Excel(エクセル)やChrome(クローム)など、業務で使うアプリケーションには、ショートカットとよばれる便利なワザがあります。
たとえば、マウスで「編集」⇒「コピー」と2回クリックするよりは、キーボードから[CTRL]+[C]として、コピーしたほうがスピーディです。
今回は、Web担当者がよく使いそうな、業務効率化のためのショートカットを40個まとめました。

Excel
Chrome
Googleスプレッドシート
Word、PowerPoint他

上記のソフトやブラウザに対応したショッートカットをそれぞれ紹介します。知らないものがあればぜひ使ってみてください。

※本記事は2014年11月12日時点の情報です。
※Windowsを基準に書いているため、Macの方は、[CTRL]を[Command]、[ALT]を[Option]で読みかえてください。なお、[Windows]キーを含んだショートカットは、Windowsのみ対応しています。

EXCELおすすめショートカット

1.グラフを一発でつくる

[ALT]+[F1]

範囲選択をして、[ALT]+[F1]。棒グラフが一発でできます。あとは、種類などを変えればOK。

2.削除と挿入

[CTRL]+[-](削除) [CTRL]+[+](挿入)

範囲選択をして、[CTRL]+[-]で削除ダイアログが出ます。列や行を選択してから、押すと速攻でその行(列)をサクッと消して、詰めてくれます。

3.範囲選択

[CTRL]+[スペース](列全選択) [SHIFT]+[スペース](行全選択)

[CTRL]や[SHIFT]から先に押してください。[CTRL]と[SHIFT]はキーボード上では上下に位置していますので、選択する方向を覚えやすいです。

また、[SHIFT]+[矢印キー]で任意のセルを範囲選択できます。

4.書式設定

[CTRL]+[1](数字の1)

セルの細かな設定をしたいときには[CTRL]+[1]。これで罫線や詳細設定などのダイアログがでます。

5.カット

[SHIFT]+[DEL]

消す[DEL]をシフトすることでクリップボードに残しておく、といった感じ。移動をするときに矢印キーの近くに[DEL]キーはあるので便利。

6.形式を選択して貼り付け

[CTRL]+[ALT]+[V]

貼り付けの拡張、といった感じで覚えられるかと思います。コピーしたものを、たとえばデザインは付加しないで数字だけ貼り付けたい、といったときに使います。

7.特定方向へコピー

[CTRL]+[D](下方向へコピー) [CTRL]+[R](右方向へコピー)

DownとRightで覚えやすいです。複数セルを選択で、複数コピーもOK。関数はちゃんとオートフィルします。[CTRL]+[SHIFT]+[])でも同じことができます。こちらも直感的に覚えられます。

8.オートサム(合計の関数)

[ALT]+[SHIFT]+[-](つまり[ALT]+[=])

シグマボタンをクリックするのと同様。数字セルが近接してれば自動的に範囲も認識します。

9.今日の日付、現在時刻

[CTRL]+[:](今日) [CTRL]+[;](現在時刻)

標準書式で入力されます。関数で自動的に随時表示しているわけではないないので、翌日になってもそのままの日付です。

10.名前をつけて保存

[F12]

請求書や見積書など、ひな形があってファイル名だけ変える、というときには[F12]一発です。ワードやパワーポイントでも使えます

11.フィルター

[CTRL]+[SHIFT]+[L]

選択しているセルを起点にフィルタの[▼]が表示れます。入力されている最上部のセルでなくとも自動認識して項目名が書いてあるセルでフィルタが出ます。

その他、操作の繰り返し[F4]、[CTRL]+[SHIFT]+[%]でパーセント書式、[CTRL]+[SHIFT]+[&]で選択セルの外枠罫線、などもよく使います。また、[CTRL]+[矢印キー]で、中身のあるセルに移動などもよく使いますよね。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

Chromeおすすめショートカット

12.Cookieを残さないアクセス

[CTRL]+[SHIFT]+[N]

シークレットモードのウィンドウが開きます。この状態ではパスワードなどCookie保存しません。共用のパソコンなどで使うと良いでしょう。

13.履歴を表示

[CTRL]+[H]

History(ヒストリー)のH。たまたまウィンドウを閉じてしまった、でも3つ前のページに戻りたい!そんなときに便利。

14.リンク先を新規タブで開き手前にする

[CTRL]+[SHIFT]+クリック

別タブで開きたいときに、そのタブをアクティブにしたいときに。[SHIFT]を併用しなければ単純に別タブで開く。

15.タブを選択

[CTRL]+[1]~[9]

数字に対応して、左から1番目のタブ、2番目…と選べます。複数開いて作業することが多い人は便利。

16.画面の拡大縮小

[CTRL]+ホイール

[CTRL]を押しながらマウスのホイールをぐりぐり回しますと、連動して表示内容が拡大縮小します。メニューが隠れてしまったとき縮小しますと見えることも。

17.スクロール

[スペース]

スペースキーを押すごとに画面が1画面分スクロールします。戻るスクロールは[SHIFT]+[スペース]。

18.タブを開く、閉じる

[CTRL]+[T](開く) [CTRL]+[W](閉じる)

タブのTですので覚えやすいですね。また間違えて閉じてしまったタブを復活させたい!そんなときは[CTRL]+[SHIFT]+[T]です。

19.ホーム画面に戻る

[ALT]+[HOME]

これは覚えやすいです。HOMEに戻るです。ちなみに、[ALT]+矢印キーで、戻ったり進んだりできます。

20.リロード

[F5]

画面を更新したときに、[F5]を押せば再読み込みしてくれます。

21.デベロッパーウィンドウ

[F12]

