Google広告に出稿する流れ

実際に出稿する際には、まずGoogleアカウントを使って「Google広告 」へログインします。

ここではサンプル例として、「テキスト広告」の出稿手順を追って見ていきましょう。

①広告の目標を設定する

image6.png

②お店やサービスの名前を入力する

image10.png

③広告クリック後、ユーザーが着地するページ(LP)のURLを入力する

image3.png

④広告に表示させるテキスト(キャッチコピー)を入力

image1.png

広告に通話ボタンを表示する」オプションはここで選択。その場合はユーザーからの電話を受けるための電話番号をここで入力します。

広告見出し」や「説明文」の各項目に関して、使えない文字や記号を入力している場合はここでチェックを受けます。

⑤広告の関連キーワードを設定する

image12.png

⑥ターゲティング地域を設定する

image9.png

⑦予算を設定する

image7.png

これまで設定した出稿内容に合った予算プランをいくつか提示してくれます。なお、この画面の中で「自分で予算を入力する」という項目も選択できます。

このあと、入力内容確認画面へと進み、支払い者の情報(クレジットカード情報など)を入力する画面に至ります。その先で「送信」を押すと広告審査のプロセスへと進み、審査が完了したら出稿が開始されます。

Google(グーグル)広告の追跡・効果測定について

ダッシュボードで視覚的に確認しよう

広告配信後も、Googleアカウントを使って「Google広告」のダッシュボードにログインすることで、広告の掲載結果を視覚的に確認することができます。

[図6]Google広告 概要レポートのサンプル画面
image13.png

出典:Google広告スタートガイドブック