Facebookのタイムラインでは、テキストで書かれた投稿や写真、動画などさまざまな情報が流れています。
その中には、あまり気に留めずに閲覧するコンテンツだけではなく、保存しておいきたいコンテンツもあるでしょう。

写真についてはFacebookのタイムライン上からそのままカメラロールに保存することができますが、動画は保存することができません。
しかし有力な情報となる動画やお気に入りの動画などは、保存しておいて見直したくなるものです。

今回は、Facebookのタイムライン上で閲覧した動画を保存して、後から見直す方法と外部サービスを利用して、動画をダウンロードする方法をご紹介します。
パソコン、iPhone、Androidと利用しているデバイスごとにオススメの保存方法が異なりますので、使用環境に合わせて保存方法を選択してください。

目次

  1. Facebookに保存する
  2. 外部サービスを使用する
  3. Facebook動画ダウンロード
    1. 4K Video Downloader
    2. Clipbox
    3. Video Downloader for Facebook
    4. Dropbox
  4. まとめ

1.Facebookに保存する

動画をFacebookに保存しておく方法です。
この方法ではパソコンやスマートフォン上には保存されませんが、Facebook上に保存しておくことができます。

1.jpg
まず、保存したい動画の右上に表示されているチェックマークをタップします。

2.jpg
するとメニューが表示されるので「この動画を保存」を選択してください。
これでFacebook上での保存は完了です。

3.jpg
動画を後ほど確認する際は、まず画面下のメニューのうち一番右端のアイコン(画像赤枠部分)をタップしてください。

4.jpg
メニューが表示されますので「保存済み」をタップしてください。
ここで保存した動画を閲覧することができます。

2.外部サービスを使用する

Facebook公式のサービスではありませんが、Facebookのタイムライン上に表示されている動画を保存できる無料の外部サービスをご紹介します。
公式のサービスではないため、サービスが予告なく終了する場合がありますので注意してください。

Facebook動画ダウンロード

5.png
http://www.downloadvideosfrom.com/jp/

ダウンロードしたい動画のURLをコピーしてボックスに入力します。
その後ファイル形式を選択すれば、ダウンロードが始まります。
なお、このサービスを使用する際は、容量の大きさからパソコン上で行うことをオススメします。

4K Video Downloader

6.png
https://www.4kdownload.com/ja/products/product-videodownloader

動画を保存できるアプリです。
MacまたはLinuxを使用している方には、このアプリがオススメです。
アプリをインストールしたら、先にご紹介した「Facebook動画ダウンロード」と同様に、動画のURLをコピーしてファイルの形式を選択するだけでダウンロードすることができます。

Clipbox

7.png
https://itunes.apple.com/jp/app/clipbox/id437758919?mt=8

iPhoneを使用している場合は、このアプリを使用することでスマートフォンのカメラロール上に保存しておくことができます。
これはFacebookだけではなく、YouTubeなどの動画を保存することも可能です。

Video Downloader for Facebook

8.png

Android端末を使用している場合は、このアプリを使用してください。
2019年3月時点でサービス終了

Dropbox

dropbox.jpeg
https://itunes.apple.com/jp/app/dropbox/id327630330?mt=8

クラウドデータ管理ツールで多くの人が利用している、DropboxもFacebookの動画を保存できます。

まとめ

Facebookには、日々さまざまな情報が流れています。
その中には、ツールの使用方法や設定方法など業務にも活用出来るコンテンツも多々あります。
有力な情報は保存しておくと、後から何度でも見直すことができて非常に便利です。

ただ、あくまで私的利用を前提とすることを心がけましょう。
ダウンロードした動画を商用利用した場合は著作権侵害となります。
また、違法にアップロードされた動画をダウンロードした場合も著作権の侵害となりますので注意しましょう。

合わせてチェック

Facebookページのカバーを動画に変えよう!手順と参考事例3選

Facebookページのカバーを動画に変えよう!手順と参考事例3選

今回は、Facebookページ・個人アカウントにおけるカバー動画の設定方法と、国内外の導入事例3選をご紹介します。特に企業等がFacebookページを運用している場合、カバー動画を導入することでこれまで以上に表現の幅が広がりますので、実装済みであれば試してみることをオススメします。なお、この機能は順次提供が開始されるため、未実装の場合もありますので注意してください。また、開発段階であるため記事執筆時点(2017年6月22日)以降、機能が拡大する・動画要件の変更などの可能性もあります。

今さら聞けない!でも知っておきたい!Facebookメッセンジャーの便利機能5つ

今さら聞けない!でも知っておきたい!Facebookメッセンジャーの便利機能5つ

みなさんはメッセージのやり取りをする際に、どのツールを使用していますか。日本でよく使用されているメッセージツールと言えばLINEが真っ先に挙げられます。とはいえ、TwitterやインスタグラムなどのSNSでもダイレクトメッセージ機能を使用すればメッセージの送受信が可能です。もちろん、メールや電話番号を使用したSMSでのやり取りもできます。さまざまなツールがあるため、相手との関係性やどのツールが相手とのやり取りに都合が良いかによって使い分ける必要はありますが、各アプリでできることを確実に把握できているでしょうか。今回は、Facebookのメッセンジャーを使用してメッセージを送受信する際に、今さら聞けないけれど知っておきたい機能5つをご紹介します。普段からメッセンジャーを使用している方はもちろん、あまり使用しない方もぜひ本記事を一読して、常時利用のメッセージツールの1つとして候補に挙げてみてはいかがでしょうか。