バズマーケティングとは、ユーザーによる口コミを生み出すことで、キャンペーンや商品を拡散させるマーケティング手法です。広告費を抑えながらもキャンペーンや商品を多くの人に知ってもらえる一方で、ユーザーの反応は操作しづらく、再現性が低いのが難点でしょう。
では、口コミが生まれる企画にはどういったポイントがあるのでしょうか。

今回は、ゴールデンボンバーからみるバズマーケティングのポイントを解説します。
「ゴールデンボンバー」は2004年に結成されたヴィジュアル系エアーバンドであり、8秒ライブやQRコードによる曲の配信など、ネット上でも話題になることの多いバンドです。それぞれのプロモーション事例を例に、なぜユーザー口コミが生まれたのかを解説していきましょう。

参考:
生産実績過去10年間オーディオレコードCD合計|一般社団法人 日本レコード協会」

ゴールデンボンバープロフィール

ゴールデンボンバー_Official_WebSite.png
ゴールデンボンバー Official WebSite

ゴールデンボンバーは2004年に結成された4人組のヴィジュアル系バンドです。
バンドでありながら演奏は行わず、楽曲に合わせて行なうパフォーマンスが話題となりました。

作詞・作曲やライブの演出などはボーカルの鬼龍院 翔氏が担当しています。

ゴールデンボンバーが行ったプロモーション事例

日本レコード協会の発表によると、音楽CDの売上は20112年の3,108億円に比べ、2016年には2,457億円と年々減少傾向にあります。

スクリーンショット_2017-07-04_10.54.18.png
引用:日本のレコード産業2017

同協会が2016年8月に行った調査によると、CDのような有料ソフトを買わない理由として「無料の音楽配信サイトや動画配信サイト、アプリの利用で満足している」をあげた人は全体の21.0%にのぼり、YouTubeやiTuneといった配信サービスがCDの売上減少につながっていることがわかりました。

しかし、このような音楽業界の中でも、ゴールデンボンバーは様々なプロモーションを行なうことで売上を伸ばしてきました。
では、一体どのようなプロモーションを行ったのでしょうか。3つの事例を見てみましょう。

参考:
2016年度 音楽メディアユーザー実態調査|一般社団法人 日本レコード協会

事例1.8秒フリーライブ

たった8秒だけ行われた「8秒フリーライブ」はTwitter上で大きな話題となり、ライブの様子を撮影したツイートは8万回以上リツイートされました。

このライブはLINEスタンプの発売と新曲の発表に合わせて行われたものであり、ライブ前の準備の様子はLINE LIVE番組「さしめし」内でも公開されています。

参考:
[ゴールデンボンバー8秒間フリーライブ開催! | ゴールデンボンバー Official WebSite] (http://pc.goldenbomber.jp/contents/106528)
[ゴールデンボンバー異例ライブ 8秒の新曲歌い終了|日刊スポーツ] (https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1847675.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp)

事例2.QRコードによる曲の無料配布

2017年4月に発売したシングルCD「#CDが売れないこんな世の中じゃ」はQRコードで全曲無料配信されています。

新曲披露の際に音楽番組内でQRコードが印刷されたフリップボードを掲げ、CDが売れないから無料でプレゼントすると呼びかけを行っています。
それにより放送直後、アクセスが集中したことにより特設サイトが一時つながない状態になってしまうほどの大きな反響を得ました。

参考:
ゴールデンボンバー、Mステで演奏しながらQRコード掲げて新曲を無料配信 → アクセス集中でテレ朝サイトが一時つながらない状態に|ねとらぼ
[#CDが売れないこんな世の中じゃ | ゴールデンボンバー Official WebSite] (http://pc.goldenbomber.jp/musics/3899)

事例3.特典なしのCD

2014年8月に発売したシングルCD「ローラの傷だらけ」は、握手券やブロマイドなどの購入特典が一切ないCDとして多くのメディアで取り上げられました。

発売後第1週の売上は4万2845枚と特典付き前作の5分の1程度にとどまりましたが、オリコン2位につけています。
オフシャルブログ上では「今消費されるCDは特典の方に需要が傾き、収録された音楽、歌のほうがオマケのようになってしまっています。」と述べ、多くの人がCDや音楽について考えるきっかけになってほしいと意図を明かしました。

参考:
[「音楽は特典に勝てない」と鬼龍院さん ゴールデンボンバー“特典なし”CD、初週売り上げ前作の3分の1以下 それでも「うれしい」|ITmedia NEWS] (http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1408/28/news064.html)
ローラの傷だらけ|ゴールデンボンバー 鬼龍院翔オフィシャルブログ「キリショー☆ブログ」