競争率が高いWeb制作業界。制作だけでは経営がなかなか安定せず、新たな取り組みを始めたいと考える企業も少なくありません。この場合に検討したいのが、Web広告運用をはじめとしたストック収入を得られる事業です。

ここでは、Web制作会社が抱える課題やWeb制作会社が狙えるストック収入、Web広告運用代行の始め方などを解説します。

目次

  1. Web制作会社が抱える課題
  2. 主なWeb広告の種類
  3. Web制作会社が狙えるストック収入
  4. Web広告運用代行の始め方
  5. Web広告運用・コンサルティングに必要なスキル
  6. Web広告運用は成果主義で取り組もう

▼Web制作会社が安定したストック収益を得る詳しい方法はこちら

【制作会社様向け】ネット広告代理店の始め方虎の巻

【制作会社様向け】ネット広告代理店の始め方虎の巻

広告のノウハウがない制作会社様必見!自社で広告運用代行を検討している方から、うまく成果が出 ていない方に向けて、制作会社が広告を始めるときに押さえておきたいポイントをわかりやすく解説します。

Web制作会社が抱える課題

【制作会社様向け】ネット広告代理店の始め方虎の巻_page-0006.jpg

広告運用を始める必要性を認識するために、まずはWeb制作会社が抱える課題をチェックしておきましょう。変化が激しいWeb業界において、Web制作会社は次のような課題を抱えています。

制作だけでは事業が安定しない

Web制作は買い切りのサービスであり、対価を受け取り続けることはできません。Web制作だけでは毎月の売上が安定せず、事業が不安定になる場合があります。

業界の価格競争が激しく低価格が進んでいる

制作会社の数は増加傾向にあり、それに伴って価格競争が激化しています。他社との差別化を図らなければ、価格競争に巻き込まれるでしょう。そのため、価格以外のバリューを持つことが非常に重要といえます。

ノーコード化による受注の減少

従来はコードを用いてWeb広告を制作していましたが、最近は画面上の操作で画像やボタンを挿入したり機能を付与したりできる「ノーコード化」が進んでいます。 比較的簡単かつ安価でWeb広告を制作できるため、自社内で制作する企業が増加傾向です。

主なWeb広告の種類

価格競争やノーコード化による受注の減少などに対応するためには、Web広告運用やコンサルティングといったストック収入にも注目することがポイントです。

Web広告運用やコンサルティングなどで高い成果を挙げるには、Web広告の種類ごとの特徴を把握しておく必要があります。主なWeb広告の種類とそれぞれの特徴について見ていきましょう。

リスティング広告

リスティング広告では、GoogleやYahoo!などの検索画面において、ユーザーが検索したキーワードに関連する広告を目立つ場所に表示します。

キーワードごとにオークションを実施し、掲載単価の高い広告がより目立つ場所に表示されます。ただし、品質スコアも関連しているため、高額で入札したからといって、より目立つ場所に表示されるとは限りません。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告Webサイト広告枠に表示する広告のことで、その中でもバナーで表示されるものはバナー広告と呼ばれます。また、Webサイトコンテンツに適した内容の広告を表示するため、コンテンツ連動型広告ともいいます。

テキスト、画像、動画に対応しており、広告の内容やターゲット層などに応じて柔軟に選択できるのが特徴です。

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、過去に購入ページへアクセスした商品やサービスの広告を表示するものです。

例えば、ITツールの購入ページへアクセスしたり、固有名詞で検索したりすると、そのITツールの広告が表示されます。購入の検討段階のユーザー広告を表示することで、購入を促すことが可能です。

記事広告・タイアップ広告

記事広告タイアップ広告ともいい、企業とメディアが協力して出稿する広告 です。広告主の企業がメディアに対して商品やサービスのPRコンテンツの作成を依頼し、そのメディアに掲載してもらいます。

このように、Web広告にはさまざまな種類があり、それぞれ異なる特徴があります。これらのWeb広告を制作しながら、Web広告の運用代行やコンサルティングなどを行うことでストック収入が得られます。

Web制作会社が狙えるストック収入

Web制作会社が狙えるストック収入には、定額制(サブスク型)、コンサルティング広告運用代行があります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを確認し、自社に最適な方法を選択しましょう。

定額制(サブスク型)

【制作会社様向け】ネット広告代理店の始め方虎の巻_page-0008.jpg

定額制(サブスク型)は、月々定額料金を受け取って決められた回数の改修や更新作業を行う方法です。

メリット

  • 毎月安定的に収入を得られる

デメリット

  • 対応できるように社内体制を整える必要がある
  • 単発の制作案件より料金が安いため多数の取引先を抱える必要がある

定額制で多くの案件を抱えると、収入が安定する一方で売上の最大値が小さくなります。単発の制作案件とのバランスを考えて、定額制の案件を受注しましょう。

コンサルティング

【制作会社様向け】ネット広告代理店の始め方虎の巻_page-0009.jpg

コンサルティングは、コンバージョンに繋がる施策を立案したりレポーティングしたりすることです。

メリット

  • 成果を出し続けることで収入が安定する

デメリット

  • 専門知識を持つ人材の採用、育成が必要
  • 施策の実施に人員が必要なため制作のリソースを圧迫する

コンサルティングの目的は、分析に基づいた施策の立案・実行によってクライアント企業の売上を伸ばすことです。

コンサルティングの質が低い、十分な成果を挙げられないといった場合は、契約を解除されてしまうため収入が安定しません。そのため、専門知識を持つ人材の採用、育成が必要です。

