ソーシャルメディアマーケティングを行う際、多くの企業が複数のソーシャルメディアを管理して施策に取り組んでいるのではないでしょうか。

キャンペーンの管理やフォロワーとのコミュニケーション、データ分析を複数のプラットフォームを行ったり来たり……管理するのは骨が折れます。

複数のソーシャルメディアの管理を1つの場所にまとめると、マーケターの負担が減って業務の生産性が上がります。ソーシャルメディアを一括管理できるプラットフォーム「Hootsuite」を使って、時間と労力を節約しましょう。
  

Hootsuiteとは

6837_001.png
https://hootsuite.com/ja/
  
Hootsuiteとは、ソーシャルメディアを管理するプラットフォームです。インスタグラムやTwitterといったソーシャルメディアマーケティング主戦力のプラットフォームに対応しているので、複数のソーシャルメディアを運用しているなら取り入れることをオススメします。

Hootsuiteを介してコンテンツの投稿、予約投稿、フォロワーとの交流の管理、ハッシュタグの追跡など、ソーシャルメディアキャンペーンを行う時に必要な機能が多く揃っています。
  

料金体系

Hootsuiteでは、無料プランと4つの有料プランを選択できます。無料プランでも下記のような充実した機能が利用できます。

● 1つのHootsuiteアカウントで最大3つのソーシャルメディアの管理
● フォロワーの推移とユーザーに人気のコンテンツの表示といったベーシック版の分析結果の受信
● コンテンツの予約投稿
● RSSフィードを2つ統合可能
● 見込み客獲得キャンペーン

  
6837_002.png
  
無料版のほかにHootsuiteには有料プランが4つあります。キャンペーンの規模に合わせたプランを選びましょう。各プランで次のようにサポート機能が異なります。

Professional
● 月額1,100円
● 1人がHootsuiteアカウントを管理可能
● ソーシャルメディアを10まで管理可能
● リアルタイム分析
● 自動スケジュール
● RSSの統合は無制限
など

Team
● 月額3,850円(1ユーザーごとに)
● 最大3人がHootsuiteアカウントを管理可能
● ソーシャルメディアを20まで管理可能
● 分析結果をカスタマイズ
● 自動スケジュールでバルク投稿が可能
● 期限付きのソーシャルキャンペーン
など

Business
● 月額12,500円(1ユーザーごとに)
● 4~5人がHootsuiteアカウントを管理可能
● ソーシャルメディアを50まで管理可能
● データをエクスポートしたさらに詳しい分析
● 無制限のアプリ統合
● 無制限のソーシャルキャンペーン
● 常に優先してサポートを提供
など

Enterprise
料金は非公開で、チームの作業をより効率化するための機能を提供するとのことです。詳細については申し込みの際に問い合わせが必要になります。

  

Hootsuiteに登録できるソーシャルメディア

Hootsuiteに登録して管理できるソーシャルメディアは次のとおりです。Hootsuiteを使う上で、キャンペーンに使用しているソーシャルメディアが含まれているか確認することをオススメします。

● Twitter
● Facebook
● YouTube
● インスタグラム
● Google+
● LinkedIn
● WordPress

  

Hootsuiteの使い方

Hootsuiteでソーシャルメディアを管理するには、まず会員登録をしてHootsuiteのダッシュボードでストリームという機能を追加する必要があります。この記事では、会員登録からストリームの追加、簡単な使い方の説明を行っていきます。
  

会員登録

まずは会員登録を行います。今回は無料プランで登録する手順を紹介します。無料プランで登録しても、プランをアップグレードできるので安心してください。まずは機能を試してみたいという方は、無料プランから始めることをオススメします。
  
STEP1
6837_003.png
右上の「新規登録」というボタンをクリックすると、登録プランを選ぶページに移ります。今回は無料プランで登録するので、矢印の「今すぐスタート」をクリックしましょう。
  
STEP2
6837_004.png
所有するソーシャルメディアを介してHootsuiteに接続するか、メールでHootsuiteのアカウントを作成するか選べます。メールの場合は「Create an account by email」をクリックします。
  
6837_005.png
アカウント作成ページに移動するので、名前、メール、パスワード(英数字は大小どちらも含めること)を入力したら、「Looks good, let’s go」をクリックして完了です。

ソーシャルメディアを介して登録する場合は、STEP2冒頭の画像で、登録したいソーシャルメディアをクリックします。続いてソーシャルメディア認証ページに移るので、認証が完了したら「add more social profiles later」をクリックしてアカウントの登録に進みます。

メール登録時と同様に、名前、メール、パスワード(英数字は大小どちらも含めること)といったアカウントの情報を入力し、「Looks good, let’s go」をクリックしたら完了です。
  
