Webアンケートを利用することで、ユーザーから簡単にアンケートを取ることができます。

しかしWebアンケートのツールにはたくさんの種類があり、どれを選んで良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。この記事では、初心者でも扱いやすく、無料で利用できるおすすめのWebアンケート作成ツールを紹介します。

また、Webアンケートは作り方によってアンケートの回答率を上げることができます。回答率が上がりやすいアンケートの作成方法も紹介しているので、これからWebアンケートを実施したい方はぜひ参考にしてください。

【有料ユーザー数No.1】最適なフォームをカンタン設置できるツール詳細はこちら

【有料ユーザー数No.1】最適なフォームをカンタン設置できるツール詳細はこちら

CVRが高いフォームを作ることができるフォーム作成ツールです。無料でも利用できるのでまずはお試しでもご利用いただけます。

目次

  1. Webアンケート作成ツールとは
  2. Webアンケート作成ツールを利用するメリット
  3. Webアンケート作成ツールを選ぶポイント3つ
  4. 無料でも使えるWebアンケート作成ツール10選
  5. 回答率が高まるWebアンケートの作り方のコツ
  6. まとめ:ツールを活用してWebアンケートを簡単に設置しよう

Webアンケート作成ツールとは

Webアンケート作成ツールとは、オンライン上でアンケートの作成・実施・データ集計までをワンストップで行えるツールです。HTMLのような専門スキルを必要としないため、初心者でも簡単に扱えるという特徴があります。

Webアンケート作成ツールには豊富なテンプレートが用意されているものが多く、さまざまな用途に合わせたアンケートフォームを作成できます。

例えば、顧客満足度調査に活用したり、顧客のニーズ発掘のための市場調査に活用されたりと、幅広い用途で利用できる点が特徴的です。

また、作成するフォームは、PCはもちろんスマホやタブレットに対応しているものが多く、時間や場所を問いません。回答してもらえる確率の向上が期待できるでしょう。

Webアンケート作成ツールを利用するメリット

Webアンケート作成ツールを利用することで、アンケートの回答率向上やコストの削減といった、さまざまなメリットが得られます。ここではそれらのメリットを詳しく紹介していきます。

初心者でも簡単に作成できる

Webアンケート作成ツールを利用することで、初心者でも簡単にアンケートフォームを作ることができます。多くのツールには豊富なテンプレートが備わっているため、イチから作る必要がないからです。当然ながら、HTMLなどの専門的なスキルも必要ありません。

また、操作性に優れているツールも多く、簡単なマウス操作で完結するので調査する時間や教育コストもかかりません。

アンケート回答率が向上

Webアンケート作成ツールを利用することで、質の高いアンケートフォームを作成できれば、回答率の向上も期待できます。

多くのWebアンケート作成ツールには、優れたデザイン性のテンプレートが用意されており、ユーザーが入力しやすいフォームを作成できるのです。レスポンシブ対応のアンケートも簡単に作成できるため、スマホユーザーからの回答も集めやすくなります。

また、バリデーションや質問の条件分岐、アンケートページ分割などの機能を活用すれば、回答者の負担を軽減することができます。

コストの削減につながる

Webアンケートを実施するのにコストが多くかかっているという方は、ツールの使用でコストの削減に繋がる場合があります。

これは、アンケートの作成・保守に必要な人員を確保するためのコストや、アンケート作成を外注するためのコストが削減できるためです。

また、ツールには無料で使用できるものも多いため、無料のツールを利用すればツール導入時のコストも抑えられるでしょう。

結果の集計と分析が素早くできる

Webアンケート作成ツールには、アンケート内容のデータ集計や分析機能が備わっているので、即時に集計結果をデータ化することができます。

ツールを使用せず手動で集計を行う場合、データ化するにもかなりの時間を費やし、人為的なミスも増える可能性があります。

また、分析機能が備わっているツールを使えば、フィルターをかけて比較したり、回答結果のトレンドを把握したりといったことが可能です。これにより、状況を把握したり、対策を打ち出したりといったことがスピーディーに実施できるでしょう。

分析においては、集計結果をCSVデータでExcelやスプレッドシートにエクスポートすれば、自社での詳細な分析に使用できます。

Webアンケート作成ツールを選ぶポイント3つ

Webアンケート作成ツールを選ぶ際に、注意しておかなければいけないことがあります。ここでは3つの注意点を詳しく紹介していきます。

1.設問数と回答数の上限

Webアンケート作成ツールの中には、設問数と回答数に上限が設定されている場合があります。上限を知らずにツールを導入すると、したいだけの質問ができないという事態が起こってしまいます。

