インターネットで役に立つ情報や面白い記事を見つけた時、誰かに共有したいと思ったことはありませんか?そういう時に知っておきたいのが、SNSでシェアする方法です。

今回は、SNSでシェアする方法をご紹介します。複数のメディアを読む方は、簡単にシェアする方法を覚えておくと便利です。
  

シェアとは

シェアとは、インターネットで見付けた記事や投稿を、自分のSNSアカウントを使って共有することを指します。自分のタイムライン上のみの場合や、友だちのタイムライン上にも共有できる場合など、共有できる場所はSNSによって違いがあります。

また、シェアする方法もいくつか種類があります。例えば、Facebook上の投稿をFacebookでシェアする方法は、「シェアする」を押せば簡単にシェアできます。

SNS別にシェアする方法をご紹介するので、よく使うSNSからチェックしてみましょう。

参照:
シェアとは - Webマーケティング用語|ferret
  

Facebookでシェアする

投稿をシェアする

Facebook上の投稿をFacebookアカウントを使ってシェアしてみましょう。
  
Yahoo_天気・災害___ホーム.png
こちらの投稿をシェアしたい時は、投稿の下部にある「シェアする」ボタンをクリックします。
ただし、投稿者がシェアできないように設定している場合は「シェアする」ボタンは表示されません。
  
Yahoo_天気・災害___ホーム_(1).png
シェアする方法5つが下記のように表示されます。

・そのままシェア(公開)
・シェア...
・メッセージとして送信
・友だちのタイムラインでシェア
・ページでシェア

5つの中から希望するシェア方法を選択します。
今回は2つ目の「シェア……」を選択します。

Yahoo_天気・災害___ホーム_(2).png
さらにシェアする場所が下記のように表示されます。

・タイムラインでシェア
・友だちのタイムラインでシェア
・グループでシェア
・イベントでシェア
・管理するページでシェア
・プライベートメッセージでシェア

Yahoo_天気・災害___ホーム_(3).png
シェアしたい場所を選び、「投稿」をクリックすれば簡単にシェアできます。
  

ホームページの記事をシェアする

インターネット上の記事をFacebookアカウントシェアしてみましょう。

先進的すぎる!ITの巨人Googleが実験的に提供している10サービスを紹介|ferret__フェレット_.png
記事に付いているシェアボタンの中から、Facebookのマークをクリックします。
  
Facebookに投稿.png
するとFacebookの投稿ページに移動します。先ほどと同じようにシェアする場所を選択し「投稿」をクリックすれば、記事をFacebookでシェアできます。
  

Twitterでシェアする

ツイートをシェアする

Twitter上の投稿をTwitterアカウントを使ってシェアしてみましょう。
Twitterで投稿をシェアするときは、リツイートボタンを利用します。

フェレットくん_ferret__ferretplus_さん___Twitter.png
こちらの投稿をシェアしたい時は、ツイートの下部にある「リツイート」をクリックします。
  
フェレットくん_ferret__ferretplus_さん___Twitter_(1).png
リツイートする画面が表示されます。ツイートにコメントを加えてリツイートする引用リツイートもできます。コメントを付けない場合は、そのまま「リツイート」をクリックすれば、リツイートができます。
  

ホームページの記事をシェアする

インターネット上の記事をTwitterアカウントシェアしてみましょう。

先進的すぎる!ITの巨人Googleが実験的に提供している10サービスを紹介|ferret__フェレット__(2).png
記事に付いているシェアボタンの中から、Twitterのマークをクリックします。
  
Twitter_でリンクを共有する.png
するとTwitterの投稿ページに移動します。文字数制限内であれば、コメントを追記することも可能です。「ツイート」をクリックすれば、記事をTwitterシェアできます。
  

LINEでシェアする

投稿をシェアする

LINE上の投稿をLINEアカウントを使ってシェアしてみましょう。

スクリーンショット_2017-06-22_20.09.52.png
LINEのタイムラインでシェアしたい投稿の下部にある、矢印のマークをクリックします。
  
スクリーンショット_2017-06-22_20.09.55.png
「タイムラインに投稿」をクリックします。
  
スクリーンショット_2017-06-22_20.09.57.png
追加するメッセージを入力し、「投稿」をクリックすればシェアできます。
  

ホームページの記事をシェアする

インターネット上の記事をLINEアカウントシェアしてみましょう。

スクリーンショット_2017-06-22_20.09.58.png
記事に付いているシェアボタンの中から、LINEのマークをクリックします。
  
スクリーンショット_2017-06-22_20.10.00.png
「タイムラインに投稿」をクリックすれば、タイムラインにシェアできます。また、特定の友だちやグループ、トークにシェアすることもできます。

URLを直接入力するときは、記事タイトルもセットで

記事にシェアボタンが付いていない時は、記事のURLをコピー&ペーストするのも1つの方法です。URLだけを貼り付けてしまうと、スパムリンクを警戒する、どんな内容の記事なのかわからないなどの理由からクリックされにくいでしょう。URLを貼り付ける時は、記事タイトルも一緒に記載するといいでしょう。
  

まとめ

SNSのシェア機能を使えば、簡単に情報を共有できるので重宝します。ただシェアするだけではなく、自分なりの意見や解説コメントを加えるのもオススメです。

ですが、シェアする情報が間違っていた場合、誤情報を拡散してしまうことにもなります。災害や地震など緊急事態に誤った情報が広まると、生命を左右しかねません。シェアする前に情報源を確かめるといった配慮も忘れないようにしましょう。

参照:
その投稿って本当に大丈夫? シェアする前に確認したい情報の真偽について
  

こちらも合わせてチェック

Instagram(インスタグラム)マーケティングを成功に導くハッシュタグの選び方

Instagram(インスタグラム)マーケティングを成功に導くハッシュタグの選び方

Instagramは近年急成長しているSNSの1つ。アパレルだけでなく、飲食店や美容院などでもInstagramを使って集客やブランディングを行う企業が増えました。インスタグラムマーケティングでは、より多くのユーザーのリーチを獲得するためにはハッシュタグが重要と言われています。しかし実際のところ、効果的なハッシュタグの選び方を知らない人がほとんどです。そこで今回は、インスタグラムマーケティングを成功させるのに、有効なハッシュタグの選び方を解説します。

インタビュー前編:KPIは会場をお客様で埋め尽くすこと。新日本プロレスのSNS運用が目指すもの

インタビュー前編:KPIは会場をお客様で埋め尽くすこと。新日本プロレスのSNS運用が目指すもの

私ごとで恐縮だが、1年ほど前に体調を崩して自宅療養をしていたとき、YouTubeで新日本プロレスの公式チャネルで動画を見る機会があった。7分ほどの動画であっただろうか。その短い動画を見て、私は完全にプロレスの虜になってしまった。繰り出される美しい技、レスラー一人ひとりの個性など、その魅力は語りつくせないほどだ。プロレスに完全に魅せられた私は、こう思うようになった。「なんとかプロレスと仕事を結びつけたい……。」「なんとかferret読者にプロレスの魅力を伝えたい……。」本インタビューはそんな想いから実現した企画である。