2017年10月、Dropboxが大規模なリブランディングを行いました。
白とブルーが象徴するクリーンなイメージを持つDropboxですが、大胆な濃い紫と水色の組み合わせや、緑と黄色の組み合わせなど、従来とは大きく異なる色使いを採用したことに驚いたデザイナーも多いのではないでしょうか。

事業が思ったようにいかない時に、消費者視点でブランドがどのように捉えられているかを分析し、どのように捉えてほしいのかを再定義することは非常に重要です。
2011年にスターバックスのロゴが変更されたり、2015年にAirbnbのロゴが変更されたりされた際、一部のユーザーからは反発があったものの、長年経過したいま、どちらもうまくいっているようです。

今回は、ホームページをリブランディングするためのチェック項目12選をご紹介します。
ブランドイメージの見直しを検討している担当者はぜひ参考にしてみてください。

Section1. リサーチ

1. 競合ブランドを考察しよう

1.jpg
画像引用元:pexels.com

リブランディングを行う際にはじめに大切になるのは、競合ブランドを考察することです。
他のブランドがどのようなポジショニングにいて、ターゲットは誰で、どのようなバリューがあるのかを分析していきます。

その際、いくつかのフレームワークを使ってみると、客観的で分析がしやすくなります。
外部環境や内部環境の強みをSWOT分析でチェックしたり、事業のどの工程でバリューが出ているのかを分析するバリューチェーン分析は、競合他社の分析を行う上で使いやすいでしょう。

ポイントは「少人数で行わず、できるだけ大勢を巻き込む」ことです。
専門や担当によって着眼点が変わってくるので、リブランディングのためとは言っても、デザイナーだけで見る視点と、マーケターから見る視点では、全く変わってくるはずです。
できるだけたくさんの人から情報を集めて、それらを集約していきます。

すると、他社のターゲットからなぜそのようなブランディングになっているのか、発見することが出てくるでしょう。

2. ターゲットのニーズを分析しよう

2.jpeg
画像引用元:pexels.com

2010年に行われたGapロゴのリデザインは、多くのマーケターが「失敗だった」と省みています。
一見ポップに見えるロゴですが、ターゲットの年収や年齢にだけフォーカスをしたもので、当たり障りがなく、まとまりすぎています。
そのため、会社もリブランディングしたばかりにもかかわらず、すぐに元のロゴに差し替えたほどでした。

ターゲットのニーズを分析するのは、言葉の額面以上に重要な意味を持ちます
反対意見が少ない安全な道を選んで、あらゆる客層のターゲットに対して「イエス」で受け答えるのでなく、しっかりと自分たちの立ち位置やターゲットを確定して、マーケットにチャレンジをしていくのがブランドの本質です。

すべての人々にイエスをもらおうとすると、結局は誰の心にも響かず、ブランディングは失敗してします。
自己満足に至るブランドアイデンティティを作るのに苦心するのではなく、ターゲットに対して挑戦するほうが、ブランドの役割は発揮されやすいのです。

3. 現ブランドの問題点を考察しよう

3.jpeg
画像引用元:pexels.com

リブランディングのきっかけはさまざまですが、リブランディングを行う企業のほとんどは、現状のブランドデザインが真のターゲットに響いていないから、ブランドの再構築を行おうと決断しているものです。
つまり、その問題点が解決されない限りは、リブランディングを行っても全く役に立たないものになってしまうでしょう。

ブランドと言えば、ロゴデザインや配色にばかり目が行ってしまいますが、要するに「どのように認識されているか?」ということがブランドです。
細部に問題がある場合もあれば、ブランド全体の統一感や一貫性がないためにブランド力が乏しい場合もあるので、細かく分析を行っていきましょう。

4. 自社の強み(コア・コンピタンス)を分析しよう

4.jpeg
画像引用元:pexels.com

一方で、自社の強み(コア・コンピタンス)を明確に位置付けるのも、ブランド策定において非常に役立つ事項であることは、言うまでもありません。

dropbox.png
スクリーンショット:2017年11月

先日リブランディングを行ったDropboxは、ホームページ上で*「創造力」という言葉を何度も使っており、クラウドストレージとしての創造性をブランドに当て込んでいるようです。
このリブランディングが功を成すのかを決めるのは時期尚早ではありますが、
「他社になくて、自社にある」強み*をブランディングに活かす方向性は、決して間違っているとは言えないでしょう。

5. 「誰に、どう認知されたいか?」を決めよう

5.jpeg
画像引用元:pexels.com

同じような商品を提供しているにもかかわらず、販売価格が雲泥の差であるマーケットがいくつも存在します。
腕時計はそのひとつで、数千円で販売されているブランドもあれば、1本数百万円以上もするブランドもあるのは、後者が「誰に、どう認知されたいか?」を決めているからです。

例えば、スイス発の高級腕時計ブランドウブロ(HUBLOT)の強みは、*「フュージョン」と呼ばれる、異なる素材を組み合わせた機械式時計のブランドアイデアです。
イタリアのファッション界で受け入れられたのをはじめとしてヨーロッパ王族、ワールドカップの選手も御用達で、1本1本手作りの
「クラフトマンシップ」*も、ウブロのブランドを支える重要なイメージとなっています。

誰に、どのように認知されたいか。
その問いに答えることが、ブランドを確定する出発点と言っても過言ではないでしょう。