Twitter(ツイッター)のツイートがリツイートされやすい時間帯が判明

調査の結果、リツイートされやすい時間帯は、平日・休日で異なっており、平日は5時・11時・15時・20時のツイートが最もリツイートされるのに対して、休日は8時・12時・14時・16時のツイートがリツイートされやすい傾向があることが判明しました。

6835_001.jpg
  
6835_002.jpg
出典:リツイート・いいね数の伸びはアクティブ率に比例しない傾向|PR Times

ツイートを拡散させたい場合は、まずはこれらの時間帯の投稿を試してみるとよいでしょう。

平日のツイートはビジネスマンの行動に相関しているか

平日は5時・11時・15時・20時のツイートがリツイートされていることから、ビジネスマンの行動に似ていることが予想されます。朝起きたタイミング、仕事を始めてちょっと休憩したいとき、お昼後の休憩、帰宅時、という行動と相関しているかもしれません。

特に「朝5時」はツイート数が少ないもののリツイートされやすい穴場の時間帯なので、ぜひ入れてみましょう。早朝・深夜など、いろいろな時間に投稿するのが難しい場合は、投稿を予約しておくことができるツールなどを活用するのも手です。

休日は朝から夕方ぐらいまでが狙い目

休日は8時・12時・14時・16時と、平日と比較して夜は活動的でないことが見えてきました。であれば、朝から夕方ぐらいに狙いを絞って投稿するのがよさそうです。

時間帯ごとのユーザー数

6835_003.jpg
  
6835_004.jpg
出典:リツイート・いいね数の伸びはアクティブ率に比例しない傾向|PR Times

時間帯ごとのツイート数・投稿人数を見ると、平日・休日ともに、朝5時から徐々に伸び始めて、21時台がピークとなり、その後はじわじわ下がっています。通勤時間帯である7時台・18時台に大きく伸びています。

20時から1時頃までは人数に対してツイート数が多くなっており、その他の時間帯よりも活動が活発なことがうかがえます。見ている人が多い時間帯が拡散されやすいわけではない
上のグラフを見ると、「ツイート数・投稿人数」は、「リツイートされやすさ」とは比例していないことがわかります。

ビジネスタイムである日中は、受動的にタイムラインを見ているユーザーが多く、フォローしているアカウントに対するリアクションがされやすく、*16時以降はプライベートタイムであるユーザーが多く、能動的に投稿するため、他社のツイートに対するリアクション率が低くなると考えられます。

特に21時から1時頃のユーザーの多い時間帯は、他の時間帯と比べるとリツイートされやすさは低くなっています。この時間帯にタイムラインに流れるツイートが多く、ツイートが目立ちにくいことが原因と思われます。