タグCSSなど開発者モードで表示させたいときは[F12]。一発でELEMENTSなど開発者向けの画面が開きます。

Googleスプレッドシートおすすめショートカット

Googleドライブの表計算ソフト、スプレッドシート。Excelのように使っている人もいると思いますが、ショートカットもほぼ同じものが使えます。

22.便利ショートカットを知りたい

[CTRL]+[/]

おすすめのキーボードショートカットを表示してくれます。ほぼExcelと同じですが、シンプルで見やすいです。

23.文字揃え

[CTRL]+[SHIFT]+[L](左)

Excelでは使えないショートカットです。[L]がLeftで左ぞろえ、[R]がRightで右ぞろえ、[E]がcEnterで中央揃え。なぜCENTERのCではないかというと、コピーですでにCは使われているため。

24.日付、時刻

[CTRL]+[:](日付) [CTRL]+[SHIFT]+[:](現在時刻)

エクセルと違い、現在時刻もコロン。

25.シートリストを表示

[SHIFT]+[ALT]+[K]

Googleスプレッドシートはシート移動の矢印マークが1つづつ進むものしかありません。Excelのように、最後まで進むなどありませんと、シート数が多いときは不便です。しかし、シートリストを使えば簡単にアクセスできます。

26.変更履歴の表示

[CTRL]+[ALT]+[SHIFT]+[G]

Googleスプレッドシートは共有してチームで書き換えることも多いです。そのときに変更履歴を表示できます。

27.チャットウィンドウ

[SHIFT]+[ESC]

共同作業中にウィンドウ内でチャットができます。スカイプやチャットワークを介さなくても良いので同時作業中には便利です。

その他

28.(Word/PowerPoint)文字の拡大縮小

(選択後)[CTRL]+[SHIFT]+[<](縮小) [>](拡大)

範囲選択(Word)する、もしくは図形をクリックして選択(PowerPoint)して、[CTRL]+[SHIFT]+[>]と押し、[>]を連打しますと文字が拡大します。

29.(PowerPoint)図形内に文字入力

(図形選択後)[ENTER]

図形内に文字を入力できます。テキストボックスは不要です。

30.(PowerPoint)図形の複製

[CTRL]+ドラッグ

複製しながら移動します。[SHIFT]+を併用しますと、並行(垂直)移動させながら複製します。

31.(PowerPoint)スライドショーの開始

[F5]

スライドショーを開始します。表示しているスライドなど、途中からはじめたいときは、[SHIFT]+[F5]です。

32.(PowerPoint)プレゼン途中にブラックアウト

[B]

プレゼン中にトークに集中してもらいときや、質疑応答などのときに、画面を黒一色にしておけます。[W]としますとホワイトアウト(白)です。同じキーをもう一度押せば解除され、もとのスライドに戻ります。

33.(Windows全般)ウィンドウを切り替える

[ALT]+[TAB]

起動していますアプリを切り替えられます。[TAB]を連打するごとに、アプリを切り替えられます。

33.(Windows全般)開いているウィンドウを消す

[Windows]+[M]

人に見られては困る画面など、瞬時に全ウィンドウを隠したいときは、[Windows]+[M]で隠せます。

34.日本語入力を切り替える

[Windows]+[スペース]

Google日本語入力を使っているけれど、あるときは標準のもの、というように複数の日本語入力を切り替えるときに使います。

35.(Google日本語入力)現在日時

「いま」で変換(現在時刻) 「きょう」で変換(今日の日付)

「かお」や「なき」などで顔文字が変換できます。入力中に表示されます候補は[TAB]キーで選択可能です。

36.ウィンドウをピタッとさせる

[Windows]+[右矢印](右端にピタッとさせる)

左矢印キーを押しますと左端にピタッとします。同じショートカットをもう1度押しますと、もとの場所に戻ります。

37.画面キャプチャ

[PrintScreen]

デスクトップ全体がコピーされます。ワードやパワーポイントなどに貼り付け可能です。[ALT]と併用しますと、現在アクティブなウィンドウのみをコピー(キャプチャ)します。

38.スタートメニューを選ぶ

[CTRL]+[ESC]

スタートメニュー(スタート画面)を選びます。

39.画面を90度回転

[CTRL]+[ALT]+[矢印]

ビデオカードにもよりますが、[CTRL]+[ALT]+[→]などと押しますと、画面が右90度回転します。向かいの席に座っている相手に見せるときに180度回転させるには、[CTRL]+[ALT]+[↑]です。

40.元に戻す

[CTRL]+[Z]

多くのアプリケーションで使える、まさにコンピュータ!ともいえるショートカットです。作業を直前の状態に戻せます。Zはゼロに戻すのZからきていると言われています。また逆に、元に戻したものをさらにやり直すには、[CTRL]+[Y]です。YはアルファベットではZの前だからですね。

ヘルプ画面で「ショートカット」と検索

いかがでしたでしょうか。

ショートカットは、その文字割り当てが、伝統的にそのまま使われることが多いものです。ですから、覚えたぶんだけ蓄積されあなたのスキルアップにつながるでしょう。

これ以外にも、それらのアプリケーションのヘルプから「ショートカット」と検索しますと、まだまだたくさん見つかることでしょう。

ぜひ、みなさんもショートカットを覚えて、業務効率化してください。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Web戦略カリキュラム
情報漏洩(ろうえい)対策チェックリスト
ホームページ担当者が知っておくべき個人情報保護法と順守のポイント

このニュースに関連するカリキュラム

ショートカットは業務をより効率化しますが、その空いた時間で、ぜひコンテンツの拡充にあてたいものです。メルマガで思いをこめるためにはある程度文字量が必要かと思います。その時間を捻出することにショートカットを活用してみてはいかがでしょうか。