世の中には、血液型診断や適職診断など多くの診断ツールが提供されています。
現在ではSNSを通じてその診断結果はより多くの人へと広まるようになりました。
実際に、TwitterやFacebookの中で「〇〇診断の結果、あなたは~でした」のような投稿内容を見たことがある方もいるでしょう。

このようなツールは、ユーザーにとっては楽しめるコンテンツであり、提供している企業にとっては自社の情報を見てもらうチャンスでもあります。

今回はTwitterを中心に、診断ツールを用いたキャンペーン事例と診断ツールの作り方をご紹介します。
実は診断ツールを作成するのに、お金や難しいプログラムの知識は必要ありません。
ぜひ自社でも取り組めるものなのか考えてみましょう。
  

診断ツールとは

診断ツールは医者が患者の症状を聞きとって病気を診断するように、ユーザーが入力した情報を元にある一定の結果を出します。

血液型診断や星座占いのような感覚的なものから、適職検査やストレス診断のような学術的なものまで様々なものが「診断」に近いものとして、社会に浸透しています。

2007年には脳内メーカーと呼ばれる、ユーザー自身の脳内を文字化して表現したツールがメディアでも話題になりました。

脳内メーカー.gif
脳内メーカー

名前を入力しただけで、本当に脳内の状況はわかりません。
実際にホームページにはあくまでジョークツールであると断りが入れられています。

このような診断ツールは、ユーザーにとっては楽しいコンテンツの1つであり、内容によっては誰か別の人に教えたくなるものです。
そのためFacebookやTwitterのようなSNSでは診断結果の投稿が行われ、話題になるものであれば1,000万近くの利用回数となる場合もあります。

参考:
総合ランキング|診断メーカー
  

診断を用いたキャンペーン事例

診断ツールは、単なるジョークツールとしてだけでなく、企業のプロモーションの手法としても役立っています。
サービス内容と絡めたものから、利用されること自体を目的としたものまで、4つの事例を見てみましょう。

参考:
診断コンテンツはなぜシェアされる?サービス別で見る企業の活用事例
  

1.日本旅行:あなたにピッタリの旅行判断

見つけよう!あなたにピッタリ旅行診断___日本旅行.png
http://www.nta.co.jp/summer/shindan/

旅行代理店大手の日本旅行では、あなたにピッタリの旅行プラン診断という、診断ツールを展開しています。

「異国情緒に浸りたい!」「話題の"絶景"見に行きたい!」などの質問に答えていくシステムで、10個答えると自分にあった旅行先の結果が表示されます。

診断結果には診断結果の旅行先に関わる情報や旅行プランへのリンクもあり、そのまま旅行の計画へと誘導するようになっています。
  

2.キャリタス就活:キャリタスQUEST

就活準備に。自己分析や適職診断にもつながる無料診断コンテンツ|キャリタスクエスト.png
https://quest.career-tasu.jp/

就職支援サイトであるキャリタス就活では、キャリタスQUESTという性格診断ツールを公開しています。

ロールプレイングゲーム風の画面で「自分は陽気でノリが良い方だと思う」「相手の学歴や社会的地位を気にする方である」などの質問に答えていくと、戦士や剣士のようなゲーム上のキャラクターに例えられた診断結果が表示されます。

さらに、診断結果からは就活という冒険に出かけようという言葉とともに会員登録の案内が記載されています。
メインターゲットである学生が、詳しい適職診断が提供されているサービスに進みたくなる仕組みと言えるでしょう。
  

3.株式会社アサツーディ・ケイ:まだまだあなたが知らない裏の顔 vol.2

あなたが知らない裏の顔.png
http://www.uranokao.jp/

広告代理店の株式会社アサツーディ・ケイでは、あなたが知らない裏の顔という診断ツールを公開しています。

「会社や組織で出世したい」「昇進や昇給のためにはつらいことも我慢する」などの38の質問に答えることで、人柄のタイプをやや辛辣な言葉とともに診断します。

自社で年1回実施している『ADK生活者総合調査』の調査データをもとにした統計的信頼度の高い結果を得ることができるのが特徴です。
  

4.あなたの「絶対フォント感」はどのくらい? 書体当てクイズ!

