ここ数年のスマホやタブレット端末の急速な普及により、世の中にすっかり浸透したSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)。

総務省の「平成27年度版 情報通信白書」によると、各サービスの国内利用率は、LINE(37.5%) 、Facebook(35.3%)、Twitter(31.0%)、数年前より流行り始めたインスタグラムは6.0%という結果が出ています。(調査時期:2015年3月・対象:13歳以上の男女2000人)。

参考
総務省|平成27年版 情報通信白書|SNSの利用率

メッセージや通話は多くの人が日常的に使う機能であり、その二つを兼ね備えたLINEが最も多く利用されているようです。LINEは一般的にはSNSというよりはメッセージアプリとして分類されますが、グループ機能などコミュニティを形成するSNSの要素も含まれているといえます。

年代別では、主に利用する層は20代~40代で、特に20代以下の利用率が高く、なかでもTwitter、Instagramの利用率がほかの世代より高いことがわかりました。また、FacebookとTwitterは年代が上がっても一定の割合をキープし、60代以上のシニア層にもこの2つを軸としたSNSの利用がみられます。 

今回は国内主要SNS(Facebook・Twitter・Instagram)に加えて、急成長を遂げているSnapchatを加えた4つのSNSに焦点を当て、直近のユーザー数や機能をまとめました。

自社がおさえておくべきSNSがわからない、これからどのようなSNSが流行するのか知っておきたいと言う方は是非チェックしてみてください。

Facebook:ついに世界ユーザーが16.5億人越え

1.JPG
https://ja-jp.facebook.com/

・MAU(月間アクティブユーザー数) 16億5000万人
・DAU(日間アクティブユーザー数) 10億9000万人
・日本国内のMAU(月間アクティブユーザー数) 2500万人

(2016年3月末時点 参考:会社情報 | Facebookニュースルーム

Facebookの「実名登録」「時系列ではないエッジランクでの表示」「友達の友達まで投稿が届く仕組み」という3つの特徴が、30代以降にもよく利用されている大きな要因かもしれません。

ネット上にリアルな人間関係を持ち込むことのできるほぼ唯一のSNSであるFacebookは、ビジネスにおける人脈構築に適しています。Facebook上で広告配信をする際にも、年齢や地域などユーザー属性を把握しやすく、シェアによる拡散効果も期待されます。

2016年1月からは「いいね!」ボタンが拡張され、表情マークとともに「超いいね」「すごいね」「悲しいね」など5つのリアクションがプラスされています。

Twitter:日本のユーザー増加率が世界一に

2.JPG
https://twitter.com/?lang=ja

・MAU 3億2千万人
・日本国内のMAU 3500万人

(2015年12月時点 参考:Twitterが国内ユーザー数を初公表 「増加率は世界一」

公式発表によると、日本法人がスタートした2011年から5.2倍増と、MAU増加率では日本が世界トップになったようです。
企業や媒体により調査時期は異なりますが、日本のユーザー数はこの公式発表時点でFacebookを上回っていると知れます。そして、これまで若年層が中心でしたが、30代~40代のユーザーも増加傾向にあります。

匿名性で140文字のテキスト投稿のため、気軽に発言しやすい点が特徴のTwitter。そのためリツイートで爆発的に拡散しやすく、時系列表示なので常に最新の情報が流れます。Yahooとの連携をはじめとしたリアルタイム検索では、ニュースや今話題になっている事柄について多数の人がツイートしています。

ロボットのようにつぶやくbot(誰でも作成出来る自動発言システム)なども人気で、架空の人物の発言も楽しめるのはTwitterならではです。
2015年10月からはアンケート機能が実装され、誰でも2択の簡単な質問分を作成・投票参加出来るようになっています。

インスタグラム:国内利用者1000万人突破

3.JPG
https://www.instagram.com/instagramjapan/?hl=ja

・MAU 5億人
・DAU 3億人
・1日にシェアされる写真:9500万枚

(2016年6月時点 参考:instagram Press News

基本的に、モバイルのみで利用するインスタグラム。パソコンからも閲覧は可能ですが、投稿するには別の専用アプリ(Gramblr.やInstaPic)が必要です。
日本ユーザー数の公式発表はありませんが、ニールセンの分析によると、インスタグラムの国内利用者数は2016年4月に1000万人を突破しているようです。(スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」をもとにスマホアプリの利用状況を分析)
(参考:http://www.netratings.co.jp/news_release/2016/05/Newsrelease20160531.html)

国内だけで昨年から500万人以上もユーザー数が増加しており、驚異的な成長ぶりです。

スマホで撮影した写真をインスタグラム内のフィルターで加工し、コメント付きでアップするのが一般的な利用方法で、FacebookやTwitterなどほかのSNSと連動可能です。
ファッションや芸能人への興味が深い10代~20代、最近では30代~40代の女性の利用も増加傾向にあるようです。

投稿が届くのはフォロワーのみで、拡散機能がありません。そのため、ハッシュタグを複数付けて検索されやすいように投稿する文化を持ち、最近ではハッシュタグを利用したキャンペーンを実施する企業もあります。

Snapchat:日本でもブーム到来の兆し?

4.JPG
https://www.snapchat.com/l/ja-jp/

・DAU 1億1000万人
・1日の動画視聴回数 100億回

(2015年12月時点 参考:好調Snapchat、シリーズFで18億ドル調達―取締役会資料で評価額、売上、ユーザー数も判明 | TechCrunch Japan

2011年より普及し始めたSnapchatは、世界で大流行し、日本でも若者の間で“スナチャ”と呼ばれて人気が出始めています。DAUは前年同期の7400万人から50%弱の成長。尚、こちらの記事によると最近では1億5000万人を突破し、Twitterを抜いたという報告もあります。

参考
Snapchatが1日のアクティブユーザー数でTwitterを抜く : ギズモード・ジャパン

Snapchatの最大の特徴は、投稿した写真や動画が最長10秒間のうちに消えてしまう点にあります。
シェアやデータがログで残ることもありません。スクリーンショットなどで保存は可能ですが、その場合は送信者に通知がいきます。

タイムライン的な機能を持つ「ストーリー」に追加すれば24時間は閲覧可能です。
また、一度だけリプレイ出来る機能や、顔認識ソフト実装によりエフェクトなど、随時新しい機能が盛り込まれています。

Snapchatは「すぐ消えてしまうから気軽に使える」と若者を中心に絶大な支持を獲得しています。
一部の企業でもこのアプリ特有の“はかなさ”やユニークさを活用した動画広告を展開しています。

まとめ

飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続ける主要SNSがある一方で、「SNS疲れ」が広がっているのも事実です。今後はログが残らずストレスの少ないSnapchatなどの消える系アプリが人気を博していくのかもしれません。

参考
若者のフェイスブック離れが進む“SNS疲れ”の深層|データで読み解くニッポン|ダイヤモンド・オンライン
Snapchatにはどんな「快楽」があるのか、若者がハマる理由 | AdverTimes(アドタイ)

あるいは、FacebookやTwitterユーザー拡大に向けて、新たな動きを見せるかもしれません。

個人で楽しみたい時も仕事に活かす時も、常にSNSの最新動向とユーザーの心理に合った活用法を考えていきたいものです。