運用型広告を利用する中で、より高い成果を得たいものの何をするべきか分からず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。CPCやCPAが目標値よりも高かったり、CV数の目標が達成できなかったりする場合、まずはその原因を知ることが重要です。

この記事では、運用型広告が伸び悩む原因について解説します。自社で広告を運用しているマーケティング担当者の方や、広告代理店の運用担当者の方はぜひ参考にしてください。

運用型広告で成果が伸び悩む原因とは?

運用型広告で成果を伸ばすためには、大前提として適切なターゲティング設定や広告クリエイティブの作成が必須です。

しかし、ターゲティングやクリエイティブについて試行錯誤を続けているにもかかわらず目標達成できないケースでは、広告設定以外に別の原因が考えられます。

その原因とは、「目標設定自体に誤りがある」ということです。広告設定の正しい知識を持っていたとしても、目標数値の定め方がそもそも誤っている場合、効果的な施策に取り組めません。

一般的に、広告運用の指標として扱われるCPCやCPA、CVRなどには、実現可能な限界値があります。そのため、限界値について考慮せずに、次のような方法で目標を設定してしまうことが伸び悩みの原因です。

  • 特に根拠を持たず、自社が希望する数値を目標として設定している
  • 過去の自社実績を上回ることだけを念頭に目標を設定している

広告運用における各指標の限界値は、市場や競合他社などの影響を受けて決まります。そのため、上記のような方法で定めた目標が実現可能な限界値と乖離している場合、広告施策にどれだけ注力しても目標を達成できません。

改善できる余地を見落としている可能性も

広告運用がうまくいっていると感じている場合でも、実際には改善できる余地が残っている可能性があります。自社で設定した目標値が、実現可能な限界値に達していない場合は、機会損失となるため注意が必要です。

運用型広告で成果の“のびしろ”を見つけるためには、競合や市場の状況を踏まえて正しい目標値を設定する必要があります。

競合のデータを基に広告指標の限界値が見極められる『FARO AD TREND』

運用型広告で正しく目標設定するための指標として、業界の平均値が有用です。『FARO AD TREND』を使うと、競合他社の運用データを基に広告指標の平均値を知り、自社の広告運用に活かすことができます。

『FARO AD TREND』の詳しい特徴は以下の通りです。

7,000件以上の広告アカウントに基づくデータと比較が可能

FAROADTREND-1.png

『FARO AD TREND』で確認できる各業界の平均値は、広告運用サポートサービス「FARO AD REPORT」に接続した7,000件以上の広告アカウントの匿名データをもとに算出されます。業界の平均値と自社の実績を比較し、施策ののびしろを見つけることが可能です。

広告運用指標の平均値を確認できる業界には、人材業界や住宅・不動産業界、教育業界、アパレル業界など27業種が含まれます。

Google広告やYahoo!広告のほか主要なSNS広告にも対応

『FARO AD TREND』では、数多くの運用型広告に関するデータを見ることが可能です。対応しているメディアとして、以下の広告媒体が挙げられます。

  • Yahoo!広告(検索、YDN)
  • Google広告(検索、GDN、YouTube)
  • Facebook広告(Facebook、Instagram、Audience Network、Messenger)
  • Twitter広告

YouTubeの広告に関しては、買い切り型の広告ではなく、Google広告の管理画面から確認できる出稿形式が対象です。

主要な運用型広告を幅広くカバーしているため、様々な広告施策を行う企業で役立ちます。

確認できる指標はCTR、CPC、CVR、CPAの4種類

『FARO AD TREND』で確認できる指標は次の4種類です。

  • CTR(クリック率)

広告の表示回数に対して、広告がクリックされた割合の業界平均値が確認できます。

  • CPC(クリック単価

広告1クリックあたりにかかった広告費の業界平均値が確認できます。

  • CVR(コンバージョン率)