ツールを検討する際は、自社で実施するアンケートで想定される設問数と、導入を検討しているツールの設問数の上限が適正かを事前に確認しておきましょう。

設問数などに上限があるケースは、無料版のWebアンケート作成ツールでよく見られる条件なので、仮に設問数が足りないといった場合には有料版を導入しましょう。

2.セキュリティに問題がないか

Webアンケート作成ツールを導入する場合、作成したアンケートフォームのセキュリティに問題がないかも注意したほうがよいです。アンケートの内容には顧客の個人情報が含まれることも多いため、セキュリティが脆弱だと情報漏洩となる可能性が高くなるからです。

ほとんどのWebアンケート作成ツールはセキュリティ対策に対応していますが、よりセキュリティを強固にしたいという方は、サーバー監視体制が行われているもの、ISOなどの認証を得ているもの、データアクセスの制限などの機能があるツールを選ぶと良いでしょう。

3.データをダウンロードできるか

アンケート内容を元に詳細な分析も行いたい場合は、データをCSVでダウンロードができるかも確認しておきましょう。

データをダウンロードできないツールだと、Excelやスプレッドシートでデータを分析することができず、詳細な分析ができない場合があります。

無料版ではCSVダウンロードが制限されているWebアンケート作成ツールもあるため、詳細な分析が必要であれば有料版を検討することをおすすめします。

無料でも使えるWebアンケート作成ツール10選

Webアンケート作成ツールには、無料で利用できるものが多く存在します。中には設問数の上限がなかったり、データのCSVダウンロードができたりするツールもあるため、積極的に利用すると良いでしょう。

ここでは無料で作成できるツールを10個紹介していきます。

ツール名 設問の上限 セキュリティ
Googleフォーム 無制限 ・SSL/TLS化
・24時間365日のサーバー監視体制
・2段階認証
・セキュリティ診断
formrun 無制限 ・reCAPTCHAの設置
・ISO 27001の取得
・プライバシーマークの取得
・AWSを採用
・24時間365日のサーバー監視体制
・データアクセスの管理、制限
・SSL、TLSの採用
・Honeypot 保護機能
・ログインユーザーのIP制限
Questant 10問 アプリケーションの保護
・ファイヤーオール
・IDS
・データの保護
・AWSのデータセンター
・24時間365日のサーバー監視体制
SurveyMonkey 10問 ・ISO27001
・データセンターの保護
・通信の暗号化
・最新のウイルス対策ソフトウェア
・アクセス制御
ミルトーク 5個(掲示板作成数) ・SSL/TLS
・プライバシーマーク取得
SELECTTYPE 10問 Google reCAPTCHAの設定
・アクセス制御
・SSL通信
CstomForm 無制限 ・SSL通信
・AWSのデータセンター
・データアクセス制限
CREATIVE SURVEY 100問 ・SSL通信
・ISO27001
・システム監視
・プライバシーマーク取得
・アクセス制限
MOMONGAアンケート 無制限 ・SSL通信
・AWSのデータセンター
よくきくよ 50問 ・マスキング機能
・SSL通信

1.Google form(グーグルフォーム)

Googleフォーム」は、Googleが提供するWebアンケート作成ツールです。操作がわかりやすいため、初心者でも簡単にアンケートフォームが作成できます。

機能面も充実しており、ユーザーが回答した選択肢によって次の設問が変わる、「条件分岐機能」も備わっており便利です。さらに、アンケートの回答内容も自動で集計し、リアルタイムでの回答状況やグラフでの表示もできます。

ただユーザーは回答時に、Googleアカウントにログインしなくてはならないというのは面倒な点かもしれません。

Googleフォームは無料ですべての機能を使用できますが、有料プランではクラウドストレージの容量を増やせたり、より高度なセキュリティ機能を追加したりできます。

料金プラン
Business Starter 680円/月
Business Standard 1,360円/月
Business Plus 2,040円/月
Enterprise 問い合わせ

2.formrun(フォームラン)

「formrun」は専門的なコーディングの知識がなくても、デザイン性の高いアンケートフォームを作成できるツールです。無料プランでも設問数に上限がないため、さまざまな用途に合わせて使用することができます。

回答の自動集計にも対応しており、集計データをCSVダウンロードしてGoogleスプレッドシートにエクスポートすることも可能です。また、条件分岐での設問にも対応しています。

国内有料フォームツールサービスの導入数についての調査で、有料ユーザー数においてNo.1を獲得した実績があり、100,000を超えるユーザーから使用されています。

料金プラン
FREE 無料
BEGINNER 5,980円/月
STARTER 12,980円/月
PROFESSIONAL 25,800円/月

3.Questant(クエスタント)

