分散型メディアにおける効果測定指標

サイトを持たないことからも従来のPVを元とした「効果測定指標」から別なものへと変化が起きつつあります。
こちらの資料によると、BuzzFeedでは、「Content View」という独自の指標で効果測定をしているとのことです。

Content Viewは、自社のサイトでのコンテンツ視聴に限らず、他のプラットフォームを通して視聴されたコンテンツのビュー数を意味します。以下が一例です。

動画:YouTubeやFacebook、InstagramやTwitter、Snapchatでの再生回数
画像:FacebookやInstagram、Twitter、Snapchatでのクリック回数

こちらの指標は、Now This Newsにおいても、近しい指標で効果測定をしているとのことです。

恐らく、これから生まれてくるであろう分散型メディアに関しても、多様なコンテンツの流通チャネルの効果を測定するべく、先駆者であるBuzzFeedやNow This Newsを習って、同様の効果測定指標を採用するということも十分考えられそうです。

まとめ

メディアの在り方について、大きな転換期を迎えつつあります。その一つに分散型メディアがあり、従来のメディア(サイトありき)と比べて読者に届ける方法が多様化し、これまでのような検索エンジン主流からソーシャルを筆頭とした各プラットフォームへの流通が可能となったというのが背景にあります。

つまり、今後メディアとして“どこにいる読者”“どんな情報”を発信するのかを定める必要性が増してきたということでもあると言えるのではないでしょうか。

このニュースを読んだあなたにオススメ

大公開!ferretが毎日チェックしている、メディア・ブログ50選
情報収集には欠かせない!便利なFeedlyのイロハを解説
効率的に情報収集できるGoogleアラートの使い方