今や企業や店舗などのマーケティングには欠かせない存在となりつつあるFacebookページですが、あなたは上手く活用できていますか?ホームページの代わりに使ったり、情報をこまめに発信してお客様とコミュニケーションをとったり、Facebook広告を出稿してページのファンを増やしたりと、さまざまな使い方ができます。
今回は、そんなFaceboookページの基本をご説明します。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

Facebookページとは

1.jpg
https://www.facebook.com/ferretportal

Facebookページとは、Facebook内に個人アカウントとは別に開設できるページです。企業・ブランド・団体などが、ユーザーとの交流や情報発信を目的として運営するのが一般的です。個人ページとは別に作成でき、複数の人が管理人として運用できます。企業などでも管理しやすいのが特徴ですが、Facebookに登録済みであれば、Facebookページは誰でも作成可能です。

Facebookページと個人ページの違い

Facebookを使い慣れていない人にとって、Facebookページと個人ページの違いはすこしわかりにくく感じるかもしれません。ここでは、その違いを解説します。

1.ビジネス向けの機能が豊富

Facebookページには「インサイト」というアナリティクス機能がついており、投稿がどれくらいの人にリーチしたのか、「いいね!」されたのかといった情報が見られます。アクセス解析をして企業のマーケティングやPR活動に生かすことができます。広告の出稿・結果分析も可能です。

また、個人ページはFacebookにログインしていない人は見られませんが、Facebookページはログインしていなくても閲覧でき、GoogleやYahoo!などの検索エンジン検索結果にも表示されます。Facebook内に開設するホームページのようなイメージです。

2.複数人でページを管理可能

個人ページは、基本的にログイン情報を知っている本人しか利用できません。しかし、Facebookページは作成した本人以外のアカウントを「管理者」として指定でき、複数人での運営が可能です。管理者の権限も複数選択でき、企業のマーケテイングチームや店舗スタッフなど複数名で管理したいときに便利です。

3.個人ページはアカウントにつき1つだけ、Facebookページは複数作成可能

Facebookページを作成する場合には個人アカウントが必要になりますが、個人アカウントは実名登録で、原則として1人1アカウントしか作成できません。しかし個人アカウントとして管理するFacebookページは目的別・団体別など複数ページ作成可能です。個人の情報とは紐付きません(紐付けることも可能)。

4.ユーザーは「友達」ではなく「ファン」と呼ぶ

個人ページは、プライバシー設定にもよりますが、友達申請・承認を通じて友達になると、その人の投稿を閲覧できるようになります。互いの合意をもってつながるのです。
一方Facebookページには、友達申請のシステムはなく、Facebookページにいいね!をしてもらえると、継続的にその人のニュースフィードにFacebookページの投稿が流れるようになります。いいね!をしてくれた人は、友達ではなく「ファン」と呼びます。

ファンの数には上限がなく、基本的にはファン数は多いほど、多くの人にアプローチできるということになります。Facebookページとして個人の投稿に「いいね!」やコメントはできませんが、自分のFacebookページに書き込まれたコメントには返信ができるので、ぜひファンとの交流を楽しみましょう。
また、Facebookページとしてファンからメッセージを受け取ることも可能なので、問い合わせ窓口としても使えます。

<Facebookページと個人ページの違い>

2.jpg

番外編:Facebookグループとは

これまで紹介してきたFacebookページとは別に、Facebookグループというものがあります。Facebookグループとは、趣味やビジネスなどの共通のテーマのもとにメンバーを集め、情報を共有したり交流したりできる機能です。

どちらも個人ページとは別に作成できる点、複数人で管理・運営が可能な点はFacebookページと共通しています。一方、Facebookグループは招待した人以外には一切見えないようにしたり、投稿内容のみを非公開にしたりなどのプライバシー設定が可能で、より特定のグループでの情報共有や交流に特化しています。

コミュニケーションに特化した便利な機能が豊富

Facebookグループでは、グループに参加している者同士でのメッセージの交換はもちろん、動画・画像・ワードやエクセルファイルまで簡単に共有できます。同時編集可能なドキュメントも共有可能です。

また、Facebookグループは近年Facebook社が力を入れている機能のひとつであり、管理者向けの機能が拡充されています。最近では、グループインサイト(アクセス解析)が使えたり、メンバープロフィール、投稿予約などの機能が追加されたり、ますます便利になってきています。
コミュニティ運営に活用できる機能なので、理解しておきましょう。目的によってはFacebookページよりFacebookグループのほうが適していることもあります。

まとめ

Facebookページとはなにか、個人ページとFacebookページの違いを解説しました。Facebookページには、企業・ブランド・団体などがビジネスに活用できるよう魅力的な機能が備わっています。誰でも簡単にページ開設ができますので、まだ作ったことがないという方は、この機会にさっそく始めてみてはいかがでしょうか。