広告媒体とは

現代ではインターネットが普及し、規模は年々増やしています。かつては、宣伝のために広告媒体を選ぶとき、マスコミ媒体かその他か、という選択肢しかありませんでした。現在では、それにくわえてインターネット広告も選択肢に入るようになっています。

宣伝するための広告媒体

そして、それぞれの読者や利用者属性が異なるため、広告出稿者は予算の規模や効果をつねに検証し、試行錯誤しながら、自社に適した媒体で展開・管理することが求められます。

主な広告媒体

1. マスコミ媒体(新聞・雑誌・テレビ・ラジオ)
2. その他(チラシ、フリーペーパー、屋外広告など)
3. ネット広告

マスコミ広告

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

TVをはじめとしたマスコミュニケーション広告です。各媒体に広告局などはありますが、総じて広告代理店を通して(枠をおさえて)出稿することが多いようです。

テレビ広告

いずれの媒体も、想定読者と配信数などのデータをもっていますので、基本的にはそれらと掲載期間の掛け算プラス手数料で料金が決まります。いっぽう、大手になればなるほどクォリティやその内容などの広告審査基準が厳しくなりますので、一般的には広告代理店を通すことになります。

新聞広告

ラジオ広告

雑誌広告

テレビ広告

広告代理店 他

交通広告などその他広告

屋外広告やフリーペーパーなど、さまざまな媒体が存在します。都心部の交通広告や看板広告などでは予算規模は大きくなりがち。いっぽう、フリーペーパーや、より狭い範囲で折込チラシなど、少額でもはじめられるものも少なくありません。リアル広告は、手元に残るといった効果があり、いちぶで見直す動きもあるようです。特定の層を狙い、組み合わせで高い効果を出すことも可能です。

交通広告

交通広告

屋外広告

フリーペーパー、専門誌 他

ネット広告

インターネット広告は、課金方法や配信方法で、さまざまな媒体が玉石混交としています。大手のホームページから個人ブログまでさまざま媒体があります。

大手ホームページ媒体

SimilarWebは、インターネット全体のマーケティング調査データを提供してくれるホームページです。無料版でもかなりのデータを提供してくれとても役にたちます。そこで、日本のホームページランキングが紹介されていて、それらをここでは「大手ホームページ媒体」と呼んでいます。

参考リンク国内トラフィックランキング

シミラーウェブ

検索エンジン

大手検索サイトです。

これらに出稿するには、それぞれのリスティング広告のサービスを利用します。

大手ニュースサイト

大手メディアのニュースサイトなど、リアルで多くの読者をもっている媒体はネットでも、その影響力が高いものです。

なお、出稿するには、上記のGoogle AdWordsなどでディスプレイ広告とよばれるバナー広告を出稿したり、次のクリテオといった広告配信サービスを利用するなどがあります。

通販サイトや比較サイト

出店料を広告費としてとらえたり、そのホームページに訪れる人の目に触れる、という点では、それらの出店料や手数料も広告と考えられます。そういう点では、以下のホームページも媒体といっていいかもしれません。また、それらのホームページに出せる広告ももちろん存在します。

大手ブログメディア

多くのアクセスを集めるブログでは、自身が掲載します広告以外にも、純広告や企画記事広告とよばれるものもあります。ぞくに[PR]などとつけるケースが多いものです。ホームページとなじんで読まれるため、効果が期待されます。

多くの個人ブログでは、アフィリエイトとよばれる紹介システムをつかい報酬を得ています。それらに出稿するためには、以下のサービスに問い合わせてみましょう。

また、個人ブロガーを媒体として多数登録していますネットワークも存在します。

メルマガ広告

メルマガ媒体では、メルマガ大手から配信されるものに掲載するケースと、著名人や多くの読者をもつメルマガに直接出稿するものとにわかれます。

ソーシャルメディア

FacebookやTwitterなどは、広告媒体として出稿を受け付けています。また、YouTubeについては、Google AdWordsの動画広告から出稿が可能です。また、最近では人気YouTuberのマネージメント企業もあります。

モバイル

アプリ広告の場合は、アプリ広告ネットワーク経由で、アプリ出稿することになります。配信先アプリにそれぞれ特徴がありますので、比較検討してから出稿しましょう。

大手広告代理店

広告枠によっては、大手の広告代理店を通すケースもあるようです。気軽に問い合わせてみましょう。

参考URL

ビジネスを拡大するときに広告はなくてはならないものです。

インターネットやテクノロジーの普及により、来年以降も新しい広告が登場することでしょう。

広告一覧

どのような広告媒体が効果があり、そして私たちの心に残るものなのか、興味はつきません。

このニュースに関連する記事

インターネット広告の料金一覧や、ネイティブ広告などニュースまとめや解説記事が多数。コンパクトにネット広告記事をまとめています。