ferret編集部:2015年2月11日に公開された記事を再編集しています。

インターネット上でアンケートを募集できるネットリサーチをご存知でしょうか。
今やマーケティング調査には欠かせない存在となったネットリサーチですが、サービスを提供している企業はたくさんあります。今回は2011年ごろから増え始めている「セルフ型ネットリサーチ」をご紹介します。

セルフ型ネットリサーチとは

従来リサーチ会社側が行っていた資料準備、調査票の作成・チェック、回答データの回収・分析をユーザー側で行うネットリサーチのこと。別名、DIYリサーチとも言います。

セルフ型ネットリサーチの種類

大きく分けて2種類あります。

A.アンケートモニターはユーザーが用意するタイプ
B.リサーチ会社が抱えているアンケートモニターに回答依頼もできるタイプ

Aはアンケートを作るだけですが、Bはモニターへの回答依頼まで可能。モニターの用意が自分でできない場合は必ずBタイプのリサーチ会社を選びましょう。

従来のネットリサーチとの違い

一部作業をユーザー側が担うことで納期は3分の1程度になり、費用も3分の1から5分の1、場合によっては10分の1の低価格を実現しています。
調査票の内容修正が柔軟に行えるのも大きな魅力です。従来はリサーチ会社に修正内容を伝えて修正後、内容確認をしていたところを、セルフ型ネットリサーチは自分で修正すればすぐに終わります。特に調査票の内容に修正が頻繁に入る場合はスピードが違います。

以下ではセルフ型ネットリサーチの種類別に主なサービスをご紹介します。

Aタイプ:セルフ型ネットリサーチ

1.Questant(クエスタント)

クエスタント
https://questant.jp/

ネットリサーチ大手マクロミルが提供する「Questant」。

動画の貼り付け、ランキングフォーム作成、アンケートフォームのQRコード化、豊富なテンプレートと多機能ながら、丁寧な説明でネットリサーチを初めて使う人でも迷うことなくアンケートフォームを作成できます。質問数10問/1アンケート・回答数100件/1アンケートの制限は付くが無料で使えるサービスがあります。小~中規模のリサーチには十分対応可能なので一度利用してみてください。

参考:
アンケートページが誰でも簡単に作成できるサービス「Questant」とは?

Bタイプ:セルフ型ネットリサーチ

2.Fastask(ファストアスク)

Fastask
http://www.fast-ask.com/

ATOKや一太郎で有名な株式会社ジャストシステムが提供する「Fastask」。
使ってみて驚いたのは、詳細な属性によるモニターの絞り込み(スクリーニング)機能。職業・性別・年齢・住んでいる都道府県はもちろん、利用沿線/最寄り駅・世帯年収・同居人の業種まで属性として設定できる。ターゲットを絞ったピンポイントのリサーチに最適です。

3.アンとケイト

アンとケイト
http://research.ann-kate.jp/

株式会社ボーダーズ提供の「アンとケイト」。
1問×1人×10円と安くてわかりやすい料金体系が売りで、安くても基本的な機能は十分備えています。
抱えている約100万人のモニターの属性を公開しているので、自分のリサーチターゲットの数を事前に確認できる。リサーチターゲットの数が見込めて、とにかく費用を抑えたいときにオススメです。

4.mind sonar(マインドソナー)

mind sonar

株式会社ゲインが提供する「mind sonar」。
絞り込んだモニターに対してチャット形式で質問・回答のやりとりができる「座談会」は、他のサービスにはない機能です。フリーフォーマットで質問できるので、より深いリサーチが可能となる。インタビュー・取材の代替、アイデア出しや仮設構築と使い方は自由自在です。
モニターの意見をもっと深く聞きたいと思った時にオススメです。

https://mind-sonar.com/index

5.Smart Survey(スマートサーベイ)

Smart Survey

株式会社リビジェンが提供する「Smart Survey」。
国内最大級1300万人のモニターを持ち、その9割が「10~30代のスマートフォンユーザー」。この属性が自分のリサーチターゲットに合っていれば、迷わずSmart Surveyがオススメです。スマートフォンユーザー特有のスピーディーな回答が1300万人から受け取れる。
独自の社内規定・審査基準システムによってチェックがかかり、でたらめな回答は排除して納品してくれるので、モニター数の多さや回答が速いだけでなく、回答の品質まで期待できます。

https://www.smartsurvey.jp/

まとめ

速く安くのセルフ型ネットリサーチの魅力、伝わりましたでしょうか。
セルフ型ネットリサーチの利点である短納期・低価格化によって、これまでマーケティング調査に力を割けなかった方も取り組みやすくなりました。時間と予算の関係で一度しかできなかったリサーチを複数回行うことも可能です。
上手に活用しユーザーの声を汲み上げてみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

EFOカリキュラム
EFOは入力項目の調整からはじめる
スマートフォン(スマホ)EFOの最適化ポイント

このニュースに関連するカリキュラム

EFOとは

EFOとは

ホームページを運営していますと、売上が増えない!そんな課題に頭を悩ませることも多いことでしょう。そのとき、焦りから、商品の金額変更、集客にテコ入れなど、手当たり次第に対応してしまいがちです。 しかし、本質的なところにこそ改善の余地があり、成果を上げるのに有効と言われています手段がEFO(Entry Form Optimization )=です。