この記事は2018年5月10日に更新しています

日々の業務において、スケジュールやプロジェクトの管理は重要です。
スケジュールが把握できなければ進捗も分からず、気が付いたら最終的にリカバリーできない状況になっていた、なんてことにもなりかねません。
チーム、個人いずれにおいても、やるべきことを把握し、漏れなく効率的に進めていく必要があります。

今回は、無料で使えるガントチャートツールをご紹介します。
スケジュール管理ツールをお探しの方や、情報共有がうまくいっていないという方はぜひご覧いただき、自社への導入をご検討ください。

▼合わせてチェック▼
スケジュール・タスク管理に役立つツールまとめ

ガントチャートとは

ガントチャート(Gantt Chart)とは、プロジェクト管理の手法で作業計画やスケジュール管理を目的に用いられる表のことです。
タスクそれぞれの関係性が分かることが特徴として挙げられます。プロジェクトの遅れの原因や重要なタスクなどを視覚的に把握できるためよく使われています。

Ganttchart.png

ガントチャートテンプレートのダウンロードはこちら
※会員限定でテンプレートがダウンロード出来ます。形式:xlsx

上記画像のようにExcelを使って管理することが一般的です。
他にも、スケジュール管理に優れたガントチャートツールを無料で使うことの出来るサービスが出ているので、それを用いてスケジュール管理していくこともできます。

無料で使えるガントチャートツール12選

1.Elegantt for Trello

Elegantt_for_Trello.png
https://elegantt.com/

Elegantt for Trelloはタスク管理ツールのTrelloにガントチャート機能を追加できるChrome拡張機能です。
salesforceやzendesk、mailchimp、github、などとも連携をこれからすすめるようです。

2.Redmine

gantt-detail.png
http://redmine.jp/

Webベースでプロジェクト管理ができる、オープンソースのソフトウェアです。
自前運用またはSaasで使えます。

タスク管理やガントチャート、Wiki、ロードマップをはじめとする機能を備え、プロジェクトの進捗をスムーズに管理します。
なんといってもオープンソースなので、購入費用がかからないことが大きなメリットです。

すぐに試せるデモサイトがありますので、じっくり試した上で導入を検討できます。
公式アプリを使えばスマートフォン、タブレットからも使えます。

3.Brabio!

Brabio!
http://brabio.jp/

初心者に優しく使いやすいプロジェクト管理ツールです。
ガントチャートならExcelの10倍のスピードで作れる、というキャッチコピーどおり、サクサク簡単に管理ができます。

特徴的な機能として「プロジェクト横断ビュー」を備えており、全体把握を容易にします。
Excelファイル形式で一括出力できますので、Excelを既に使っている場合や社外にExcel形式で渡したい場合に便利です。

フリープランなら最大5人までいつまでも無料で使えますので、気軽にお試しできます。

4.みんなでガント.com

みんなでガント.com
http://minna-de-gantt.com/

無料でガントチャートを作成、共有できるツールです。
クラウド型ですので、インターネット環境があればいつでもどこでもガントチャートを閲覧できます。

直感的な操作で簡単編集できますので、ガントチャートに初めて触れる方でも安心です。
有償オプションをつけることでCSV機能、通知機能、IP制限設定などができるようになりさらに便利になりますが、多くの機能は無料でも使えます。

5.gantter

gantter
http://www.gantter.com/

スケジュール管理を簡単に行える、無料ガントチャートツールです。
FirefoxやGoogleChromeにインストールするだけで手軽に使えます。
書式を埋めるように入力していけば、誰でもすぐにガントチャートが作成でき、効率よくプロジェクト管理ができます。

また、GoogleDriveと連動が可能なので、プロジェクトの共有も楽々です。

6.GanttProject

GanttProject
http://www.ganttproject.biz/
GanttProject.orgが開発している、オープンソースのJava製プロジェクト管理ツールです。
Windows、Mac、Windowsなどに対応しており、幅広い方が使用できます。

基本機能としてタスク管理、スケジュール管理、ガントチャートなどが揃います。
フリーとは思えないほどの充実した機能を搭載していますので、無料で高性能のツールを探している方にはオススメです。

複数人でのプロジェクト共有や、データのインポート・エクスポートも可能です。

7.がんすけ

がんすけ
http://www.gansuke.com/
ガントチャートのスケジュール表が作成できるツールです。
ベースのカレンダーにマウスでチャートを作り、プロジェクト・スケジュールを管理します。

編集する際もマウスで作業できますので、誰でも簡単に扱うことが可能です。
表示は1日から2年間まで、いくつかの範囲で切り替えできます。

無料で使える「がんすけ」と、機能強化した有料版の「がんすけ2」の2タイプを提供しています。

8.OpenProj

OpenProj
http://openproj.softonic.jp/
Serena Software社が提供する、Microsoft Projectの代替え的位置づけのツールです。
Officeと別に有償提供しているMicrosoft Projectとは違い、完全無料で使えます。

Microsoft Projectに近い機能性とインターフェースを持ちながらも、無料で使えるのが最大の魅力です。
操作方法にも共通した部分が多いので、Microsoft Projectに近いツールをお探しの場合にもオススメです。
Microsoft Projectのファイル読み込みにも対応しています。

また、デスクトップアプリケーションですので、Web上でアクセスすることなくプロジェクト管理が行えます。

9.TaMa.5 Free

TaMa.5 Free
https://www.netsphere.jp/tama/
ToDoリスト、チャートビューを組み合わせたタスク管理ツールです。
やるべき事の管理と計画全体の把握がこれ一つで出来るようになっています。
いくつかのタイプを公開していますが、TaMa.5 Freeは無料で使えます。

複数ユーザーで同時編集できますので、個人の予定管理はもちろんプロジェクトの進捗管理にも最適です。
細かく休日設定や表示のカスタマイズが出来る便利な機能もついています。

Free版の場合には容量制限がありますが、インターネット同期、ファイル添付も可能です。

10.ProjectLibre

ProjectLibre
http://www.projectlibre.org/
先に紹介した「OpenProj 」の後継で、Microsoft Projectに近い印象のオープンソースツールです。
OpenProj同様、Microsoft Projectの読み込みが可能です。
インターフェースや機能性、操作性の面でも似ています。
開発言語にJavaを使用していますので、幅広いプラットフォームに対応するツールです。

ガントチャートやWBSといった作業の進捗管理に使うチャートを作成できます。

11.Instagantt

instagantt.png
https://instagantt.com/

タスク管理ツールのAsanaと連携して使うガントチャートツールがInstaganttです。これを使うと、Asanaに登録してあるタスクからガントチャートを作成することが出来ます。

まとめ

以上、ガントチャート、進捗管理ツールをご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。

会社でプロジェクトを進める際には、チームワークが大切です。
コミュニケーションや情報共有の方法はいくつもありますが、バラバラに管理するほど管理の手間も増え漏れが生じやすくなります。
全体の状況把握を容易にし、管理の手間を軽減するためにもツールを使って一元管理することをオススメします。

管理ツールには有料のものも多く存在しますが、今回ご紹介したような無料ツールでも十分な機能が備わっていますので、うまく進捗管理ができていないとお悩みの方は、ぜひツールを活用してみましょう。

▼合わせてチェック▼
スケジュール・タスク管理に役立つツールまとめ