Facebookはユーザーのニーズに合わせて、新しい機能追加や操作画面の変更など、常にバージョンアップを繰り返しています。
Facebookを運用する企業担当者も更新される情報に追い付き、その都度、機能を使いこなしていくのは骨が折れる作業ではないでしょうか。

ちなみに、それはFacebookを対象にして出稿するFacebook広告でも同様で、広告の形式や指標の変更など多くの機能変更(更新)がこれまでにも行われてきました。
今回は、2016年に行われたFacebook広告の変更点で特に押さえておきたいポイントをご紹介します。

Facebook広告を運用している担当者の方は一年の総まとめとしてチェックしておきましょう。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

2016年に実装された新機能

2/26 キャンバス広告の実装

キャンバス広告.png
ブランドや製品の魅力をフルスクリーンで伝えるモバイル専用の「キャンバス広告」を正式リリース

キャンバス広告とはクリックすると画面いっぱいに広告が表示され、広告内で画像をスクロールすることができる新しい広告の表示方法です。

ユーザーにとってのメリット
・ホームページよりも早い読み込み速度で、商品やサービスの内容を把握できる

広告主にとってのメリット
・商品の魅力を全画面で伝えることができる
・広告内でスクロールすることができるので今までにない広告の表現方法ができる

  

11/30 Creative Hubの実装

クリエイティブハブ.png
クリエイティブハブ

Facebook広告を実験的に作成したり、そのデータを他の人と共有できるツール「Creative Hub(クリエイティブハブ)」。限定30社の試験利用を経て、全ての広告主がCreative Hubを利用できるようになりました。

Facebookだけではなくインスタグラムにも対応しており、他の広告主が作成したデータを見ながら広告を作成できます。
ユーザーに対してどのように表示できるか、を動作確認できるので、動画広告やキャンパス広告など動きのある広告の事前確認に役立ちます。

広告主にとってのメリット
・他の企業の広告を参考の自社の広告が作れる
・広告出稿前に動作確認が行える
・チームメンバーと広告のデータを共有できる

参考:
Creative Hubが世界中の広告主およびクリエイティブコミュニティで利用可能に
  

機能の拡張

2/12 動画広告のキャプション自動生成

動画広告を作成する際に、その動画がどのような内容なのかの説明文(キャプション)を自動で付けられるようになりました。
また、どれだけの人が音声付きで広告の再生を行ったのかを確認できるようにもなりました。

ユーザーにとってのメリット
・動画再生前に、動画の内容を確認することができる

広告主にとってのメリット
・動画広告のキャプションを手作りする手間が省ける
・自社の動画が音声付で見られている割合を知り、音声のニーズに合わせた広告の改善を行える

参考:
[Facebook動画広告にキャプション自動生成ツールを追加]
(http://ja.newsroom.fb.com/news/2016/02/automatedcaption/)
  

3/11 リード獲得広告の機能がパワーアップ

2015年10月にリリースされたリード獲得広告について、複数の機能が追加されました。
リード獲得広告とは広告自体に入力フォームを設置し、直接資料請求やイベントの参加申し込みが行える広告の形態です。

今回の更新により、一度作成した入力フォームを他のリード広告獲得広告へと使い回すことができるようになりました。
また、広告で得た顧客情報を、Constant Contact、InfusionSoft、Sparkroom、Salesforce Marketing Cloudなどの新たなCRMと連携できるようになり、顧客へのアプローチを効率的に行えます。

広告主にとってのメリット
・リード獲得広告のフォームを他の広告に流用できる
・リード獲得広告で得た顧客情報とCRMを連携できる

参考:
Facebookのリード獲得広告がより便利に、より効果的に
  

5/27オーディエンスネットワークのリーチ拡大

オーディエンスネットワークとは、Facebook広告のターゲティング機能を活かしながら、「グノシー」や「ジョルダン乗り換え案内」などFacebook以外のスマートフォンアプリやホームページ広告を出稿できる機能です。

