まとめ

ブランディングを実施し、ファンを獲得できれば、競合との価格競争に陥るリスクを回避できます。

商品を選ぶ基準として重視されがちなのは「価格」ですが、価格ではなく商品そのものに価値を感じてもらえれば、価格で勝負する必要はなくなります。
ブランドは「見えない価値」を確立します。

消費者が持つイメージが売上に大きく左右するBtoC企業がブランディング施策に注力するのが一般的ですが、変化が激しい今は、BtoBCtoCも、ブランド構築をして優位性を維持しておく必要があります。

ブランドは「継続性」も重要な要素です。ブランディングは、瞬間風速的なものではなく、時代に左右されない独自の価値を生み出して初めて成功といえるでしょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

マーケティングの基本である市場分析とポジション
ブランディングで集客数はほとんど変わらなくても売上1.3倍
セールスフロー理解の重要性と具体的事例

Web戦略カリキュラム

Web戦略カリキュラム

Webマーケティングを実践するうえで、まずは押さえておくべきWeb戦略の基礎カリキュラムです。Web戦略の基礎は、様々なプロモーション手法やマーケティング活動の基本と言える考え方なので必ず押さえましょう。