最近は一般人がSNSを通してファンを獲得するようになり、社会へ影響を与えることが当たり前になってきました。このような一般人は「インフルエンサー」と呼ばれ、商品やサービスの宣伝にインフルエンサーを活用する企業も増加しています。

こうした背景の中で、「インフルエンサーマーケティング」という新しいマーケティング手法も広がりを見せており、その市場規模は年々拡大しています。

そこで、インフルエンサーマーケティングの基礎知識や施策の事例、始め方をなどを解説します。

目次

  1. そもそもインフルエンサーとは?
  2. インフルエンサーマーケティングとは?
  3. インフルエンサーマーケティングが注目されている理由
  4. インフルエンサーマーケティングの施策事例
  5. インフルエンサーマーケティングの始め方
  6. インフルエンサーマーケティング会社の選び方と費用相場
  7. インフルエンサーマーケティングで活用されるSNSの特徴
  8. 効果を出すには長期的な運用を
  9. インフルエンサーマーケティングのこれから

▼インフルエンサーマーケティングの資料はこちら

これさえ読めば失敗しない!! 購買に繋がるインフルエンサー施策の始め方

これさえ読めば失敗しない!! 購買に繋がるインフルエンサー施策の始め方

SNSでは「共感購入」が重要!そのポイントと注意すべき点をご紹介します。

そもそもインフルエンサーとは?

001-min.png
出典:YouTube HikakinTV公式チャンネル

「インフルエンサー(influencer)」とは、あるコミュニティにおいて発言や行動をすることでそのコミュニティーに影響を与えることができる人物を指します。従来は、芸能人やスポーツ選手、専門家などがインフルエンサーとして捉えられていました。

しかし、SNSの普及などにより、芸能人のように事務所や企業に属していない一般の人がインターネット上で多くのファンを獲得し、影響力を持つようになりました。

代表的な例として、YouTuberの「HIKAKIN」や「菅本裕子(ゆうこす)」はSNSからインフルエンサーとなった人たちです。

インフルエンサーの種類

一般的に、インフルエンサーを評価する際に基準となるのが「フォロワー数」です。インフルエンサーマーケティングソリューションである「Klear」では、インフルエンサーを以下の4種類に区別しています。

- セレブリティ:50万人〜フォロワー
- パワーユーザー:3万〜50万人フォロワー
- マイクロインフルエンサー:5,000〜3万人フォロワー
- ナノインフルエンサー:500〜5,000人フォロワー

参考:今話題の「ナノインフルエンサー」定義と探し方は?

インフルエンサーが活躍するジャンルは美容や料理、旅、育児など様々です。インフルエンサーマーケティングを実施する際は、フォロワー数やフォロワー属性、そのインフルエンサーのタイプと自社のコンテンツが合うか考えた上で、起用する必要があります。

なおインフルエンサーについては、別記事で解説しています。より詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

関連記事:
有名人とどう違うの?インフルエンサーの定義を理解しよう

インフルエンサーマーケティングとは?

original.png

インフルエンサーマーケティングとは、「届けたい情報を、届いて欲しい人に、より届きやすくするPR」を可能にするマーケティング手法です。

従来のPR手法はマスメディアが主でしたが、TVなどの規模の大きいメディアでのPR手法は、幅広い層に情報発信ができても届けたいターゲットに情報が届きにくくなっていることが課題視されていました。

現在は、SNSが発達し誰もがインターネット上で容易に発信ができるようになり、インターネット上で構築されたコミュニティから影響力を持つインフルエンサーたちが多く現れています。

つまり、自社商品・サービスと関連性の高い分野のインフルエンサーへ宣伝を依頼することで、そのインフルエンサーのフォロワーへ情報をダイレクトに届けることが可能となります。

インフルエンサーマーケティングのメリット

インフルエンサーマーケティングには、以下のようなメリットがあります。

届けたい情報を、届けたいターゲットに届けられる

インフルエンサーのフォロワーは、そのジャンルに興味があるユーザーが多い傾向にあります。そのため、インフルエンサーマーケティングは特定のインフルエンサーを介すことで、そのジャンルに興味のあるユーザーへPRができます。

例えば、ファッション系インフルエンサーがあるブランドをおすすめすると、フォロワーが影響を受け、そのブランドの売上が伸びる現象が起きることがあります。

自社のPRしたいコンテンツと共通するインフルエンサーを介すことで、そのフォロワーに情報が届き、興味や購買意欲をより高める効果が期待できます。

SNSの拡散性を利用してより多くのユーザーへアプローチできる

SNS媒体によって異なりますが、SNSの拡散性はインフルエンサーマーケティングへ大きな影響を与えます。

例えば、あるユーザーがインフルエンサーが投稿したブランド情報を拡散することで、そのインフルエンサーをフォローしていないユーザーにも直接情報が届き、ブランドの認知度向上が期待できます。

