Facebook運用をご担当されている皆様、掲載する画像サイズは意識されていますか?
Facebook投稿においては、ユーザーからの反応を得るために、画像が大きく影響すると言われています。

綺麗に表示されている画像であれば目に止まりやすくなり、目に止まれば、そこから何かしらのエンゲージメントが生まれる可能性も高くなります。画像を綺麗に表示させるためには、Facebookが規定している画像サイズを知っておく必要があります。

今回は、Facebookの各画像毎のサイズをご紹介します。
写真投稿の場合とリンクシェアした際のアイキャッチ画像の大きさも違うのでチェックしておきましょう。

カバー画像・プロフィール画像のサイズ

***

カバー写真:幅851px×高さ315px
プロフィール写真(アイコン):幅160px×高さ160px

カバー写真はかなり横長なサイズで、通常の比率(4:3)の画像を当て込んでしまうと部分的にしか表示されません。また、元画像は最低でも幅399px、高さは150pxのサイズ以上でないと設定できないので注意が必要です。
理想的なのは、幅851px×高さ315pxのカバー画像を作成することです。左下にプロフィール写真が重なって表示されるので、それも考慮したうえでデザインすることをオススメします。

投稿時の画像サイズ

***

投稿用画像:幅470px×高さ394px(最大)

Facebookページに画像を投稿した際、最大で上記のサイズで表示されます。
横幅の方が大きい場合は横幅が470pxになるように調整され、逆に縦幅が大きい場合は394pxになるように大きさが調整されます。
調整されると画像がフルで表示されないので、なるべく幅470px×高さ394pxのサイズの画像を用意するようにしましょう。

ホームページのリンクを貼った投稿をした場合のアイキャッチ画像のサイズ

***

アイキャッチ画像:幅628×高さ628px(最大)

Facebookページリンクシェアした時、リンク先のページに設定されているアイキャッチ画像が表示される際は上記のサイズで表示されます。
通常の投稿画像と同じく、横幅や縦幅が規定値よりも大きい場合は範囲内に収まるよう調整されます。アイキャッチはホームページ内や他のSNS、メディアでも表示される部分のため、Facebookの仕様に100%合わせる必要はありませんが、Facebook上でのプロモーションを重視している場合は意識した方が良いでしょう。

まとめ

Facebookページの投稿でユーザーからの反応を得たいのであれば、何かしらの(できれば喜びや笑いといったプラスの)感情を刺激する必要があります。その際、テキストのみの投稿よりも画像が添えられていたほうがより訴求しやすくなります。
反応を得られやすい投稿については、こちらの記事で詳しく解説されています。
Facebookページで反応を得られる投稿方法

投稿時のサイズ感をしっかり把握したうえで、どのようなテキストで、どのような画像を掲載すれば多くのユーザーに喜んでもらえるのかを考えましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

このニュースに関連するカリキュラム

FerretにはFacebookを基礎から学べるカリキュラムが充実しています。この機会にあなたもFacebookを学んでみませんか。