広告文の作成で気をつけるべきこと

広告文が審査で不承認にならないように、以下のことについてチェックしておきましょう。Google広告のポリシーはすぐにチェックできるようにブックマークに登録しておくと便利です。

Google広告のポリシーを遵守する

商品やサービスについてユーザーから誤解を招いてしまう情報を広告文に掲載してしまうと不実表示としてポリシー違反になってしまいます。また、ヘルスケアや医薬品に関しても厳しく規制されており、広告ポリシーを熟読し、違反しないように気をつけましょう。

参考:Google広告のポリシー|Google広告ポリシー ヘルプ

記号の利用に注意する

広告文には、使用できない記号があります。うっかり使ってしまうと広告審査で不承認になってしまい時間をロスしてしまう恐れがあるので注意しましょう。記号の他にもアルファベットの大文字を不適切に使わないようにするなど、注意するべきポイントがあります。なんとなくで広告を審査に出さず、しっかりとGogole広告のヘルプを確認しましょう。

参考:編集|Google広告ポリシーヘルプ

さらに精度を高めるためにやっておくべきこと

Google広告の成果を得るためには、ただ広告文を調整するだけではなく、以下のこともあわせて実行しましょう。広告文を検討するには、感覚ではなくリアルな情報をもとにしなければいけないのです。

競合する広告を調査する

広告文を考える際、出稿するキーワードで実際に検索をしてみましょう。ユーザーの立場になり、検索結果に自社の広告が表示された場合、クリックしてもらえるのかをイメージします。競合より魅力がなさそうな広告文では、ユーザーにクリックしてもらえないかもしれません。自社の広告文の方が魅力的であると自信を持てる広告文を作るために必要な調査なのです。

また、この作業は広告文を考えるタイミングだけの実施では足りません。広告を出稿した後も自社の広告が表示される環境を確認しておきましょう。新たな競合広告が自社の広告のクリック率に影響しているかもしれません。

成果検証を怠らず、広告文を磨き続ける

Google広告に限ったことではありませんが、広告は成果検証が重要です。どの広告文がコンバージョンにつながったのか、クリック率が高かったのかを把握し、必要な改善を行わなければいけません。成果が上がった広告文は残し、結果が悪かったものは停止するという作業を繰り返しましょう。広告文をどんどんブラッシュアップするとともに、成果が伴ってくれば理想的です。

成功する広告文の作成には様々な努力が必要

今回ご紹介したようにGoogle広告の効果的な広告文を作成するには様々な努力が必要です。広告文を工夫するだけではなく、広告が表示される検索環境の調査や、少しでも広告掲載が上位になるように品質を高めなければいけません。これらの総合的な努力の結果がユーザーからのクリックを集め、コンバージョンの獲得につながるでしょう。Google広告で成果を上げるには、この記事に記述したこと以外に経験が大切です。広告文の作成においても、様々なパターンを試してみましょう。トライする回数が増えるほど、目標達成の確率は高くなるはずです。