そのため、ユーザーシェアしてもらいやすいコンテンツを制作する企業も増えています。

広告への嫌悪感を軽減できる

SNSを閲覧中に広告が出てくることへ嫌悪感を抱くユーザーは少なくありません。ユーザーにストレスを与えてしまうと、広告には興味を示してもらえないのです。

そこで、自社のコンテンツとイメージが合うインフルエンサーを起用すれば、広告のようなイメージを抑え、より自然に興味のあるユーザへ情報を届けられるようになります。

SNSで広告を出稿してもなかなか効果が出ないという企業は、インフルエンサーマーケティングに挑戦するとよいでしょう。

ユーザーの心を掴むナノインフルエンサーを起用する企業も

インフルエンサーマーケティングにおいて、フォロワー数の多いインフルエンサーを起用した方が効果は高いと思われがちです。しかし、500〜5,000人のフォロワーを持つ「ナノインフルエンサー」と呼ばれるインフルエンサーを起用する企業も増えてきています。

そもそもインフルエンサーマーケティングは、「いかにユーザーに影響を与えることができるか」が重要です。多くのフォロワーを抱えるインフルエンサーは、ユーザーとの交流が少なく距離感が遠くなる場合もあります。

その点、ナノインフルエンサーはフォロワーらのコメントにも返信がしやすく、コミュニケーションを取りやすいのがメリットです。信頼関係も築きやすく、「この人がおすすめしているなら」と購入販促への効果もより期待できるのです。

▼インフルエンサーマーケティングの資料はこちら

これさえ読めば失敗しない!! 購買に繋がるインフルエンサー施策の始め方

これさえ読めば失敗しない!! 購買に繋がるインフルエンサー施策の始め方

SNSでは「共感購入」が重要!そのポイントと注意すべき点をご紹介します。

インフルエンサーマーケティングが注目されている理由

インフルエンサーマーケティングはなぜ注目されているのでしょうか。ここでは、インフルエンサーを活用する企業が増えている理由を紹介します。

SNSの普及により、ユーザー間の信頼関係が構築された

インフルエンサーマーケティングは、当初はブロガーが自身のブログでPRする手法が主流でした。

その後TwitterやInstagramなどの普及により、ブログのような個人の発信ありきと違った、会話に近いコミュニケーションが生まれはじめました。

その中で、同じ趣味や考え方を持ったコミュニティが形成され、SNS上におけるユーザー間の信頼関係が強化されたのです。

ユーザー同士の信頼関係が築けているのであれば、発信内容に対する信頼度も高まり、PRの効果も期待できます。

インフルエンサーマーケティングを支援する会社が増えた

企業はインフルエンサーマーケティングを実施する上で主に3つの課題を抱えていました。

1つ目は、適切なインフルエンサーの探し方がわからない点です。インフルエンサーは様々なSNS、ジャンルの中で多く存在しています。自社のコンテンツに適切なインフルエンサーを探すことは、容易ではありません。

2つ目は、効果的な施策の打ち方がわからない点です。もしインフルエンサーを探し出せたとしても、インフルエンサーマーケティングの効果測定のやり方や、KPI設定がしっかりできないため、それらが曖昧なままコストを無駄にしてしまう恐れがあります。

3つ目は、インフルエンサーとの信用問題です。個人的に依頼をしても、契約通りの投稿がされなかったり、予想通りの効果が得られなかったりする場合があります。最悪の場合、連絡が途切れてしまうなどの問題も発生していました。

しかし、インフルエンサーマーケティングを支援する会社が設立され、このような課題が解決されたことで、インフルエンサーマーケティングは一気に普及しました。

インフルエンサーマーケティングを支援する企業は、クライアントとインフルエンサーとの仲介者となります。インフルエンサーマーケテイングを実施する上での契約周りや、効果測定、KPI設定などのサポートに加え、ステルスマーケティング問題へのケアもしてもらえるため、利用企業は安心してPRを実施できます。

中には芸能事務所の様に、インフルエンサーが所属しているインフルエンサーマーケティング会社もあります。

インフルエンサーマーケティングの施策事例

実際にインフルエンサーマーケティングをどのように活用すればいいのでしょうか。ここでは、施策事例を紹介します。

商品・サービスのギフティング

インフルエンサーに商品・サービスを無償で提供する代わりに情報を発信してもらう手法を「ギフティング」と呼びます。

ギフティングはインフルエンサーが商品・サービスを実際に利用するため、リアルな感想やレビューをユーザーに届けられるのが特徴的です。

ギフティングには、報酬を支払う有償ギフティングと、報酬が発生しない無償ギフティングがあります。有償ギフティングの方が訴求ポイントをアピールしてもらいやすくなりますが、無償ギフティングはコストが抑えられます。

