DXが叫ばれている中、その推進に対する最適解を見いだせずにいる企業は少なくないだろう。その理由の一つが「マーケター不足」だと考えられる。

2020年12月、デジタルマーケティングプランナー専門の派遣事業を行う「メンバーズグッドコミュニケーションズカンパニー」が設立された。同社に所属するデジタルマーケティングプランナー(≒マーケター)が、クライアントの顧客に向いた本質的なマーケ活動を支援する。

今回は同社のカンパニー社長に、マーケターを取り巻く環境や企業の課題について伺った。

マーケティングの課題を解決しファンを獲得

画像② (1).jpg

松永 剛氏

メンバーズグッドコミュニケーションズカンパニー カンパニー社長
2013年メンバーズ入社。大手広告代理店、自動車メーカーに常駐後、 大手ファストファッションブランド、スポーツメーカー、お菓子メーカー のデジタルマーケティング/コミュニケーション戦略を担当。 2020年11月より 「すべてはファンの声・ニーズを起点にして、コミュニケーションを考え て、ファンから愛される企業を育む」をコンセプトに「企業が好きだから その商品を買う」というファンをデジタルマーケティングで獲得育成して いく、デジタルマーケティングプランナーの派遣事業(社内カンパニー)の代表を務める。

Twitterアカウントhttps://twitter.com/goubuddyplus

ferret:メンバーズグッドコミュニケーションズカンパニーとはどのような会社なのでしょうか?

松永氏:一言でいうとデジタルマーケティングプランナーの派遣事業です。ですが、ただ売上を上げるためにデジタルマーケティングプランナーを派遣するのではありません。そのサービスのファンとの関係性を構築し、企業に常駐して中の人たちと一緒にサービスを作れるデジタルマーケティングプランナーを派遣します。

ferret:与えられたタスクをこなすだけのリソースではなく、中の人と一緒になってサービスを作っていくマーケターというわけですね。なぜこのような会社を設立されたのでしょうか?

課題は人材不足と生活者の変化

松永氏:まず企業がデジタルマーケティングを推進していくための課題は2つあると考えています。

chart_p07.jpg
出典:(左)富士通総研「大企業のデジタルマーケティングへの取り組み実態と課題」
出典:(右)アジャイルメディアネットワーク「コロナ禍で注力するマーケティング活動は「SNS活用/SNS広告」が6割に迫り、ファンや既存顧客に向けたデジタルへの投資が顕著に」

1つはマーケティング人材の不足です。企業はデジタルマーケティングがビジネスに貢獻していることを実感しているものの、マーケティング人材が不足していると感じています。具体的には戦略を構築できる人材やSNSの運用ができる人材ですね。それにより、ビジネスの機会損失が発生していると考えられます。

世の中ごとでいうと、DXを推進していかなければならないものの、そこに取り掛かる余力も人材もいないのが現状です。ですので、この課題を解決したいのが1つ。

chart.jpg
出典:左:総務省「我が国における総人口の長期的推移」
出典:右:厚生労働省「平成30年 国民生活基礎調査の概況 Ⅱ 各種世帯の所得等の状況」

もう1つは社会問題とも関連することです。今から10年後の2030年には3000万人も人口が減るというデータがあります。人口が少なくなれば、それだけ新規顧客の獲得が困難になるだけでなく、少ないパイを他社と取り合わなければなりません。

また、所得も1994年をピークに下がり続けています。このコロナ禍においてはさらに下がっていると予想されます。消費が鈍くなっている中、新しいものを買ってもらうのは難しい時代になってきていて、今までと同じように新規顧客を獲得するために多くの予算をかけるマーケティングではROI的に良いとはいえないでしょう。

このコロナ禍で生活者の購買行動がオンラインにシフトしています。つまり、これまで正解とされてきたアプローチが通用しなくなってきているので、改めて、もっと生活者に向き合ったコミュニケーションや情報発信が必要だと思っています。

余談ですが、キャンペーンで獲得した顧客はなかなかファンとして定着してくれないというのが私のこれまでの経験で得られたことです。だからこそ新しいアプローチが必要だと日々考えていました。

ferret:マーケター不足と生活者の変化、この2つの課題を解決する必要があるとお考えになったわけですね。

松永氏:そうですね。それもどちらか片方を解決するのではなく、この課題を同時に解決すること、解決できるノウハウと人材を確保しているのが弊社の強みです。