あなたの「絶対フォント感」はどのくらい?_書体当てクイズ!.png
https://www.buzzfeed.com/keijiroabe/font-quiz?utm_term=.hpjvZA6MgD#.jaXX8263bo

メディアサイトのBuzzFeedでは記事の1つとして、「絶対フォント感」を試す書体当てクイズを公開しています。
絶対音感という言葉にかけた「絶対フォント感」という名称が特徴的です。

書体のフォントの知識を試す二択式のクイズが5問出題され、答えていくと最後にどの程度の正解率だったか結果がでます。

※1月18日追記:BuzzFeed編集部からご指摘いただき、誤解を招く表現があったため該当箇所を削除いたしました。大変失礼いたしました。

BuzzFeedに関しては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

参考:
BuzzFeed Japan古田氏とヨッピー氏が語る、「ダメなメディアと良いメディア」を分けるたった1つのポイントは?
  

診断ツールってどうやって作るの?

では、実際に企業が診断ツールを利用してプロモーションを行いたい場合、どのように作ればいいのでしょうか。
診断ツールの作成は制作会社に依頼するだけではなく、自分でも簡単に作ることが可能です。

今回は無料で作れる3つの方法をご紹介します。

1.無料の作成ツールQuboを利用する

Qubo_SURVEY___簡単Webフォーム作成ツール「Qubo」.png
http://www.qubo.jp/survey/

Webアンケート作成ツール「Qubo」では、計算機能を利用して診断ツールを作成できます。
質問項目や区切り線などのパーツを自由に配置できるのが特徴です。

作成した内容をホームページに埋め込んで表示することもでき、回答データの蓄積も可能なので、ホームページを運用している企業にとっても利用しやすいでしょう。

無料のトライアル版でも自由筆記式や選択式の質問などを10項目まで設定できます。
  

2.無料の作成ツールすごい診断を利用する

みんなで作って遊べる本格診断作成サービス|すごい診断.png
http://shindans.jp/

「すごい診断」は無料登録をするだけで、簡単な質問形式の診断ツールが作成可能です。

診断結果から作成し、質問内容は診断結果にどの程度加点するかを割り振りながら作ることができます。
簡単な操作で作れるので、まずは手軽に診断を作ってみたいという人にとって利用しやすい作成ツールです。

完成した診断ツールはすごい診断ホームページに掲載され、自社のホームページには貼り付けられないので注意しましょう。
  

3.WordPressの診断ジェネレータ作成プラグインを利用する

診断ジェネレータ作成プラグイン_—_WordPress_Plugins.png
https://ja.wordpress.org/plugins/os-diagnosis-generator/

ブログやホームページを作る際にWordPressを利用している方であれば、拡張機能を利用するのが便利です。

WordPressでは「診断ジェネレータ作成プラグイン」という拡張機能が提供されていて、インストールすることでプログラミングの知識なく簡単な診断ツールを作成することができます。

作成できる形式としては、名前の入力のみで自動判断する「名前式」と質問の回答ごとにつけた点数から判断する「設問式」の2つから選ぶことができます。

参考:
WordPressとは|ferretマーケティング用語辞典
  

診断ツールを使う際の注意点

診断ツールを用いたプロモーションを行う場合には、注意しておいた方がいいことが大きく2つあります。

診断の目的を明確に記載する

企業として診断ツールを作るからには、それがどのような狙いを持って配信するものなのかの明記が必要です。
完全なジョークツールであればその旨を記載し、確度の高いものであればどのようなデータに基づいているのかを明記するようにしましょう。

利用規約を定め、ユーザーとの間に了解をとっておく方法もあります。
  

連携が嫌がられる可能性があることを意識する

診断結果をSNSやFacebookと共有して配信できるようユーザーアカウントとの連携を求める場合は注意が必要です。

アカウントの内容を変更できるような権限を得る診断ツールの中には、ユーザーから「アカウントを乗っ取られるのでは?」と疑われてしまう場合もあります。

SNSのような外部サイトへの共有設定の際には、ユーザーに何か連携の条件を求めることがあるかを意識しておきましょう。

参考:
「Twitterの診断メーカーは危険」説は本当か (1/2)
  

まとめ

診断ツールは気軽に作ることができ、中小企業でも取り組みやすいキャンペーンです。しかし、ネット上で常に多くの診断が配信されている中、注目されるものになるためには工夫が必要です。

より多くのユーザーに利用してもらうには、診断したくなるだけではなく、SNSでも共有したくなる内容であることがポイントとなります。

様々な事例を参考にしながら、自社にとって利益になりつつ、診断としても注目を集める内容を考えていきましょう。