今回の更新では、ターゲットの中に、Facebookのアカウントを持っていないユーザーも含まれるようになりました。Facebook以外に出稿した広告からのアクセス数やコンバーションも計測できるようになり、広告の効果測定が高まったのもポイントです。

 広告主にとってのメリット
・Facebookの高いターゲティング精度を使いながら、Facebookを利用していない顧客へと広告を表示できるようになる
・オーディエンスネットワークの効果測定として正確な数値を把握できる

参考:
【Facebook】オーディエンスネットワーク広告とは? 気になる効果と今後の展望について
Facebookオーディエンスネットワークのリーチを拡大
  

8/9ユーザーの広告管理機能が強化

スクリーンショット_2016-12-13_18.29.21.png
画像のように、ユーザー自身が広告表示を管理できる機能が追加されました。
自分の関心のある分野を変更したり、関心のある分野に関連する広告を表示するかどうかの設定を行えます。

ユーザーにとってのメリット
・自分の興味のある分野の広告のみを見ることができる

広告主にとってのメリット
・興味のある人にのみ、広告を表示させることができる

参考:
Facebookに表示される広告の新しい管理方法と、広告ブロック機能のアップデート
  

8/30クーポン機能の一新

Facebookのクーポン広告では、広告から直接飲食店の割引券のようなクーポン券を表示させられます。
今回の更新では、アカウント画面から今まで配信したクーポンを一度に見せることができるクーポンタブや、ユーザーが取得したクーポンを保存できるクーポンブックマークなどの機能が追加されました。

ユーザーにとってはクーポンを保存しやすく、広告主にとってはクーポンの利用率を高めることができるようになったのがポイントです。

 ユーザーにとってのメリット
・取得したクーポンをブックマークで保存できるようになった
・ホームページの移動の前に、クーポンのコードを暗記する必要がなくなる

広告主にとってのメリット
・アカウントページから今まで配信したクーポンを一度に見せることができる
・リマインダーによる通知でクーポンを取得したまま使用されないことを防げる
・ホームページへの移動による、クーポン画面からの離脱がなくなる

参考:
より使いやすくなったFacebookクーポン
  

12/7 パートナーカテゴリの提供情報の拡大

アメリカ、オーストラリアをはじめとする5ヵ国で利用されていた、アクシオム社が提供するオフラインでの行動データや顧客の属性データが日本でも利用できるようになりました。

以前からパートナーカテゴリの項目では、CCCマーケティング社より提供される実際の購買活動のデータを元にターゲットのカテゴリを選択できました。
今回データ提供先が増えたことにより、収入や消費スタイルなど、さらに細かいカテゴリでのターゲティングが可能となります。

参考:
Facebookの「パートナーカテゴリ」が日本でも広く利用可能に
[Facebook広告のターゲティング配信ソリューション「パートナーカテゴリ(Partner Categories)」において、アクシオムが日本でのデータ提供を開始]
(http://www.acxiom.jp/pr_2016-12-1/)
  

Facebook広告全般の情報

広告主が3月に300万人、9月に400万人突破

Facebookの広告主が2016年3月には300万人、9月には400万人を突破しました。
9月28日のリリースによると、全世界で400万人いる広告主のうち70%以上がアメリカ以外の広告主で、特に利用率の伸びがいい国は東南アジアでした。

参考:
[Facebookの広告主が全世界で300万突破]
(http://ja.newsroom.fb.com/news/2016/03/300milbusiness300milstories/)
Facebookの広告主が全世界で400万を突破
  

まとめ

Facebookでは常に新機能の実装や機能の改善が行われています。そのような更新は、継続して利用してもらうためにユーザーの変化するニーズに合わせた内容です。更新内容を見ることで、ユーザーに求められている広告のあり方を感じることができるでしょう。

特に2016年のFacebook広告において目立ったのは、如何にユーザーにとって有益な広告を表示するかという点です。ユーザーに不快感を与えないように個々人のニーズに合わせて広告を表示するため、パートナーカテゴリの充実やオーディエンスネットワークのリーチ拡大が行われました。
来年度も、より良い広告運用を続けていくため、更新される様々な機能を活用していきましょう。