bot(ボット)を使うときの注意点

ロボットのようなアカウントにならないよう注意する

定期ツイートや自動返信など、botサービスの活用方法は多数あります。しかし、botに頼り過ぎたアカウント運用を行うと不自然な会話が生まれてしまったり、あまりに機械的なツイートになってしまったりするため、フォロワーに不信感を与えてしまう可能性もあります。

botを動かしている間も定期的に発言などをチェックし、自然なツイートができているか確認することが望ましいです。botに頼り過ぎないということを念頭におきつつ、効率的な業務を目指しましょう。

短い時間で大量にツイートしすぎない

あまりにも短時間で大量にツイートされていては、フォロワーも不快に感じます。botを利用する場合でも、適切な投稿量を心がけましょう。

また、Twitter側に短時間でツイートし過ぎていると判断された場合、アカウントが凍結される可能性もあります。注意してください。

bot(ボット)の活用でSNS運用を効率化しよう

企業のSNSを担当している人の多くは、別の業務も兼任しているパターンが多いでしょう。SNSで成果を出すためには、地道な更新やフォロワーへの反応が必要となります。ぜひbotも活用しながら、SNS運用を効率化して成果をあげていきましょう
  

Twitter(ツイッター)の運用を知る

SNS利用実態調査から見る、いま企業がTwitterに取り組むべき理由とその取り組み方

SNS利用実態調査から見る、いま企業がTwitterに取り組むべき理由とその取り組み方

低コストで手軽に始められるSNSは、今やマーケティングに欠かせないツールのひとつです。とはいえ、企業のSNSアカウント運用で成果を実感するまで道のりは、決して容易なものではありません。今回は、「SNS利用実態調査から見る、いま企業がTwitterに取り組むべき理由とその取り組み方」についてお話させていただきます。

ツイートを分析してフォロワーを増やそう!無料ツール「Twitterアナリティクス」の使い方

ツイートを分析してフォロワーを増やそう!無料ツール「Twitterアナリティクス」の使い方

SNSマーケティングでは分析ツールが必要不可欠です。Twitterの分析をするなら「Twitterアナリティクス」は欠かせないでしょう。Twitterが無料で提供している分析ツールで、誰でも簡単に自分のアカウントのデータ分析が行えます。どれだけ見られていて、どれだけ反応されているかがわかるため、効果的なツイートの傾向を把握することができるのです。そこで、今回はTwitterアナリティクスで具体的に何ができるのか、どんなデータが見られるのかを解説します。Twitterユーザーであれば誰でも確認できるホーム画面とツイート画面の見方を中心に、画面キャプチャと合わせて説明しますので、これから始める方で