未だ、ブログTwitter、Facebookなど、ソーシャルメディアを活用したプロモーションや制作を行えば、それが事業の収益化に結び付く(直結する)という認識の方も少なくないようです。

ただ実際は、そんな単純なことではありません。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

事業の収益化のためには、まず戦術を立てそのゴールを設定し、オンライン上、オフライン上での目標値を決定することから始まります。

そこで今回は、事例からSNSや3メディアを用いて消費者心理に訴求する方法を考えていきます。ソーシャルメディアやそれに近しいツールなどを活用した具体的な施策を企画・検討されている方は、ぜひオススメです。
  

そもそもソーシャルメディアとは?

5929_001b.jpg

ソーシャルメディアとは、インターネット上で不特定多数の人がコミュニケーションを取ることで、情報の共有や情報の拡散が生まれる媒体のことです。
FacebookやTwitterなどのほか、ホームページ上の掲示板もこれにあたります。

参考:
ソーシャルメディア|ferretマーケティング用語辞典
  

例えば店舗ビジネスをしている場合、新規来店数増加と1人当たりの消費額を上げることをゴールとし、オンライン予約数をオンライン上の目標値、1人あたりの消費額をオフライン上の目標値とします。

そして,新規顧客獲得,既存顧客の育成(既存顧客離れ阻止)やブランディングなどにおいて,トリプルメディアの観点から具体的なプロモーションを考案していきます。

トリプルメディアとは、下記3つから成り立っています。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

トリプルメディアとは

1. アーンド(Earned)メディア
消費者からの評判や信用などを得るメディアで、一般の人が情報の発信源となるブログやソーシャルメディアなどが分類されます。

2. ペイド(Paid)メディア
ペイドメディアとは費用を支払うことで広告の出稿し利用する、マス4媒体やweb広告といったメディアです。

3. オウンド(Owned)メディア
自社が所有し情報発信しているメディアです。

アーンドメディア、ペイドメディア、オウンドメディアの全てにおいて、経営戦略、戦術、具体的なプロモーションを念頭に全体像を意識し一貫性を持たせることが重要です。