毎年多いに盛り上がる冬のイベントのひとつが、バレンタインです。各企業もバレンタインにあわせて毎年工夫をこらしたキャンペーンで商品訴求を行っています。
特に最近では、SNSを活用したユーザー参加型キャンペーンがよく見受けられます。

今回は、既に開催している、あるいは開催予定となっている企業のSNSを活用したバレンタインキャンペーン事例(2016年版)を5つ紹介します。

このようなイベントとSNSを組み合わせキャンペーンは、ユーザーとのコミュニケーションを図る機会だけでなくプロモーションにも繋がります。
企業にとって認知を広める絶好の機会でもありますので、事例を参考にキャンペーンの企画をしてみてはいかがでしょうか。

▼バレンタインデー施策の参考にどうぞ▼
SNSを駆使したバレンタインプロモーション事例6選
バレンタインキャンペーン24選!

▼バレンタインデーの素材を探している方はこちら▼
バレンタインから普段使いできる素材まで!デザイン不要の高品質無料ベクター素材111選|2月編

目次

  1. 2016年SNSバレンタインプロモーション事例5選
    1. 森永ダース
    2. PLAZA
    3. リンツショコラカフェ
    4. 無印良品
    5. 松坂屋名古屋店
  2. まとめ

2016年SNSバレンタインプロモーション事例5選

1.森永ダース

いざ、セルフバレンタイン!.png
いざ、セルフバレンタイン!

森永製菓株式会社では、同社で販売しているチョコレート商品「ダース」を活用したキャンペーンが開催されます。
誰かにチョコレートをプレゼントするのではなく、自分にプレゼントする「セルフバレンタイン」というものです。

このキャンペーンでは、各種SNS(Facebook、Twitter)から「#セルフ愛2016」というハッシュタグをつけて「自分を愛でる一言」を投稿すると、抽選で計20名にチョコレート詰め合わせがプレゼントされます。

こちらのキャンペーンの応募締め切りは、2016年2月7日です。

2.PLAZA

PLAZA.png
PLAZA

PLAZAでは、公式Twitterアカウントでアンケートが実施されています。
バレンタインデーについての意識調査で、ワンタップで回答できるので参加してみてはいかがでしょうか。

こちらのキャンペーンの実施期間は、2016年1月6日〜2月14日までです。

また、インスタグラムでは「#プラザチョコレート」というハッシュタグをつけてPLAZAで購入したチョコレートの写真を投稿するキャンペーンも同時開催されています。
投稿写真の中からオシャレな写真3枚が選出され、該当者には5,000円相当のチョコレート詰め合わせがプレゼントされます。

こちらのキャンペーンの実施期間は、2016年1月14日〜2月11日です。

3.リンツショコラカフェ

リンツショコラカフェ.png
リンツショコラカフェ

リンツショコラカフェでは、対象のツイートをリツイートして来店時に提示すると、リンドールハートチョコレートを1個プレゼント、さらにチョコレートの購入が10%オフというキャンペーンが開催されています。
(対象ツイート)

キャンペーン適応店舗は、銀座・表参道・自由が丘・吉祥寺・渋谷・ルミネ北千住・名古屋ラシック店の計7店舗です。
なくなり次第終了となりますので、早めに来店するとよいでしょう。

こちらのキャンペーンの開催期間は、2016年1月26日〜2月6日です。

4.無印良品

無印良品.png
無印良品

無印良品では、販売されている手づくりキットを使用してアレンジしたお菓子を、各種SNS(Facebook、Twitter、インスタグラム)にハッシュタグ「#mujivd」をつけて投稿するキャンペーンが開催されています。
投稿写真のうち選出された写真は、無印良品のWebサイト等で紹介されます。

また、対象の手づくりキットを購入すると、先着順でオリジナルシール1枚がプレゼントされるキャンペーンも同時開催されています。
無くなり次第終了しますので、早めに来店するとよいでしょう。

対象商品については、上記の公式ページをご確認してください。

5.松坂屋名古屋店

松坂屋.png
松坂屋名古屋店

松坂屋名古屋店では、TwitterまたはFacebookで参加できるキャンペーンが開催されています。
Twitterでは、松坂屋名古屋店の公式アカウントをフォロー後に表示されるツイートをリツイートすると応募が完了します。

Facebookでは、該当の記事を「公開」の設定でシェアした後、フォームにニックネームとメールアドレスを入力すると応募が完了します。
どちらの応募方法でも、キャンペーンの参加者の中から抽選で1名に「みんなの東方で選ぶ”チョコランキング”」の1位〜3位に選出されたブランドの商品3点がプレゼントされます。

このキャンペーンの開催期間は、2016年1月12日〜2月3日です。

まとめ

SNSの最大の特徴が情報伝達力の高さであり、SNSで発信された情報が話題になれば瞬く間に人から人へと拡散され、多くの人の目に留まりやすくなります。
そういった話題作りとしては、季節のイベントに合わせたキャンペーンが自然なキッカケづくりに適しており、ユーザー参加型にすることで拡散を促進させます。

つまり、キャンペーンを通じてユーザー自らが企業の情報をSNSで発信し、結果的に企業のプロモーションとなるのです。
これらのイベント・キャンペーンでは、“連帯感”を生み出すことがポイントであり、そのためにも如何に楽しみながら参加してもらえるかを熟考しましょう。

今回紹介した事例はバレンタインに特化したものばかりですが、ユーザー参加型キャンペーンを開催する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。