になる指標

「YMYL」「E-A-T」はSEOで大切になる指標

SEO対策の中で、近年重視されているのが「YMYL」と「E-A-T」です。YMYLとは、Your Money or Your Lifeの略称であり、Googleが定める検索品質評価ガイドラインの一つ。E-A-TはExpertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、TrustWorthiness(信頼性)の3つを意味するGoogleの検索順位の評価ポイントです。記事では、「YMYL」と「E-A-T」について解説していきます。

SEO対策を行うなら押さえておくべき!Googleのコアアップデートの歴史

SEO対策を行うなら押さえておくべき!Googleのコアアップデートの歴史

Googleはユーザーの検索意図と関連性の高いコンテンツを提供するために、年に数回コアアップデートを行っています。SEOに取り組むなら、これまでの代表的なアップデートを把握しておきましょう。この記事ではGoogleのコアアップデートの歴史をご紹介します。