テレマーケティング導入のメリット・デメリット

ではテレマーケティングを実際に導入する際には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。事前にもたらされる効果をイメージすることは、導入後の成果にもつながっていきます。ぜひ参考にしてください。

テレマーケティング導入のメリット

まずはテレマーケティングのメリットから見ていきましょう。メリットを十分に理解しておけば、導入後の活用方法も効率的なものになります。自社のマーケティングの目的と照らし合わせながら確認してみてください。

顧客との濃いコミュニケーションが取れる

テレマーケティングは電話を活用したダイレクトマーケティングです。顧客からの問い合わせを通して直接コミュニケーションをとることができます。これを通して商品に対する疑問点を解消することや購買意欲を高めることが可能です。

直接対応するからこそできる、濃いアプローチがテレマーケティングでは実現します。

見込み客からの成約率を上げられる

見込み客に対して効率的なアプローチができる点も、テレマーケティングのメリットのひとつです。ある程度の関心があることがわかっているため、より刺さる情報を提供することができます

しかし関心の度合は個人によって異なるでしょう。この問題も直接コミュニケーションをとることで解決できます。具体的な提案をして、より商品やサービスへの関心を高め、成約率に結びつけることができます。

新規顧客への営業効率を上げられる

営業をする際に不特定多数に対してアプローチをかけるのは非効率です。テレマーケティングではあらかじめ顧客となりうる人を厳選しているため、1回あたりの成功率が高くなります

また対面での営業に比べて短い時間で多くの顧客に対応できるので、量と質の両方を獲得でき、新規顧客を獲得するための手法としても有効です。

テレマーケティング導入のデメリット

テレマーケティングは営業活動の手法として優れていますが、顧客対応を実際におこなう人材や環境を整えるにはコストがかかります

顧客と直接コミュニケーションをとり、成約に結び付ける。文章なら簡単に表現できますが、想像以上に高度なスキルが必要となります。そのため自社サービスに対する十分な知識量と柔軟な対応力が求められるでしょう。

テレマーケティングを円滑に進めていくための人員確保や教育。これらができるのかといった視点でも考えておくことをおすすめします。

テレマーケティングを成功させるためのポイント

ではテレマーケティングを進めていく中で、成功させるためのポイントについて見ていきましょう。ポイントを押さえておくことで、客観的にチェックしながら導入をおこなうことが可能になります。

業務をおこなうための環境を整える

まずは業務をおこなうために最適な環境を構築することが重要です。電話対応の教育体制やツール活用を通した業務効率化など、テレマーケティングでの営業の質を高めるための施策を実施しておくことが求められます。

環境が整うことで人材の育成と質の改善も促進されていくでしょう。まずは土台を作るところが重要といえます。

マーケティングの目的を明確にする

テレマーケティングをおこなう上での目的を明確にしておきましょう。何を目的として導入するのかが明確でない場合、上がった成果よりもコストが大きいという結果になりかねません。まずは会社として目指したいゴールを設定し、テレマーケティングを活かす方法を考えていきましょう。

顧客から得たデータを蓄積して活用する

電話対応で得た顧客データは蓄積しておきましょうテレマーケティングを続けていれば、多くの顧客とコミュニケーションをとることになります。多くの顧客にあたることで成約する件数も増えていくことでしょう。しかしここで終わってはいけません。顧客対応を通して得た情報や傾向は、今後の資料として蓄積しておくことが重要です。

あらゆるケースのデータを集めて分析することで、精度の高いアプローチにつなげることができます。

顧客対応におけるマニュアルやヒアリングシートを作成する

顧客対応を円滑に進めるためにも、マニュアルやヒアリングシートは事前に準備しておきましょう。先ほどデータを蓄積することについても触れましたが、これらは顧客とのやり取りを円滑に進めるための指標として有効に機能するものです。

あらゆる場面に応じたトークスクリプトや顧客情報をわかりやすく整理できるヒアリングシートなど、マーケティングの質を高めるための準備は、念入りにおこなっておくことをおすすめします。