ホームページ改善がうまくいくかどうかは、アクセス解析の質で決まります。
ホームページの問題点や異常値を発見し、仮説を立て、それに沿って改善施策を企画、実行していくのがホームページの成果をあげるための基本的な流れですが、この流れの出発点となる「問題の発見」は、アクセス解析から得られます。

今回は、アクセス解析の基礎を学べる記事をまとめました。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

アクセス解析力をあげたい人が読むべき記事まとめ

1.アクセス解析は何のために行うのか

FireShot_Capture_85_-小川卓氏が語る!アクセス解析をビジネス改善に繋げるための5つの手法~使われないデータとレポー_-_https___ferret-plus.com_2659.png
小川卓氏が語る!アクセス解析をビジネス改善に繋げるための5つの手法~使われないデータとレポートからの脱却~

アクセス解析の第一人者である小川卓氏が仰っているとおり、アクセス解析はあくまで「ビジネスを向上させるため」に存在しています。
「アクセス解析したところで売上には直結しない」と感じられる方も少なくないとは思いますが、アクセス解析で得た問題点を改善し、PVやUUが向上した結果、お問い合わせ件数が増え、成約率に繋がるというサイクルを生み出すことができます。
「収益に繋げる」のはゴール地点であり、そこにいたるまでの指標(KPI)を適切に設定しておけば、アクセス解析がどれだけ収益に貢献しているかが可視化されます。

上司にアクセス解析レポートを提出することが目的となってしまっている方は、改めてアクセス解析の意義を理解しましょう。

2.重要なのは「毎日行うこと」

FireShot_Capture_79_-【2014年完全版】準備1分、毎日たったの3ステップ!簡単!Googleアナリティクス基礎指標-_https___ferret-plus.com_259.png
【2014年完全版】準備1分、毎日たったの3ステップ!簡単!Googleアナリティクス基礎指標

アクセス解析を行うのであればまず、平均値を認識し、時々生じる差異に気付けるようになりましょう。
「今月はPVが伸びている」「今週はコンバージョン数が多い」というような些細な変化でも気づくことができれば、なぜそのような変化が起きたのかという疑問を持ち、そこから分析を深めて問題点を発見できるようになります。
差異に気付くためには、アクセス解析を毎日チェクすることが必須の作業となります。

慣れないうちは必要最低限の項目だけをチェックするようにして、とにかく毎日見る習慣をつけましょう。

3.ユーザーは何を経由して流入してきたのかを知る

FireShot_Capture_84_-Web担当者必見!ユーザーとの接点となる7つの流入チャネルとは?-_https___ferret-plus.com_1669.png
Web担当者必見!ユーザーとの接点となる7つの流入チャネルとは?

マーケティングは「ユーザーファースト」で行われるのが基本ですが、アクセス解析ではユーザーの特性も知ることができます。
ユーザーがどのチャネルから流入してきたのかを知ることで、相性の良いチャネル、改善の余地があるチャネルが把握できます。

自然検索やリスティング広告等の検索エンジン経由の場合はニーズが顕在化されている場合が多く、ソーシャル経由の場合はターゲットではないユーザーからの流入が多くなりやすいなど、チャネルごとにユーザーの特性も異なるので、それぞれに応じた対策を行いましょう。

4.Google公認の資格を取得するのも◯

FireShot_Capture_83_-Googleアナリティクス認定資格「GAIQ」について解説|ferret__フェレット_-_https___ferret-plus.com_2308.png
Googleアナリティクス認定資格「GAIQ」について解説

Google公認の資格「Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)」をご存知でしょうか。
Googleアナリティクスを使いこなすための知識を問うもので、習熟度を測るには最適です。
受験料無料で、Googleが無料で公開しているテキストで勉強できるので気軽に受けられます。

アクセス解析において、必須のツールであるGoogleアナリティクスの使い方を学ぶことで、アクセス解析についての知識を効率的に習得できます。

まとめ

アクセス解析の基本を理解し、目的も明確にしたうえでアクセス解析を行えば、ホームページの根本的な問題が見つけやすくなります。
逆に目的も持たずに始めてしてしまうと、改善の為のPDCAは回らず、ただGoogleアナリティクスを眺めているだけの作業になってしまうでしょう。

アクセス解析を試みてはいるがいつも数字だけ見て終わってしまうというWeb担当者の方は、ホームページの最終ゴールを改めて定義し、そこに向けたKPIを設定してみましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

アクセス解析とは
ネットショップのリピーター顧客を徹底分析しよう
リピーター育成に効果的なメルマガ施策の基本を理解しよう

このニュースに関連するカリキュラム

フェレットではアクセス解析の基本、Googleアナリティクスの基礎的な使い方をわかりやすく丁寧に解説しています。