「投稿した内容が見れない」「気づいたら広告が配信されていなかった」

Facebookを運営するなかで、このようなミスを犯してしまった方はいませんか?
FacebookやFacebook広告は充実した機能を持つ一方、細い設定も多く、設定ミスを犯してしまうこともあるでしょう。

そのようなミスには必ず原因があります。ミスの原因を知ることで、同じミスの発生を防げます。

今回は、ferretの歴代のSNS担当者がやってしまった6つのミスとその原因を解説します。
ユーザーの体験を損なうミスやFacebookからの成果に関わるミスはできることなら犯したくないものです。ferretの事例をもとに自社の運用を見直し、ミスの起こらない体制を作りましょう。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

通常投稿でのミス

今ご覧になっているferretでは、Facebookページにて新規記事と人気記事を毎日投稿しています。

https://ferret.akamaized.net/images/59392d23781b8740a70001d9/original.png?1496919329
https://www.facebook.com/ferretportal

ferretで記事を公開した日に予約投稿し、翌日に投稿されるのが基本的な運用方法です。
ではこれまで担当者がどんなミスを犯したのか、具体的に見ていきましょう。

参照記事:
Facebook、Twitterで予約投稿する方法

1.プレビュー画面のURLのまま投稿を配信

WordPressのようなCMSには作成したページの内容をプレビュー画面として見る機能があります。しかし、プレビュー画面のURLは実際に公開した時のURLと同じではありません。

つまり、プレビュー画面のURLを投稿してしまうと、投稿を見てアクセスしたユーザーは正しいページにアクセスできません。

このミスの原因は投稿したURLをチェックしていなかった点にあります。
公開されているページ自体のURLを使うように気をつけるだけでなく、投稿する内容はちゃんと正しいURLとなっているかチェックしましょう。

2.OGPが反映されていない投稿を配信

FacebookやTwitterなどのSNSでは投稿するホームページの内容を簡単にまとめたOGPを表示させることができます。

Webマーケティングポータル ferret(フェレット)___ホーム.png

上記のようにferretのOGPにはアイキャッチ画像やページタイトルが含まれています。
Facebookでは投稿を作成している時点でOGPが反映されますが、まれに読み込み速度が遅く、正しく反映されない場合があります。

正しく反映されていない状態で投稿してしまうと、正しいOGPが表示されないまま投稿されてしまいます。

投稿を作成している際に、OGPが反映されていない場合はそのまま投稿するのではなく、Facebookが提供しているデバッガーを利用してOGPが設定されているかどうかチェックしましょう。

▼Facebookデバッガー
https://developers.facebook.com/tools/debug/

3.コメントの見逃し

投稿に対する反応は常にチェックしておきたいところでしょう。
特に投稿に対するコメントは企業への問い合わせが書き込まれることもあり、見逃してはいけません。

ですが、ferretのある担当者は「いいね!」やシェアなどのお知らせに埋もれて、コメントがついているのを一週間ほど見逃してしまっていました。

Webマーケティングポータル ferret(フェレット).png

Facebookのお知らせは「いいね!」やコメントなどをカテゴリごとにチェックできます。
コメントの見逃しをしないためにも、定期的なチェックを心がけましょう。

Facebook広告でのミス

Facebookのユーザー向けに配信するFacebook広告では詳細なターゲティングが可能です。
しかし、機能が多いからこそ、設定のミスも起こりがちです。

広告配信のミスによっては金銭的な打撃を受けることもあり、ミスは犯したくないものでしょう。

ferretでは2017年6月現在、記事を紹介する投稿をFacebook広告として配信しています。
では、具体的にferretの担当者がどのようなミスを犯したのか、実際の事例を見てみましょう。

4.パラメーターの未設定

広告マネージャ.png

上記のように、Facebook広告では投稿内に含まれるURLにパラメーターを付与できます。
パラメーターを付与することで、Googleアナリティクスで広告経由のクリックが計測できるようになります。

ですが、パラメーターを設定していないと、ページにアクセスしたのがFacebookの通常投稿からなのか、広告からなのかが判断できません。
パラメーターを設定し、正しい計測を行えるようにしましょう。

Facebook広告につけるパラメーターの設定方法は下記の記事でご紹介しています。
これからパラメーターを設定する方はぜひ参考にしてください。

参照記事:
[Googleアナリティクスでよく使われるパラメーターとは]
(https://ferret-plus.com/22)

5.クレジットカードの期限切れで広告配信がストップ

Facebook広告で登録しているクレジットカードが使えなくなった場合、広告の配信は停止されます。

クレジットカードの有効期限はこまめにチェックしておくだけでなく、Facebookのお知らせは見逃さないようにしましょう。

広告マネージャ2.png

クレジットカードが使用できない場合、上記のようにFacebook上で通知されます。
有効なクレジットカードを入力すれば、再度広告の配信がスタートします。

6.広告配信期間切れで広告配信がストップ

広告マネージャ4.png

Facebook広告では予算が上限に達した場合だけでなく、設定した掲載期間が終了すると広告配信はストップします。
ferretでは担当者が掲載期間が終了になったことに気づかず、そのまま広告配信停止状態になってしまいました。

このようなミスを防ぐには、担当者がタスク管理をする必要があります。
また、年間予算を事前に組んで長期間で設定しておくなど、こまめな操作を行わない体制作りを行うのもいいでしょう。

まとめ

ferretの歴代のSNS担当者が犯したミスをまとめると、以下のようになります。

ミスの内容 原因 対策
プレビュー画面のURLで投稿 プレビュー画面での操作+チェック不足 公開ページで操作するように変更+公開前チェックを実施
OGPが反映されてないまま投稿 正しいOGPへの認識不足 OGPが表示されてからの投稿+表示されないものはデバッガーでチェックする
コメントの見逃し お知らせが多くてチェックできてなかった お知らせ「コメント」をチェックする
パラメーターの未設定 前任者の設定のまま、気づかず パラメーターを設定
クレジットカードの期限切れ お知らせに気づかず 広告マネージャーのお知らせをチェックする
広告配信期間切れ 配信期間の再設定漏れ 担当者のタスク管理を改善+短期間の配信期間を見直し

どれもケアレスミスであり、運用方法によって防げるものだとわかるでしょう。
ミスを防ぐには、自分がまだ気づいていないリスクを探し、リスクを減らすように運用体制を改善していく必要があります。

ここまで紹介してきたミスが、自社でも起こる可能性がないか改めて運用体制をチェックしてみましょう。