広告のクリック数に対して、コンバージョンが獲得された割合の業界平均値が確認できます。

  • CPA(コンバージョン単価

コンバージョン1件あたりにかかった広告費の業界平均値が確認できます。

『FARO AD TREND』の活用例

ここからは、『FARO AD TREND』の具体的な活用例について解説します。広告運用指標の業界平均値と自社アカウントの実績を比較すると、以下のように成果を伸ばすことが可能です。

CPCの改善で広告のクリック数を増大

FAROADTREND-3.png

CPCを改善すると、同じ予算であっても広告のクリック数を増やすことができます。

例えば、CPCの自社実績が351円で、業界平均が200円の場合、改善できる可能性が高いです。CPCが351円から270円まで改善できると、同じ広告予算で得られるクリック数は約30%増加します。

一般的に、CPCを改善するためには、広告のクリエイティブを改善する施策が効果的です。

Google広告の場合、広告のクリエイティブを改善し「品質スコア」と呼ばれる指標を高めると、CPCを下げることができます。他の広告媒体においても、CPCを改善するための基本的な流れは同様です。

『FARO AD TREND』でCPCに改善の余地を見つけた場合、クリエイティブを見直し、より多くのクリック数を獲得しましょう。

CPAの改善でCV数を増大

FAROADTREND-2.png

CPAを改善すると、同じ予算であってもCV数を増やすことができます。

例えば、CPAの自社実績が12,500円で、業界平均が5,000円の場合、より低コストでコンバージョンを獲得できる可能性があります。CPAを12,500円から8,333円に改善すると、同じ広告費で獲得できるCV数を50%増やすことが可能です。

CPAを改善するための施策として、CPCを下げたり、CVRを上げたりする方法があります。

ただし、単に入札単価の調整でCPCを下げるだけでは、広告の表示回数が減ってしまう可能性が高いです。前述の広告クリエイティブを改善する方法で広告の品質を高めてCPCを下げれば、表示回数を保ちつつCPAを下げられます。

また、リンクページの内容を見直してCVRを高めると、CPCが変わらなくてもCPAを改善できます。

『FARO AD TREND』ではCPCとCVRの業界平均値を両方確認できるため、どちらの施策を優先するべきか判断することが可能です。のびしろがより大きい指標の改善に注力し、CPAを効率よく最適化しましょう。

CPAの低いメディアを見つけて予算を集中

FAROADTREND-4.png

『FARO AD TREND』を導入すると、メディアごとのCPAを確認することが可能です。より低いCPAでコンバージョンを獲得できるメディアが見つかれば、予算配分を集中させることでCV数を増やせます。

例えば、ある業界におけるCPAの平均値が、Yahoo!広告で8,000円、Google広告で5,000円だったとします。CPAの自社実績がYahoo!広告Google広告ともに12,5000円だった場合、Google広告のほうが改善できる見込みが高いです。

そこで、Google広告のCPAを改善したうえで予算配分をGoogle広告に寄せると、全体のCV数が増大します。

また、『FARO AD TREND』では数多くの運用型広告に関するデータが確認できるため、現在自社で取り組んでいないメディアから、高い費用対効果が見込めそうなものを見つけることも可能です。

『FARO AD TREND』で運用型広告の最適化を!

運用型広告の成果を伸ばすためには、データに基づく正しい目標設定が重要です。『FARO AD TREND』で業界平均値を知ることで、各指標で実現可能な限界値を見極め、広告施策ののびしろを発見できます。

広告代理店では業界トレンドを把握し、クライアントへの報告書に盛り込めることもメリットです。自社で広告を運用する企業では、最新の業界データと自社の実績をリアルタイムで比較できます。

さらに、『FARO AD TREND』を契約すると、レポート自動作成ツールのFARO AD REPORTも追加費用無しで利用可能です。FARO AD REPORTの機能により、広告運用やデータ集計を効率化できます。また、有償でGoogle Data Portalによるダッシュボード化にも対応しています。

今なら『FARO AD TREND』のリリース記念として、初期費用が50,000円オフ、さらに有償のGoogle Data Portalによるダッシュボード化が無償で付いてくるキャンペーンを実施中です。興味がある方はぜひ、以下のリンクから『FARO AD TREND』をチェックください。