「Questant」は、年間20,000件以上の調査実績を持つマクロミルが提供する、Webアンケート作成ツールです。

70種類以上のテンプレートが備わっており、直感的なマウス操作でデザイン性の高いアンケートフォームが簡単に作れます。アンケート結果をリアルタイムで反映し、グラフ化することもできるので、そのままWeb上でプレゼンテーションすることも可能です。

アンケートフォームのSSL通信にも対応しています。

料金プラン
無料プラン 無料
通常プラン 50,000円/年
ビジネス 150,000円/年
プレミアム 300,000/年

4.Survey Monkey(サーベイモンキー)

「SurveyMonkey」は、アメリカのSurveyMonkey社が提供するWebアンケート作成ツールです。アンケートソフトウェアとして世界をリードしており、SurveyMonkeyを通して回答された質問の数は、およそ2,000万件にも上ります。

無料プランでもアンケートの作成数に制限はなく、設問も10個まで設置が可能です。また、1,600ある豊富な質問サンプルが用意されており、時間をかけずに用途にあったアンケートフォームを作れます。

セキュリティ面でも高いレベルが認められており、「ISO27001」という情報セキュリティに関する国際規格を取得しています。

料金プラン(個人プラン)
標準月額プラン 5,500円/月
アドバンテージ 11,050円/月
プレミア 14,583円/月
料金プラン(法人プラン)
チームアドバンテージ 4,600円/月
チームプレミア 5,833円/月
エンタープライズ お問い合わせ

5.ミルトーク

「ミルトーク」は、Web上に掲示板を作るだけで、ユーザーと直接コミュニケーションが取れるサービスです。無料版では1日5個まで掲示板を作成できます。

参加者が日々の生活で感じた、商品やサービスに対する要望やアイデアを自由に投稿・閲覧ができる「きょうのひとこと」や、掲示板でユーザーから意見を求める「きいてミル」といった機能が特徴的です。

有料版では、ユーザーの属性を絞ったアンケートも実施できるため、効率よく調査ができるでしょう。

料金プラン
無料プラン 無料
ベーシックプラン 200,000円/月
プレミアムプラン 300,000円/月

6.SELECTTYPE(セレクトタイプ)

「SELECTTYPE」は、株式会社セレクトタイプが提供するフォーム作成ツールです。アンケートフォームだけでなく、予約フォームやメールフォームなど、多種多様なフォームが無料で作成できます。

多彩なアンケート形式に対応しており、「テキスト選択形式」「画像選択形式」「マトリクス形式」「自由記述式」といった形式が用意されているため、幅広い質問にも対応が可能です。

アンケートのデザインは写真とテンプレートを選ぶだけで簡単に作成でき、デザイン性も高いため、自社に適したアンケートフォームを設置できるでしょう。

料金プラン
フリー 無料
ベーシック 1,650円/月
プロフェッショナル 3,300円/月
プレミアム 11,000円/月

7.Custom Form(カスタムフォーム)

「Custom Form」は、株式会社ゴーゴーラボが提供する、Webアンケート作成ツールです。

設問数に上限のないアンケートフォームを無料で作成できる上に、設問数・フォームの作成数に上限がありません。これに加えて、機能面が充実しているという特徴があります。

ISOやプライバシーマークを取得していない点など、他社ツールと比較するとセキュリティが若干弱いですが、SSLには標準対応しています。また、無料版だとアンケートフォーム広告が出るため、非表示にしたい場合は有料プランを利用するのがよいです。

回答結果をCSVでダウンロードすることも可能です。また、回答があった場合にメールでお知らせする機能なども全て無料で利用できます。

料金プラン
Trial/Basic 無料
Advanced 3,300円/月
Pro 110,000円/年

8.CREATIVE SURVEY(クリエイティブサーベイ)

「CREATIVE SURVEY」は、クリエイティブサーベイ株式会社が提供するWebアンケート作成ツールです。大手企業からの導入実績が多く、リクルートやMEIJI、RIZAPなどが実際に導入しています。

質問バリエーションが豊富で、簡単なマウス操作でアンケートフォームが作成できます。また、フォームの完成イメージをプレビューで見ながら修正できるため、効率が良くなり便利です。

リアルタイム集計やアクセス解析機能も完備されていたり、SSLに対応していたりと、無料でも十分活用できる機能が備わっています。

9.MOMONGAアンケート

「MOMONGA」アンケートは、iPadに特化したクラウド型のアンケートツールです。Web管理画面にログインすることで、アンケートの作成、収集状況の確認、集計作業など幅広く行うことができます。

基本的な機能は無料で利用できる上に、アンケートの作成数と設問数に上限はありません。また、インターネットに接続できないオフライン環境でも、アンケートの収集が可能です。

