メルマガ(メールマガジン)配信前に注意すること

作成したメルマガを配信する前に必ず以下のチェックを行いましょう。配信までに時間がなかったとしても、必ず実行するべきことを挙げていますので、チェックしてください。

表示をチェックする

HTML形式のメルマガレイアウトが崩れることなく正しく表示されるか確認しましょう。想定していた通りに問題なく表示されていれば大丈夫です。受信者の環境によって表示が異なる場合がありますので、PCとスマートフォンの両方で確認しておくべきでしょう。また、GmailやOutlookなど、利用者の多いメーラーで確認すると安全です。

誤字脱字のチェック

どうしてもミスが生じてしまうことがありますので、誤字脱字のチェックは複数回必ず行いましょう。可能であれば、複数人でチェックするのが望ましいです。誤字脱字があるとユーザーから精度が低いと思われてしまい、なかなか信頼を得られない恐れがあります。小さなことではありますが、ミスのない仕事というのは信頼づくりにおいて大切です。

リンクのチェック

本文中に設定したリンク先のURLが正しいのか再度確認しましょう。誤字脱字をチェックしてもリンク確認を忘れてしまうというケースは多いのです。必ずすべてのリンクが有効かチェックするように気をつけてください。

画像の確認

メルマガ内に画像を設定した場合は、その画像に誤りがないか確認しましょう。通常なら画像間違いはすぐに気が付きそうですが、意外とミスに気づかないところですので注意してください。

テスト配信を実施する

実際のユーザーメルマガを配信する前に、必ずテスト配信をしましょう。ユーザーの立場になって受信したメルマガに目を通してみると、修正するべき部分が見えてくる場合があります。正しく送信できるかだけでなく、第三者の視点で作成したメルマガを見直すことが大切です。

配信後に行うべきこと

メルマガを配信したら必ず実施しなければいけないことがあります。それが効果検証です。メルマガを一度打っただけで驚くほどの効果を得られる人は少ないでしょう。毎回、成果検証をして課題を見つけ出し、改善を行ったメルマガで再チャレンジするのです。

開封率が低いなら、タイトルユーザーに響かないのかもしれません。開封してもらえているのにゴールに到達する人が少ないなら、コンテンツの中身に問題があるのではないかと気になるでしょう。何度もメルマガをブラッシュアップして、自社の勝ちパターンを見つけ出す必要があります。

成功パターンを確立するためにPDCAを繰り返そう

メルマガの作り方において最も重要なことは、配信するターゲットを明確にし、その人たちにとってメリットのある情報を伝えることです。表現をできるだけシンプルにし、できるだけスムーズに伝わることを念頭において作成しましょう。

この点を熟慮した上でメルマガを作成できたなら、あとは十分な成果が上がるまでブラッシュアップしましょう。配信を繰り返して結果を分析することで、何を改善するべきか見えるはずです。経験を積み、成功パターンを確立しましょう。