広告運用代行

【制作会社様向け】ネット広告代理店の始め方虎の巻_page-0010.jpg

広告運用代行は、アクセス数や購入数、お問い合わせ数などを増やすことをクライアントの代わりに行います。

メリット

  • すぐに始められる
  • 予算を増やすための施策を提案しやすい
  • 追加制作を行いやすい

デメリット

  • 専門知識を持つ人材の採用や育成が必要
  • 業界独自の商慣習への対応が必要

広告運用はコンサルティングのようにWebへのアクセス数や購入数、お問い合わせ数を増やすための施策を立案・実行します。

成果を挙げ続けることで継続契約ができるため、専門知識を持つ人材が必要になるでしょう。また、施策実行のための予算アップを求めるのであれば、プレゼン力も求められます。

Web広告運用代行の始め方

【制作会社様向け】ネット広告代理店の始め方虎の巻_page-0012.jpg

Web広告運用を始めようにも何から手をつけるべきか悩む担当者は多いでしょう。ここでは、顧客獲得から定期的なmtgとレポーティングまでの流れを紹介します。

1.顧客獲得

新規顧客に対して広告制作と運用のセットプランの提案、既存顧客にお得なプランを提案など、広告運用の顧客獲得に向けて行動します。

2.配信設計

広告運用の方針や商材などに応じて、運用する広告の種類や内容を決定します。

3.配信メンテナンス

Web広告の成果に基づいて定期的に改修します。

4.定期的なmtgとレポーティング

定期的な打ち合わせをして、広告施策や結果などを伝えます。レポートは、視覚的にわかりやすいグラフを使用したり、詳細な結果を掲載したりと、わかりやすさと充実度の両方を追求しましょう。

広告運用の流れについて全ての行程を詳しくチェックしたい方は、以下の資料よりご確認ください。

広告運用の流れについて全ての行程を詳しくチェックしたい方はこちら

【制作会社様向け】ネット広告代理店の始め方虎の巻

【制作会社様向け】ネット広告代理店の始め方虎の巻

広告のノウハウがない制作会社様必見!自社で広告運用代行を検討している方から、うまく成果が出 ていない方に向けて、制作会社が広告を始めるときに押さえておきたいポイントをわかりやすく解説します。

Web広告運用・コンサルティングに必要なスキル

Web広告運用・コンサルティングでストック収入を狙うのであれば、継続的に成果を挙げるためにさまざまな知識・スキルが必要です。

十分に準備をしてから始めなければ、成果を挙げられないことで収入が安定しなかったり、実力に乏しいとの情報が業界内でまわったりする恐れがあります。次の知識・スキルを持つ人材の採用・育成を進めましょう。

Web広告の知識・分析力

Web広告の種類やそれぞれのメリット・デメリット、検索の分析結果に基づいた施策立案、施策の実行力などが必要です。分析1つにしても、方法を間違えると効果を出せません。また、Web広告の知識を施策に活かす応用力も必要です。

Webマーケティングの知識・分析力

企業は、広告だけではなくWebサイトブログ、SNSなどからも集客できます。複数の集客方法を組み合わせて広告運用の効果を最大化できることが重要です。

そのため、アクセスデータの分析や、カスタマージャーニーにおける各プロセスの顧客心理の把握などに必要なWebマーケティングスキルも求められます。

Web広告運用は成果主義で取り組もう

Web広告運用を始めるのであれば、契約を継続するために成果主義で取り組むことが重要です。Web広告運用は、トレンドや時代背景の影響を受けるため、情報収集能力や分析力なども求められるでしょう。まずは、 顧客獲得のための営業活動が必要なため、営業担当者と連携しましょう。

Web広告運用の作業効率を高めたい、作業負担を軽減したい場合は、ツールを使うのも1つの方法です。1日500円から使えて、たったの5分で集客を開始できるようなツールもあるため、気になる方は以下の資料よりご確認ください。

▼Web制作会社が安定したストック収益を得る詳しい方法はこちら

【制作会社様向け】ネット広告代理店の始め方虎の巻

【制作会社様向け】ネット広告代理店の始め方虎の巻

広告のノウハウがない制作会社様必見!自社で広告運用代行を検討している方から、うまく成果が出 ていない方に向けて、制作会社が広告を始めるときに押さえておきたいポイントをわかりやすく解説します。