特徴的な機能としては、撮影した名刺をデジタル化し、アンケートの回答と紐づけて管理できる機能が挙げられます。これにより、誰がどのような回答をしたのかを把握しやすくなるでしょう。

無料プランの注意点としては、アンケートの回答件数は1万件が上限となっているため、大きな反響があった場合に対応できなくなる可能性があります。そうならないよう、事業規模を考慮した最適なプランを選ぶことをおすすめします。

料金プラン
フリープラン 無料
オープンプラン 11,000円/月
クローズドプラン 33,000円/月
イベントパック 165,000円

10.よくきくよ

「よくきくよ」は、気軽にアンケートを実施したい時に最適なWebアンケート作成ツールです。無料版では6ヶ月という利用期間はありますが、フォームには50個の設問を設置でき、回答結果は無制限で表示できます。集計データをCSVでダウンロードができます。

また、よくきくよは分析機能に特徴があり、アンケートの自由回答のテキスト分析ができる点は他社ツールにはない強みの1つです。この他にも分析機能が豊富に揃っているため、高度な専門知識や経験も必要なく、初心者でも簡単にデータを分析できるでしょう。

料金プラン
フリー 無料(但し6ヶ月間の利用期間あり)
エコノミー 50,000円/月
ビジネス 100,000円/月

回答率が高まるWebアンケートの作り方のコツ

Webアンケート作成ツールでせっかくアンケートフォームを作成しても、回答率が悪ければ元も子もありません。アンケートフォームの作り方を工夫することで、回答率を上げられることが多いですので抑えておきましょう。

ここでは、回答率が高まるWebアンケートの作り方を紹介していきます。

設問を増やしすぎない

Webアンケートを作成する際は、設問数を増やしすぎないようにしましょう。設問数が多すぎると、回答率が下がったり質の高い回答が得られなかったりする場合があるためです。

設問数が回答の完遂率に及ぼす影響は、アメリカのサンタフェ研究所の研究結果で明らかになっています。この研究によると、回答へのモチベーションが高くても、回答にかかる時間が長くなると脱落する傾向にあることがわかっています。

さらに、回答が長くなることで、アンケートの後半にかけて回答を早める傾向があり、質の低いアンケート内容となってしまいます。

これらのことからも、設問数は増やしすぎず、ユーザーの負担にならない程度で調整するのがよいでしょう。Webアンケートの所要時間が長くても10分以内に収まるように設問数を設定しましょう。

目的や個人情報の取り扱いを記載する

Webアンケートフォームには、アンケートの目的や、個人情報の取り扱いについて記載しましょう。「個人情報が抜き取られるのではないか」「セキュリティに不安がある」と思われてしまえば、それだけで離脱に繋がります。フォームからの離脱に最も影響を与えるのはセキュリティであるというデータもあるくらいです。

そのため、個人情報の取り扱いがしっかり明記されているアンケートフォームにすることで、回答率を向上できる可能性があります。

アンケートフォームには、個人情報の取り扱いやプライバシーポリシーを記載するとともに、SSLのロゴを表示するサイトシールを貼るなどがおすすめです。

設問数と回答時間の目安を記載する

設問数や回答の目安がないアンケートは、いつ終わるのかわからいという負担から、離脱に繋がることも考えられます。

だからこそ、設問数や回答に要する時間の目安を記載することで、アンケートのゴールやペース配分を把握できます。回答者の心理的負担が軽減できるので、結果的に回答率が高まるでしょう。

具体的には、アンケート冒頭に「所要時間2分(5問)」や「約2分で終わる簡単なアンケートです」といった内容を記載することをおすすめします。

まとめ:ツールを活用してWebアンケートを簡単に設置しよう

Webアンケート作成ツールを使用することで、専門のスキルがなくてもアンケートフォームを簡単に作成できます。

Webアンケートツールのデザインや操作性によって回答率は変わってきますので、しっかりと検討をしましょう。無料で使えるツールも多いため、色々試して自社に最適なツールを探すのがよいです。

formrunには、アンケートフォームのテンプレートが15種類用意されており、最短5分でデザインのよいアンケートが作成できます。CSVやGoogleスプレッドシートのエクスポートも可能なため、回答データの集計・分析も行いやすいというメリットがあります。

基本的な機能は無料で利用することができ、無料プランでも設問数は無制限なのでぜひお試しください。

【無料でも設問数無制限】操作性・デザイン性に優れたアンケート作成ツール「formrun」はこちら!

【無料でも設問数無制限】操作性・デザイン性に優れたアンケート作成ツール「formrun」はこちら!

CSVダウンロード、回答の自動集計、条件分岐に対応!無料でも利用できるのでまずはお試しでもご利用いただけます。