日々データをまとめる作業は、多くの時間を消費してしまいます。エクスポートする時間も加味すると、どうにか効率化できないものかと考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで、Googleアナリティクスを使ったレポートの出し方やレポートを活用した自社サイトのアクセスアップ方法を解説します。日々のデータ管理業務を簡潔に行いたいサイト運用者は、ぜひ参考にしてみてください。

「ユーザー行動分析」と「ユーザー行動予兆」での次の一手がわかる世界No.1のプロダクト解析ツールはこちら

「ユーザー行動分析」と「ユーザー行動予兆」での次の一手がわかる世界No.1のプロダクト解析ツールはこちら

行動分析のみならず、サービス改善の示唆をだし、施策系ツールとのデータ連携を実現。

Googleアナリティクスのレポート機能とは

Googleアナリティクスには、自動でレポートを出す機能があります。レポート機能には「マイレポート」と「カスタムレポート」の2種類があり、それぞれ異なる目的を持っています。各レポート機能の概要は、下記のとおりです。

マイレポート
標準的なレポート作成機能

カスタムレポート
条件を付加した特定のレポート作成機能

次の章からマイレポートとカスタムレポートの作成方法を画像付きで詳しく解説します。

Googleアナリティクスでマイレポートを出す方法

Googleアナリティクスでマイレポートを出す手順は、おおまかに4つにわけられます。それぞれ確認していきましょう。

1.Googleアナリティクスにログインする

まずは、Googleアナリティクスにログインしてください。

2.レポートを作成したいサイトのビューに移動する

自社で複数サイトを運営している場合、複数のプロパティ(サイト)を登録している可能性があります。まずは、レポートを作成したいサイトのビューに飛びましょう。

「すべてのウェブサイトのデータ」横にある逆三角形をクリックしてください。

image5.png

次に、レポートを出したいプロパティを選択してください。

image1.png

3.画面の左側からマイレポート一覧をクリックする

画面の左側にある「カスタム」を押し、「マイレポート一覧」をクリックしてください。

image4.png

4.「作成」をクリックする

「作成」をクリックし、「空白のキャンバス」または「デフォルトのマイレポート」を任意で選択してください。

image2.png

名前をつけたら、横にある「マイレポートを作成」をクリックしましょう。

例えば、「今週のレポート」として、「コンバージョンが達成されたセッション」や「コンバージョンに至ったユーザー」などの数字を出せます。

image6.png

この方法で、Googleアナリティクスでマイレポート出すことができます。