11月10日、渋谷ヒカリエにて、「次世代エース」にフォーカスしたカンファレンス「CODE CONFERENCE TOKYO 2015」が開催されました。

今回は、国内の新進気鋭マーケターを集め、「CMO(最高マーケティング責任者)のキャリア形成」をテーマに行われたトークセッションの様子をお届けします。

登壇者紹介

西井敏恭氏 オイシックス株式会社 CMO/株式会社warmth 代表取締役

1975年生まれ。福井県出身。金沢大大学院を卒業後バックパッカーとなり、2年半をかけて世界を1周。自らのウェブサイトにてアジア、南米、アフリカ各地で旅行記を更新。それが口コミで広がり話題となる。帰国後は2003年にEコマース企業に入社してウェブマーケティングに取り組み、モバイルコンテンツ会社を経て’07年にドクターシーラボ入社。Eコマースグループグループ長などを務め、’13年末に退職。再び世界1周の旅を経て昨年春、自ら株式会社warmthを立ち上げるとともに、オイシックス株式会社のCMOに就任した。

川上智子氏 株式会社JIMOS 執行役員 Coyori事業部事業部長/メディアクリエイティブ部部長

1981年生まれ。札幌出身。静岡大学農学部卒業後、2004年にJIMOS(ジモス)に入社。ダイレクトマーケティングに携わって12年目。コミュニケーターとして化粧品販売を行った後、広告部門へ異動し11年連続売上No1の美容液ファンデーション「クリアエステヴェール」の広告開発を10年間にわたり担当。2010年自然派エイジングケアブランドCoyori(こより)を立上げ、2015年執行役員に就任。製品開発、広告開発、CRM開発、コールセンター運営、ECサイト運営などを執行。

安部泰洋氏 株式会社フロムスクラッチ 代表取締役社長

1983年福岡生まれ。大学在学時よりインターンを開始し、15社で営業TOPの成績を樹立。新卒で人材系ベンチャー企業に入社し、営業本部長、新規事業・ターンアラウンドの責任者を歴任。その後、リンクアンドモチベーションへ入社。全コンサルタントの中でTOP営業成績を収め全社MVPを受賞。2010年に株式会社フロムスクラッチを設立。BtoCBtoB
業種・業態にかかわらず、延べ1,000社以上の営業・マーケティング相談を受け、150社以上のコンサルティングを実施。数々の営業組織・マーケティング組織を変革してきた。近年は営業とマーケティング、そしてテクノロジーの知見を有する稀有な存在として、数多くのセミナー・イベントにて登壇している。

小野進一氏 株式会社ホールハート 代表取締役CEO【モデレーター】

コミュニケーション業界の学びと交流を活性化させるイベント情報サイト「buddyz」を運営し、今回の「CODE CONFERENCE TOKYO 2015」を主催する株式会社ホールハート代表取締役CEO。広告業界に広い人脈を持ち、1万人以上の求職者をサポートしてきた実績を持つコミュニケーションエージェント。

現在、マーケターの社内の仕事は?

DSC04089.JPG
左から、小野氏、西井氏、安倍氏、川上氏

小野氏:
皆様の、マーケターとして行われている仕事内容を教えてください。

西井氏:
オイシックスに転職したのは1年前なんですが、週2日のみやってます。私は横断プロジェクトのマネジメントの仕事が多いですね。

例えばサイトのUIを改善するときって「誰がやるの?」ってなりがちなんですが、その時に各部署から人材をピックアップして進めています。

あとはネーミングや価格設定など、宙に浮いちゃいがちな仕事を進めるのが仕事です。

小野氏:
CMOの仕事ってどういうものなんでしょう?

西井氏:
オイシックスは元々マーケティングの意識が高いんですが、社長から言われてるのは、「CMOは上からモノを言うんじゃない。底辺の仕事だ」ということです。

現場の声が上に届かないことって多々あると思うんですが、その届かない声を拾って届けるのが僕の役割ですね。

サイト改善も、皆やりたいと思っていても誰がやるとかなかなか決まらない。そこを推進していく形ですね。

安部氏:
僕自身は経営者でありマーケター責任者だと思っています。アメリカと日本ではCMOの設置率が大きく違うんですが、それは両国のマーケターの定義が違うんだなと。

アメリカでは、市場調査から物流まで全て含めてマーケティングであり、それを統括する役割としてCMOが設置されている。

日本では、マーケティングというと広告に限定されてしまっているから、アメリカのように本来の役割を担うCMOが根付きにくい。

そこで言うと、西井さんがやられているのはまさしくCMOの仕事だなと思います。

CEOとCMOは立ち位置だけ違うだけで、同じ視点を持ってなきゃいけないですね。

川上氏:
一番心血注いでいるのは製品開発ですね。

数年前は製品開発だけで良かったんですが、それだけでは商売にならなかった。なのでコスト削減や物流までを横断的に見る必要が出てきたので、そこまでを見ているのはマーケターとしての仕事だと思います。

今の職位になったきっかけは?

西井氏:
マーケティングって、売れ続ける仕組みづくりだと思うんですが、それって日本では全然浸透していないと思って、今の会社を立ち上げました。

なので、そもそもオイシックスに入る気は全くなかったんですよね。でも、オイシックス社長に誘われて、自分で会社やりながら外部の会社でBtoCサービスを行ってより視野を広げられるなと思ったのがきっかけですね。

安部氏:
日本はマーケティング後進国だと思っています。日本でモノが売れなくなっていると言われていますが、それって本当でしょうか?日本の技術は全然落ちてない。負けてない。でも売るのが苦手なんです。

モノを作れば売れるという幻想から脱却できていないんですよね。マーケティング大国日本にしないと、Appleにどんどんお金が流れてしまう。
この流れを変えるために、僕が出した答えがマーケティングなんですね。

そのようなキッカケを作るために会社を立ち上げました。

川上氏:
執念が強いですね。

自分たちのプロダクトを必要な人に届けるんだという想いがだれよりも強かったんだと思います。偉くなりたいとかではなくて、目的意識を持ってそれに沿って行動していただけですね。

西井氏:
そういう話を聞いていると、経営者自身が変わらないといけないのかなと思いますね。

偉くなりたいとばかり言っている人じゃなくて、しっかり人材を見なきゃいけないなと。

CMOやマーケターに重要な資質・経験は?

西井氏:
社内の上司に喜んでもらうより。お客様に喜んでもらうことの方が嬉しい人の方が向いていると思います。

あと、広く深く知識をつける必要があるので、ひたすら勉強できる人じゃないと厳しいですね。

安部氏:
視点の高さだけだと思いますね。

マーケティング=経営」だと思ってるので。経営者の視点を持ちながら全体を俯瞰できる力が必要かなと。マーケットを点ではなく線で見る力ですね。

そういった意味ではほぼ経営者に近いスキルかなと。

川上氏:
エンドユーザーの声を肌感覚で感じられるようになる方がいいですね。広告主も、エンドユーザーの声を開示してもらえるところを選んだ方がいいですね。

まとめ

西井氏、安部氏が言及されているように、日本ではまだCMOの概念自体が根付いておらず、モノは作れるものの売ることが苦手な「マーケティング後進国」という状態です。

逆に言えば、日本におけるマーケティング人材はまだまだ母数が少なく、CMOとなれるようなスキルを身につければいくらでも潰しのきく人材となりえるでしょう。

今後確実に必要とされるCMOを目指すのであれば、登壇者の方々のアドバイスを参考に、マーケティングスキルを磨いておきましょう。