「ちきゅう」をCRMとして導入するのに向いている企業

「ちきゅう」は必要な項目と機能が厳選されているため使いやすく、直感的に誰でも操作できるので習熟期間が短くて済みます。また、本来のCRMの目的である「顧客管理」という枠を超え、営業活動全体をサポートする機能が充実している点も、「ちきゅう」の大きな魅力です。これらの特徴を踏まえると、「ちきゅう」をCRMとして導入するのに向いている企業があるので、以下でご紹介しましょう。

すぐに運用開始できるCRMを望んでいる企業

項目設定や既存のシステムからのデータ移行については、ドラッグ&ドロップで簡単に行えます。導入時の作業工程が少ないので、運用開始までの期間は短くなるのが通例です。

また、導入時には運営会社である株式会社ジーニーの営業担当者が、顧客企業の課題や導入により実現したいことをヒアリングし、その企業にマッチしたサービス内容を提案してくれます。

外部ツールとの連携機能も充実していることを踏まえると、導入後できるだけ早く運用開始したい企業にとって「ちきゅう」は向いているCRMです。

SFAとしての機能を持つCRMを導入したい企業

もともとCRMは顧客情報や顧客とのやり取りの履歴を保管、共有できるツールであり、顧客との信頼関係を作り、自社へのロイヤリティを高めてリピーターを増加することがその目的です。いわば、効果的なマーケティング活動を実現することがCRMの役割と言えます。

一方、SFA(営業支援システム)は、商談成立までの営業業務に必要な情報を一括管理するためのツールで、いわば効果的な営業活動を実現することがSFAの目的です。

CRMとSFAは定義上違いがありますが、効果的な営業活動を行う上では、顧客関係管理の効率化が有効であるのは間違いありません。タスク管理機能や商談プロセス管理機能を簡単な操作で行える「ちきゅう」は、他社が提供しているCRMツールに比べてSFAとしての機能が高めです。

そのため、マーケティング分野の顧客管理という側面に加えて、営業活動全体の管理・支援にも対応できるCRMを望む企業にとっては、「ちきゅう」は向いているCRMと言えます。

「ちきゅう」をCRMに活用する際は、自社ニーズとの適合性を事前に分析しておこう

「ちきゅう」はCRMツールの1つであり、11の基本機能をはじめ、充実した外部連携機能やコストパフォーマンスの高い料金設定、手厚いサポート体制などが魅力です。

操作が簡単で直感的な使用ができ、営業支援システムとしての機能も高いことから、すぐに運用開始できるCRMを導入したい企業や、CRMにSFAとしての機能も求める企業にとって、「ちきゅう」はおすすめのサービスと言えます。

実際に利用を検討する際は、運営会社のサポートを活用しつつ、自社のニーズやコストパフォーマンスなどを分析した上で導入に向けた準備を進めましょう。