一般人がSNSを通してファンを獲得するようになり、社会へ影響を与えることが当たり前になってきました。そのような一般人が「インフルエンサー」と呼ばれるようになり、企業もインフルエンサーに注目しはじめました。そして彼らを利用した「インフルエンサーマーケティング」という新しいマーケティングも広がりを見せており、その市場規模は年々拡大しています。

インフルエンサーを自社の施策に活用する際には、インフルエンサーマーケティングを正しく理解する必要があります。

そこで今回は、インフルエンサーマーケティングの基礎知識や、インフルエンサーを起用する際の注意点を紹介します。

参考:
インフルエンサーマーケティングの市場規模、2018年は219億円と推定、2028年には933億円に

目次

  1. そもそもインフルエンサーとは?
    1. インフルエンサーの種類
  2. インフルエンサーマーケティングとは?
    1. インフルエンサーマーケティングのメリット
      1. 届けたい情報を、届けたいターゲットに
      2. SNSの拡散性を利用してより多くのユーザーへ届ける
      3. 広告への嫌悪感の軽減
    2. ユーザーの心を掴むナノインフルエンサー
  3. なぜインフルエンサーマーケティングが注目されているのか
    1. SNSの普及により、ユーザー間の信頼関係が構築された
    2. インフルエンサーマーケティングを支援する会社が増えた
  4. 各SNSとの相性に注意
    1. Instagram
    2. Twitter
    3. YouTube
  5. 効果を出すには長期的な運用を
  6. インフルエンサーマーケティングのこれから

そもそもインフルエンサーとは?

「インフルエンサー(influencer)」とは、あるコミュニティにおいて発言や行動をすることでそのコミュニティーに影響を与えることができる人物を指します。

芸能人やスポーツ選手、専門家などがインフルエンサーに当てはまります。
しかし、SNSの普及などにより、芸能人のように企業に属していない一般の人がインターネット上で多くのファンを獲得し、影響力を持つようになりました。
代表的な例として、YouTuberの「HIKAKIN」や「菅本裕子(ゆうこす)」はSNSからインフルエンサーとなった人たちです。

関連記事:
ゆうこす流、共感されるSNSの作り方

インフルエンサーの種類

一般的に、インフルエンサーを評価する際に基準となるのが「フォロワー数」です。

インフルエンサーマーケティングソリューションである「Klear」では、インフルエンサーを以下の4種類に区別しています。

- セレブリティ:50万人〜フォロワー
- パワーユーザー:3万〜50万人フォロワー
- マイクロインフルエンサー:5,000〜3万人フォロワー
- ナノインフルエンサー:500〜5,000人フォロワー

参考:
今話題の「ナノインフルエンサー」定義と探し方は?

インフルエンサーが活躍するジャンルは美容や料理、旅、育児など様々です。インフルエンサーマーケティングを実施する際は、フォロワー数やフォロワー属性、そのインフルエンサーのタイプと自社のコンテンツが合うか考えた上で、起用する必要があります。

インフルエンサーについては、別記事で解説しています。
より詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

関連記事:
有名人とどう違うの?インフルエンサーの定義を理解しよう

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングとは、「届けたい情報を、届いて欲しい人に、より届きやすくするPR」を可能にするマーケティング手法です。

従来のPR手法はマスメディアが主でしたが、TVなどの規模の大きいメディアでのPR手法は、幅広い層に情報発信ができても届けたいターゲットに情報が届きにくくなっている現状です。

SNSが発達し誰もがインターネット上で容易に発信ができるようになり、インターネット上で構築されたコミュニティから影響力を持つインフルエンサーたちが多く現れています。
つまり、その分野に特出したインフルエンサーへ宣伝を依頼することで、彼らのフォロワーへ情報をダイレクトに届けることが可能となります。

関連記事:
【SNSマーケティング特集(前編)】中国に比べて「3年遅れ」と言われている日本のインフルエンサーマーケティングの現状とは?