6837_006.png
  

ストリームを追加

ストリームはソーシャルネットワークの情報のモニターや、ユーザーとの交流に利用する機能です。各ソーシャルメディアや追跡したいデータごとにストリームを追加できます。
  
6837_007.png
ストリームを追加する時は、画像の丸で囲んだ吹き出しマークをクリックします。上部の「ストリームの追加」というアイコンからストリームを追加できますが、すでに追加しているソーシャルメディアがあると、画像のようにストリームに追加できる項目が表示されます。「いいね」や「フォロワー」を押すだけで選択した項目のフィードがストリームに簡単に追加されます。
  
6837_008.png
例えば「ホーム」と「メンション」をストリームに追加すると、1つの画面でホーム画面の確認と交流したユーザーとの会話内容を確認できます。ストリームから返信やいいね、シェアも行えるので、FacebookとTwitterを並べて一度に別のプラットフォームユーザーと交流することもできます。
  

SNSを追加

ほかのソーシャルメディアをストリームに追加したい場合は、ソーシャルメディアの登録を行いましょう。無料プランだと最大3つのソーシャルメディアを登録できます。

ストリーム画面から「SNSの追加」をクリックします。
  
6837_009.png
  
6837_010.png
画像のような画面が出現するので、追加したいソーシャルメディアを選んで接続しましょう。
  

メッセージを投稿する

Hootsuiteでは、ソーシャルメディアのフィードにコンテンツを投稿できます。
  
STEP1
  
6837_011.png
まずは画面上部の赤枠で囲んだ部分をクリックしましょう。
  
STEP2
  
6837_012.png
左側に投稿するアカウントの選択画面、右側にコンテンツの入力画面が表示されます。投稿するアカウントは複数選択が可能なため、異なるソーシャルメディアに同じ内容のコンテンツを一括で投稿できます。

赤枠1.は短縮URL入力ボックスです。1.にURLを入力して「URL短縮」をクリックすると、URLが短縮して入力されます。
赤枠2.は投稿オプションです。画像の添付や位置情報の設定もここから行えます。
全て入力が完了したら「送信」をクリックして投稿完了です。
  
インスタグラムに投稿する場合
また、インスタグラムはスマートフォンにアプリをダウンロードしなければコンテンツの投稿ができません。STEP2のコンテンツを投稿する時にインスタグラムを選択すると、インスタグラムに投稿するための設定に移ります。

まずはアプリの設定に入ります。App StoreかGoogle PlayでHootsuiteのアプリをスマートホンにダウンロードしてください。
  
6837_013.png
Hootsuiteからの通知を許可し、アプリを開いたら赤丸部分をタップしてアプリの設定画面に入ります。「通知」という項目をタップすると画像の画面に移るので、インスタグラムに投稿を「オン」にします。これでアプリの設定は完了です。
  
6837_014.png
次はパソコン画面の設定です。Hootsuiteのアプリをダウンロードしたスマートフォンの携帯番号を入力して「Next step」をクリックします。先ほど説明した通知設定が完了していたら、セットアップ完了という画面が表示されます。
  

予約投稿する方法

予約投稿はメッセージの投稿と同じ場所で出来ます。
  
6837_015.png
リンク追加の横に5つアイコンがありますが、左から2番目のカレンダーマークが予約投稿です。
コンテンツの内容を記入したら、カレンダーマークを選択して投稿する日を設定します。

  1. は最適な時間帯にコンテンツを自動で投稿する機能です。歯車マークを押すと自動で投稿する日付の詳細設定が開きます。
  2. 投稿したい日付と時間帯が決まっているなら、2.で細かく設定しましょう。
    全ての設定が完了したら「スケジュール」をクリックして予約投稿は完了です。
      

解析機能を使う 〜Twitterでのプロフィール詳細〜

Hootsuiteは充実した解析機能も提供しています。解析機能にはテンプレートが存在するため、ワンクリックでソーシャルメディアの解析がスタートします。
  
6837_016.png
解析機能を使うには、赤丸のグラフアイコンをクリックしてください。テンプレートから好みのものを選ぶと、解析するアカウントの選択に移ります。アカウントとオーナーを選択したら「レポートの作成」をクリックして、データの解析がスタートします。

Twitterのプロフィール詳細」の場合、フォロワーの推移とコンテンツに添付したURLで人気があるものをクリック数と共に記載します。
  

まとめ

コンテンツの投稿やユーザーとの交流、データ解析まで、Hootsuiteを活用すれば異なるソーシャルメディアの管理が可能です。

異なるプラットフォームで同様のキャンペーンを行う時、コンテンツの一括投稿やデータの解析が行えるととても助かるのではないでしょうか。

Hootsuiteを活用してタブをたくさん開いて管理していたソーシャルメディアを、1つのプラットフォームにまとめましょう。