Web担当者の皆様は、自社ホームページの売上を上げるために日々多くのタスクをこなされているのではないでしょうか。
大量にあるタスク1つ1つを、少しでも早く処理してもっと時間を有効に使えたらいいのに、というのは誰しもが望むことです。

今回は、これまでFerretが配信してきた記事の中から、ホームページ周りの作業効率を上げてくれるものを7記事厳選しました。

時間に追われているWeb担当者・作業効率をアップしたいの方は是非ご確認ください。

1. 【厳選40本】作業が激速に!いくつわかる?「神」ショートカットまとめ

***
https://ferret-plus.com/409

こちらの記事では、Excel、GoogleChrome、Googleスプレッドシート、Word、PowerPoint等、頻繁に利用するツールの使えるショートカットキーを40個厳選してご紹介します。
特にExcelなどはショートカットキーを使うだけで劇的に作業効率が上がるので、ショートカットキーを普段あまり使わないという方は是非ご覧ください。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

2. 【ビジネスマン必見】Googleスプレッドシートの裏ワザ・アドオン・ショートカット16選

***
https://ferret-plus.com/491

Googleスプレッドシートの作業効率を改善してくれる裏ワザ・アドオン・ショートカットをご紹介しています。GoogleスプレッドはまだExcelほど機能は充実していないのですが、便利なアドオンが豊富です。慣れてくるとExcelよりもスプレッドシートの方が使いやすいと感じるほどです。

3. 【必須スキル】2015年は入力速度を上げる!見ないで打てる簡単タイピング術

***
https://ferret-plus.com/566

キーボードを見ずにタイピングできますか?タイピングは全ての作業の大元にあり、タイピング速度を上げる=作業スピードを上げることに直結します。こちらの記事では、正確に素早くタイピングするための練習方法について写真付きで丁寧に解説しています。タイピングスピードに自信が無い方はこの機会に向上させていきましょう。

4.画像を一瞬でリサイズできる無料ツール「リサイズ超簡単!pro」の使い方

***
https://ferret-plus.com/546

様々なところから取り込んだ画像は大概サイズがバラバラなので、ホームページに掲載する際にはリサイズ作業が発生します。
1枚1枚サイズ指定してリサイズするのは非常に手間がかかりますが、こちらで紹介しているツールを使えば、複数枚のリサイズを一瞬で完了させることができます。
画像を大量に扱うような担当者様はインストールしておいて損は無しです。

5. 【無料】オススメの画面キャプチャツール「faststone capture」

***
https://ferret-plus.com/554
デザイナーや制作担当にホームページの修正依頼を行う際、キャプチャをとることは多々あるのではないでしょうか。様々なキャプチャツールがありますが、こちらで紹介しているキャプチャツールは無料なのに様々な対応のキャプチャに対応可能で、動作も早く、非常に高機能です。
面倒なキャプチャ作業を少しでも楽なものにするためにも、自分にとって使い心地の良いツールを使用しましょう。

6. Web担当者なら知っておきたい、スマホ画面チェックツール9選

***
https://ferret-plus.com/224
ホームページはパソコンだけで見られるものではありません。スマホが普及した今、アクセスの半数近くはスマホ経由というホームページも増えてきてるのが現状です。
ですので、スマホ画面での表示を確認するのは必要不可欠になっています。とはいえ、今流通しているスマホの実機を全て用意して表示を確認する、というのは現実的では厳しいです。
こちらの記事では、スマホ画面での表示を簡単に確認できるツールをご紹介しています。

7.Googleアナリティクス分析が一気に捗る!キーボードショートカット6つまとめ

***
https://ferret-plus.com/417

Googleアナリティクスを毎日チェックされているWeb担当者様で、アナリティクス上で使えるショートカットキーがあるのはご存知でしょうか?ショートカットキーを使えば、昨日のデータ分だけすぐ見たい時や、昨年のデータと比較したい時は一瞬で表示を切り替えることができます。

まとめ

ここまで紹介してきたツールやテクニックを使えば、全く活用していなかった時と比べて驚くほど作業スピードが上がります。
頭を使わないルーティン化している作業はできる限り省略し効率化させて、頭を使う改善施策捻出の方に時間を割けるような環境を整えていきましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