今回は、画像やGif動画のファイルサイズを落としたいけど、画像の劣化もさせたくないという時に、簡単に画像ファイルを圧縮し、軽量化してくれるサービスのCompressor.ioをご紹介します。

便利なサービスですので、普段の業務に取り入れてみてはいかがでしょうか。

Compressor.ioとは

スクリーンショット_2015-09-24_17.38.32.png
https://compressor.io/compress

Compressor.ioとは、ブラウザ上で使用することができる、無料の画像圧縮サービスです。
面倒な登録も必要なく、無料で使用することができます。

対応している拡張子は、JPG、GIF、PNG、SVGの4種類です。
Gif動画も画質をほとんど劣化させることなく圧縮することができるので、ファイルサイズの大きい画像をメールに添付したいときや、Webサイト上に画像を使用する場合などに重宝できるツールです。

Compressor.ioの使い方

STEP1.ファイルをアップロードする

まず、圧縮したいファイルをドラック&ドロップでアップロードします。
ファイルサイズの上限は10MBです。
圧縮は「Lossy(非可逆圧縮)」と「Lossless(可逆圧縮)」を選択することができます。

なお、可逆圧縮はJPGとPNGのみ対応しています。
1.png

STEP2.保存方法を選択する

アップロードすると、保存方法の選択が可能になります。
直接ダウンロードする場合は「DOWNLOAD YOUR FILE」、Googleドライブに保存したい場合は「SAVE TO DRIVE」、Dropboxに保存したい場合は「SAVE TO DROPBOX」を選択します。
2.png
これで完了です。
圧縮のみのシンプルなサービスですが、簡単に重いファイルを圧縮することができるので、とても便利です。

まとめ

画像サイズの圧縮が可能なツールは多く存在しますが、アプリのインストールや会員登録が必要なものも多く、画像サイズを圧縮したいだけなのに不要な手間がかかってしまいます。

今回、ご紹介したツールを使用すれば、簡単に画像のファイルサイズを減らす処理が完了します。
作業効率をあげるためにも、ブックマークしておくことをオススメします。

このニュースを読んだあなたにオススメ

ホームページ制作で画像を表示させる方法
画像を一瞬でリサイズできる無料ツール「リサイズ超簡単!pro」の使い方
ホームページ周りの作業効率をとにかくアップしたい時に参考になる記事7選

このニュースに関連するカリキュラム

ホームページ制作で画像を表示させる方法

ホームページ制作で画像を表示させる方法

ホームページはたんなる文書ではありません。適切に画像も配置し、顧客とのコミュニケーションツールまで高めたいものです。画像を配置するにはそもそも画像データを用意し、それをIMGタグで配置します。