広告媒体とは

現代ではインターネットが普及し、規模は年々増やしています。かつては、宣伝のために広告媒体を選ぶとき、マスコミ媒体かその他か、という選択肢しかありませんでした。現在では、それにくわえてインターネット広告も選択肢に入るようになっています。

宣伝するための広告媒体

そして、それぞれの読者や利用者属性が異なるため、広告出稿者は予算の規模や効果をつねに検証し、試行錯誤しながら、自社に適した媒体で展開・管理することが求められます。

主な広告媒体

1. マスコミ媒体(新聞・雑誌・テレビ・ラジオ)
2. その他(チラシ、フリーペーパー、屋外広告など)
3. ネット広告

マスコミ広告

TVをはじめとしたマスコミュニケーション広告です。各媒体に広告局などはありますが、総じて広告代理店を通して(枠をおさえて)出稿することが多いようです。

テレビ広告

いずれの媒体も、想定読者と配信数などのデータをもっていますので、基本的にはそれらと掲載期間の掛け算プラス手数料で料金が決まります。いっぽう、大手になればなるほどクォリティやその内容などの広告審査基準が厳しくなりますので、一般的には広告代理店を通すことになります。

新聞広告

ラジオ広告

雑誌広告

テレビ広告

広告代理店 他