インフルエンサーマーケティングのメリット

インフルエンサーマーケティングには、以下のようなメリットがあります。

届けたい情報を、届けたいターゲットに

インフルエンサーのフォロワーは、そのジャンルに興味があるユーザーが多い傾向にあります。そのため、インフルエンサーマーケティングは特定のインフルエンサーを介すことで、そのジャンルに興味のあるユーザーへPRができます。

例えば、あるインフルエンサーがある商品をおすすめすると、フォロワーが影響を受け、その商品の売上が伸びる現象が起きることがあります。
自社のPRしたいコンテンツと共通するインフルエンサーを介すことで、そのフォロワーに情報が届き、興味や購買意欲をより高める効果が期待できます。

SNSの拡散性を利用してより多くのユーザーへ届ける

各SNSによって異なりますが、SNSの拡散性はインフルエンサーマーケティングへ大きな影響を与えます。

例えば、あるユーザがインフルエンサーが投稿した情報を拡散することで、直接そのインフルエンサーをフォローしていないユーザーにもその情報が届き、そのブランドや商品の認知度向上が期待できます。

広告への嫌悪感の軽減

SNSを閲覧中に広告が出てくることへ嫌悪感を抱くユーザーは少なくありません。自社のコンテンツとイメージが合うインフルエンサーを起用することで、広告のようなイメージを抑え、より自然に興味のあるユーザへ情報を届けられるようになります。

ユーザーの心を掴むナノインフルエンサー

インフルエンサーマーケティングにおいて、フォロワー数の多いインフルエンサーを起用した方が効果は高いと思われがちです。しかし、500〜5,000人のフォロワーを持つ「ナノインフルエンサー」と呼ばれるインフルエンサーを起用する企業も増えてきています。

そもそもインフルエンサーマーケティングは、「いかにユーザに影響を与えることができるか」が重要です。

多くのフォロワーを抱えるインフルエンサーは、ユーザーとの交流が少なく距離感が遠くなる場合もあります。ナノインフルエンサーは、ユーザーからのコメントにも返信がしやすく、コミュニケーションを取りやすいため、インフルエンサーをより身近に感じられます。信頼関係も築きやすく、「この人がおすすめしているなら」と購入販促への効果もより期待できます。

なぜインフルエンサーマーケティングが注目されているのか

インフルエンサーマーケティングはなぜこれほど注目されているのでしょうか。

SNSの普及により、ユーザー間の信頼関係が構築された

インフルエンサーマーケティングは、当初はブロガーが自身のブログでPRすることがメインでした。
その後TwitterやInstagramなどの普及により、ブログのような個人の発信ありきと違った会話に近いコミュニケーションが生まれはじめました。その中で、同じ様な趣味や考え方を持ったコミュニティが形成され、SNS上でユーザー間での信頼関係を築き始めました。

インフルエンサーマーケティングを支援する会社が増えた

企業はインフルエンサーマーケティングを実施する上で主に3つの課題を抱えていました。

1つ目は、適切なインフルエンサーの探し方がわからない点です。
インフルエンサーは様々なSNS、ジャンルの中で多く存在しています。自社のコンテンツに適切なインフルエンサーを探すことは、容易ではありません。

2つ目は、効果的な施策の打ち方がわからない点です。
もしインフルエンサーを探し出せたとしても、インフルエンサーマーケティングの効果測定のやり方や、KPI設定がしっかりできないため、それらが曖昧なまま費用をかけてしまう恐れがあります。

3つ目は、インフルエンサーとの信用問題です。個人的に依頼をしても、契約通りの投稿がされなかったり、予想通りの効果が得れなかったりする場合があります。最悪の場合、連絡が途切れてしまうなどの問題も発生していました。

しかし、インフルエンサーマーケティングを支援する会社が設立され、このような課題が解決されたことで、インフルエンサーマーケティングは普及してきました。
インフルエンサーマーケティングを支援する企業は、クライアントとインフルエンサーとの仲介者となります。インフルエンサーマーケテイングを実施する上での契約周りや、効果測定、KPI設定などサポートに加え、ステルスマーケティング問題へのケアもしてもらえるため、利用企業は安心してPRを実施できます。
中には芸能事務所の様に、インフルエンサーが所属しているインフルエンサーマーケティング会社もあります。

