連携にあたり知っておくべきこと

Google広告Google Analyticsを連携すると、選択したビューへのアクセス権限を持っているユーザーは全員、インポートされたGoogle広告のデータを閲覧できるようになります。また、Google Analyticsのデータをインポートすれば、そのデータも権限を持っているユーザーGoogle広告で閲覧できるようになるのです。*連携させることで、これまでデータを見せていなかったユーザーも一部のデータを確認できるようになってしまうことを覚えておきましょう。
Google広告Google Analyticsはあわせて使うことで、さらに有益なマーケティングができるツールです。そのため、双方のデータを確認できるようになって困ることはないと思いますが、連携にはこういったケースが起こる場合があることは把握しておくべきです。

参考:Google アナリティクスと Google 広告の連携利用|Google広告ヘルプ

連携設定の方法

さて、それではGoogle広告Google Analyticsを連携する方法をご紹介します。操作だけなら数分で終わりますのでご安心ください。

(1)Google Analytics(グーグルアナリティクス)の設定画面を表示する

image1.png

GoogleAnalyticsを開き、左下にある歯車マークをクリックします。すると、設定画面が表示されますので、プロパティの「サービス間のリンク設定」の中にある「Google広告とのリンク」をクリックしてください。

(2)Google(グーグル)広告のアカウントを選択する

image3.png

Google広告リンクさせる広告アカウントを選択する画面が表示されます。リンク可能な広告アカウントが一覧で表示されますのでチェックを入れてください。選択し終わったら「続行」をクリックします。

(3)リンクの設定をする

image2.png

リンクの設定」と書かれた画面が表示されますので、「リンクグループのタイトル」を入力しましょう。すでに広告アカウントの名前が入っていますが、必要に応じて変更できます。次に、ビューの名称の右側にあるリンクを「オン」にします。最後に、一番下にある「アカウントリンク」をクリックすれば完了です。

連携を活かし積極的にデータを検証しよう

今回ご説明したように、Google広告Google Analyticsの連携は、すぐにできる作業でありながらとてもメリットがあります。双方のツールの幅を広げる有意義な使い方ができると思いますので、ぜひ試してみてください。連携作業を終えたら、あとはその機能をどう活かすかはマーケター次第です。数値データをいかに活用するかによって、様々な仮説の検証に役立つでしょう。マーケティングはいかに仮説と検証を繰り返すかが精度向上の秘訣ですので、積極的にトライしてみてください。