Web担当者の皆様、「グロースハック」という言葉を一度や二度聞いたことがあるのではないでしょうか。スタートアップ界隈でよく使われていた言葉ですが、ここ1年程で徐々にWeb業界全体で認知され始めてきました。グロースハックとは、簡単に言うと「お金を掛けずにホームページの収益をあげる施策」のことです。

今回は、会員獲得を目的としたグロースハック事例を6つまとめました。会員制のサービスを立ち上げたものの会員数が伸びないとお悩みのWeb担当者様は、是非こちらの事例を参考にしてみてください。

1.一晩で7万人の会員を獲得した、シンプルながらも効果絶大なグロースハック

URL:http://blog.otakumode.com/2014/09/25/dropbox/
この記事は、Quora(米国のQ&Aサイト)に投稿されたものを、私たちTokyo Otaku Modeが日本語に翻訳したものです。執筆者はMarkus KirjonenさんというUIデザイナーの方で、スタートアップについて多く書かれています。私たちはMarkusさんから許可をいただき、この投稿を日本語に翻訳して日本で発信する機会を得ることができました。有名スタートアップ企業がどんな方法で新規ユーザーを手に入れたのかについて、実例をもとに紹介していきます。

2.nanapi流のSEOをメインに据えたグロースハック事例

URL:http://matome.naver.jp/odai/2136963738810661201
5月25日に開催されたGrowth Hackers Conference。nanapi社長の古川健介氏がハウツーサイト「nanapi」で実施してきた施策を紹介。

3.ユーザー間の繋がりを効果的に利用したグロースハック事例

URL:http://growthhack.vasily.jp/2013/09/dropbox-7-growth-ha...
今年3月に「Mailbox」を買収し、ますます勢いに乗る「Dropbox」時価総額40億ドル、ユーザー数1億7500万人と、とんでもない化け物ベンチャーの彼らですが、実は広告にほとんどお金を使っていないということをご存知でしたか?つまり、そこはグロースハックのアイデア宝庫のはず。今回はそんな宝の山から7つのお宝を紹介します。

4.課金ユーザーを増加させるためのグロースハック事例

URL:http://growthhack.vasily.jp/2014/02/hulu-growthhacker-2...
その第一弾として、Huluのグロースを手がけ、現在は500StartupsでGrowthのメンターをしているAndrei Marinescu氏がグロースハックとは何か、そしてHuluでの自身の経験を話してくれた。

5. ユーザー獲得と同時に定着率も向上させた事例

URL:http://growthhackjapan.com/2014-01-10-5-growth-hack-tec...
フェイスブックやツイッターなど、ソーシャルメディアの競争が激しさを増す中、たった数名の創業メンバーでローンチしたピンタレストは一体どのように急成長を遂げたのでしょうか?急成長の裏側には、ユーザーの心を掴む5つのグロースハックの存在があったのです。

6.CVRを74%向上させた事例

URL:http://blog.kaizenplatform.com/growthhack_relux
国内の一流の旅館のみを選定し、利用者に極上の体験を提供する宿泊予約サイトrelux。CVRが74%向上した会員登録ランディングページA/Bテストを始め、継続的に様々な施策を実施することで、着実にファンを増やし、注目を集めているサービスです。

まとめ

グロースハックは、「お金を掛けずにホームページの収益性を向上するための施策」です。なので、手法としてはお金の代わりになるようなアイデアを生み出し、多少の人的工数を使ってホームページを成長させるような手法をとります。ホームページUIユーザーインターフェース)を改善するような施策がメインとなるため、グロースハックにはA/Bテストが欠かせません。上記でご紹介した事例を参考に、見よう見まねでも良いので取り入れられるものは取り入れ、簡単にA/Bテストを行えばそれはグロースハックの第一歩となります。