関連記事:
「YouTubeはレッドオーシャン化している」インフルエンサービジネスのこれからをVAZに聞いてみた

各SNSとの相性に注意

SNSはサービスごとに投稿の内容や拡散のされ方などの違いがあります。インフルエンサーマーケティングを実施する前に、それぞれの特徴をしっかりと理解しておきましょう。
自社のPRしたいコンテンツと、利用するSNSの相性を考えなければ思ったような効果は出ません。

各SNSの特徴は以下のとおりです。

Instagram

Instagramは、写真の投稿がメインとなるSNSです。「インスタ映え」という言葉があるように、写真映えした画像の方がユーザーの目に止まりやすい点が特徴的です。
メインユーザー層は10~20代と若者が多いため、その年代の興味を写真で惹きつけられるファッションやコスメティック、旅関連のコンテンツはInstagramと相性が良いでしょう。

Instagramの投稿には、URLは掲載できるものの、そのURLをタップして直接サイトへ遷移ができない点や、他のSNSより拡散性が低い点に注意が必要です。
また、Instagramは一度投稿をしても、その投稿がタイムライン上から流れてしまいます。より多くのユーザに何度も目を止めてもらえるよう、複数のインフルエンサーを起用したり、ハッシュタグキャンペーンの開催などでハッシュタグを活用したりすることで、長期的なPR活動を運用する必要があります。

Instagramのハッシュタグ活用方法は、別記事でも紹介しています。
詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

関連記事:
Instagramはハッシュタグが命!効果的な付け方・選び方を解説

Twitter

Twitterの最も大きな利点は「拡散力」です。
Twitterにはリツイート機能があるため、より多くのユーザーに届きやすい特性があります。
そのためキャンペーンやイベントなどの告知や、認知度アップとの相性が良いでしょう。
Twitterは直接遷移可能なリンクを掲載できるため、詳細サイトや購入サイトへの誘導が可能となり、幅広くコンテンツの宣伝が可能となります。

しかし、先述したように明らかにサイトへ誘導させるような宣伝内容の投稿にすると、ユーザーから拒否感をもたれる恐れがあるほか、投稿できる最大文字数(140文字)内に抑えにくくなってしまうこともあります。Twitterでは、端的でわかりやすい文章や画像などを使用する工夫が必要です。

YouTube

YouTubeは、他のSNSと異なり映像や音声に特化していることが特徴です。
起用されるインフルエンサーは、主にYouTube上で「YouTuber」として活躍している人物が一般的となっています。YouTube視聴者の年齢層は子供から大人まで幅広く、様々なターゲットへの訴求が可能となり、様々なコンテンツと相性が良いでしょう。

例えば商品紹介をする場合は、サイズ感や開封から使用までの流れを動画上で説明していくため、他のSNSよりわかりやすく、より多くの情報をユーザーへ伝えることが可能となります。ゲーム系などは、実際にインフルエンサーがプレイをしている映像をユーザーへ見てもらうことができ、よりイメージを持ってもらいやすいPR活動が可能となります

効果を出すには長期的な運用を

今回紹介した3つ全てのSNSは、その投稿へのインプレッションなどのデータを取得でき、今後のマーケティング施策へのデータ活用にも役立てることができます。

単発的な施策では、期待通りの効果はなかなか出ません。
収集したデータを解析し、次の施策に活かすためにKPIの再設定や、継続的にPDCAサイクルを回すことが重要です。

インフルエンサーマーケティングのこれから

インフルエンサーマーケティングは、インフルエンサーを起用しPRしてもらうだけでは期待通りの効果をなかなか得られません。継続的な施策やデータを活用し、入念に運用をすることで大きな効果を得られます。

また、ユーザーとの信頼関係も非常に重要です。もちろん企画力や継続性も大切ですが、ナノインフルエンサーの様にファンとの信頼関係が築かれているかが、ファンへの影響力に変わってきます。

自社のコンテンツにインフルエンサーマーケティングの活用をお考えの方は、専門の会社を利用したり、トレンドを分析して対策する必要があるでしょう。