ソーシャルマーケティングが盛んになり、最近よく聞くようになった言葉の中に「インフルエンサー」という言葉があります。ソーシャルメディアで特に影響力のある人の協力を得て、商品のPRに役立てる手法をインフルエンサーマーケティングと言ったりします。
言葉としてかなり流行っており、興味がある、自分の会社でもできるの?と思っていても、具体的にどのようなものかをよくわかっていないという方は多いのではないでしょうか。
今回は、インフルエンサーマーケティングの事例などをみていきながら、ただのバズワードとして留めずしっかりと理解を深めていきましょう。

インスタグラムを介してキャッチーな写真で紹介

インフルエンサーマーケティングとは、ソーシャルメディア上で影響力のある人に企業の商品やサービスを紹介してもらうことで販促やイメージアップに繋げると言った手法です。

#夏5でやってみた #PR #東京ディズニーシー

渡辺直美さん(@watanabenaomi703)がシェアした投稿 -

こちらはタレントの渡辺直美さんによるInstagramの投稿です。とてもキャッチーで思わずつっこみたくなるような写真を当てて、東京ディズニーシーを紹介しています。
このようにフォロワー数が多い、影響力のある人物にSNSの投稿などで紹介してもらうという手法が近年とても増えています。

単純にCMや広告などにタレント、著名人を起用する従来のやり方と大きく違うのは、インフルエンサー自身のアカウントで投稿してもらう部分です。これにより、企業のチャンネルをフォローしている人以外にも幅広くリーチすることが可能になります。また、インフルエンサーの普段の投稿の中にさりげなく溶け込ませることで、広告であることを意識させず押し売り感の少ないアピールができます。

YouTube動画で商品を紹介

YouTubeを通して、商品のレビューや使用方法の説明などを動画にしてアップロードしてもらう手法も盛んに行われています。

こちらは日本最多のYouTubeチャンネル登録者数を誇る「ヒカキン」の動画です。
彼の個性を活かした商品紹介をすることで、視聴者に押し売りの広告という印象を持たれずブランドのイメージを上げることにつながります。

このような「YouTuber」たちもインフルエンサーと言えるでしょう。インフルエンサーとして個人単位でも広告塔となり商品の紹介し収益を上げる事例が増えています。

また、YouTuberとして人気を博した「テオくん」はTwitterのフォロワー数も約36万人とかなりの人数です。 YouTubeで公開しているものと同じようなテイストの動画をTwitter上にあげ、フリーマーケットアプリの紹介をしています。

フォロワーの多くはYouTuberファンの人たちであり、YouTube動画のテイストでネタとして面白ければ宣伝とわかっていても受け入れられやすいと考えられます。

インフルエンサーの事例を探したい場合は?

インフルエンサーマーケティングにおいて注意しておかないといけない部分は、広告であることを明示すること。これはWebにおけるネイティブ広告全体に言えることではありますが、原則としてお金をいただいて自身のチャンネルでPR活動を行う際には、それが広告であることをわかるようにしておく必要があります。

インスタグラム、Twitterの場合ハッシュタグとして#PRと表記する場合が多いです。インフルエンサーの事例を探して研究したい場合には、この#PRが目印に探してみるといいでしょう。またYouTubeであれば、動画詳細の欄に提供元が書いてあることが多いです。
インスタグラムの場合はハッシュタグを一度にたくさんつけることも多いため、目立ちにくくなっている場合もあります。

ファッション業界はインフルエンサー活用の事例が多い

さまざまな企業がインフルエンサーを活用したマーケティング活動を行なっていますが、中でも特に親和性が高いのがファッション業界です。

こちらはモデルの横田ひかるさんによる投稿です。 インスタグラムのフォロワー数20万を超えている彼女は、自身のコーディネートを頻繁に投稿しています。その中でUNIQLOの商品を取り込んで、コメント付きで紹介しています。 ファッションであれば、そのアイテムの着こなし、コーディネートなどをモデルさんに着てもらい自身のチャンネルから発信してもらうことで、よりその商品の魅力がわかりやすく伝わります。また、モデルさんのアカウントをフォローしている人はファッションに対してアンテナが高い人と考えられます。不特定多数に広告をばら撒くよりも、確実に感度の高いユーザーにリーチした方が広告としてより効果的です。

アパレルメーカーの商品を実際に着て綺麗な写真を通して魅了を伝えるというのは、そもそもモデルさんの仕事の本質として何ら変わりありません。媒体がソーシャルメディアになったという変化はありますが、雑誌媒体で行われていることがインフルエンサーマーケティングという形でインターネット上に置き換わっただけとも考えられます。

このことからもファッション業界がインフルエンサーマーケティングで多くの事例を作りやすいことにも納得がいくのではないでしょうか。

また、UNIQLOのソーシャルマーケティング成功例として、#ユニジョというハッシュタグもうまく活用されています。ハイブランドに比べて安価なUNIQLOの商品を、うまくコーディネートして#ユニジョというハッシュタグをつけてInstagramに上げる人が多くいます。安いけれど着こなし次第でとてもオシャレというUNIQLOの競合優位性がアピールに対してとても効果を発揮しています。

インフルエンサーマーケティングは急激に盛り上がっている

今年2017年の2月には、よしもとクリエイティブ・エージェンシーが、インフルエンサーマーケティング事業に本腰を入れて参入すると発表されました。最初に紹介した渡辺直美さんのように、テレビなどマスメディアで活躍しているタレントや芸人なども、ソーシャルメディアマーケティングに積極的に関わっていくことになります。

企業が芸能事務所に求めるマーケティングの領域も、マスメディアだけでなくソーシャルメディアにまで拡がってきていることを感じさせます。

また、5月にはnon-noやSeventeenなど若い女性から指示を集めるファッション誌を出版している集英社もインフルエンサーマーケティングに参入すると発表されました。モデル、スタイリストらが、Instagramなどを通して商品やサービスを紹介します。UNIQLOの例で紹介したように、やはりファッションや化粧品などは、憧れのモデルさんなどから直接紹介される手法に大きな効果が期待されています。

インフルエンサーという言葉自体は2007年頃、ブログを利用する人が増え始めた頃に使用されて始めたと言われています。2010年頃から企業側からアプローチして宣伝活動にインフルエンサーを活用しだしました。YouTubeが閲覧者の多いユーザーをパートナーとして認めるパートナープログラムが開始したのも2007年です。
パートナープログラムを商業用ユーザーだけでなく一般ユーザーに開放したのが2011年です。

2013年頃から、YouTuberをはじめとしたインフルエンサーを抱えるプロダクション会社も設立され始めました。そして、大手芸能プロダクション、出版社なども参入し始め、日々市場が拡大しつつあります。

参考:
集英社、スタートアップと組んでインフルエンサーマーケティング事業に参入 | TechCrunch Japan
吉本興業がインフルエンサーマーケティング事業を開始「本気でSNS市場をとりにいく」 #宣伝会議 | AdverTimes(アドタイ)

まとめ

発展の著しいインフルエンサーマーケティングですが、今後もさまざまな企業が参入し、PRしたい企業、新しいインフルエンサー、マーケティング支援のサービスなどが増え続けると考えられます。しっかりと動向を見極め、活用できそうであればどんどんチャレンジしてみてはいかがでしょうか。