ライブ配信

「ライブ配信(ライブコマース)」とは、ユーザーとリアルタイムでコミュニケーションが取れる動画の生中継です。商品・サービスの購買促進やブランディング、認知拡大などを目的にしています。

特に10代、20代などの若年層はライブ配信型の動画共有サービスの利用頻度が高く、若者をターゲットにした商品やサービスの訴求などで多く用いられます。

ライブ配信は、ユーザーの反応をその場で確認したり、質問に答えたりできる点がメリットです。

企画・コンサルティング

「企画・コンサルティング」とは、商品・サービスをインフルエンサーにプロデュースしてもらったり、イベントに参加してもらったりする手法のことです。

例えば、アパレル企業がファッション系インフルエンサーに依頼して、コラボレーションアイテムを発売するなどの事例も見受けられます。

新たな視点を活かした商品・サービスを展開したい企業や、ブランド価値を高めたい企業におすすめです。

現地訪問・レポート

「現地訪問・レポート」とは、インフルエンサーに店舗やイベント、観光地に赴いてもらい、サービスなどを体験してもらう手法のことです。インフルエンサーが発信する投稿から、会場の雰囲気や演出、サービス内容をユーザーに伝えられます。

飲食店の場合、店舗にインフルエンサーを招待して実際に食事してもらい、レビューを投稿してもらうのも、よく見られるケースです。

インフルエンサーマーケティングの始め方

インフルエンサーマーケティングは何から始めればいいのでしょうか。ここでは、インフルエンサーマーケティングの始め方を紹介します。

​​ターゲットの設定

インフルエンサーマーケティングを始める前に、まずターゲットを設定することが大切です。ターゲットを設定できていないと、興味や関心の高いユーザーに情報を届けることができません。

自社のターゲットが20代であった場合、20代のフォロワーが多いインフルエンサーを起用する必要があります。

SNS媒体によってもユーザーの属性が大きく異なるので、インフルエンサーがどの媒体で強みをもっているかも併せて確認しましょう。

インフルエンサーをキャスティングする

ターゲットが設定できたら、ターゲットに合ったインフルエンサーをキャスティングします。

自社の展開する商品・サービスと親和性が高いか、過去の投稿でどのようにPRを行っているかなどを確認しましょう。

また、お金を払ってフォロワーを増やしているタイプのインフルエンサーもいるため、慎重に見極める必要があります。

キャスティングが不安な方は、インフルエンサーマーケティングを支援する会社や、信頼性のあるプラットフォームなどを利用するとよいでしょう。

SNSを選定し、投稿内容を決める

インフルエンサーを決めるのと併せて、PR情報を配信するSNS媒体を決定します。

InstagramやTwitter、TikTokなど、媒体によってユーザーの属性や発信形態が異なるため、自社にとって最適なSNSを選定することが大切です。

加えて、インフルエンサーに発信してもらう投稿内容も決めます。ただし、ルールや条件を細かく設定してしまうと、PR感が強く、違和感を与える投稿になってしまうため注意が必要です。

最低限の条件を伝えた後は、インフルエンサーの裁量に任せるとよいでしょう。

施策の効果を検証する

インフルエンサーマーケティングは、情報を発信したら終了という訳ではありません。投稿が完了した後も、施策の効果を検証することが重要です。

インプレッション数やいいね数、URLクリック数などの数値は、SNSに備わっている分析ツールで確認できます。Googleアナリティクスやソーシャルリスニングツールなどが利用されることも多いです。

なお、効果的な分析を行うためにも、事前にKPIを設定しておくことをおすすめします。

インフルエンサーマーケティング会社の選び方と費用相場

インフルエンサーマーケティング会社を利用する場合、どのように依頼先を選べばいいのでしょうか。費用相場と併せて見ていきましょう。

インフルエンサーマーケティング会社の選び方

企画や施策代行、効果分析、ツールの提供など、インフルエンサーマーケティング会社によって提供しているサポートはさまざまです。

インフルエンサーを選定する際は、フォロワーの属性や、PR実績などをポイントにして検討することをおすすめします。

費用相場

インフルエンサーマーケティングを実施する際の費用相場は、フォロワー単価2円〜4円(1回の投稿あたり)」となっています。

つまり、フォロワーが20万人のインフルエンサーに投稿を依頼する場合、費用は40万円〜80万円が相場です。芸能人やモデル、知名度の高いインフルエンサーを起用する場合は、さらに費用が高くなるでしょう。

総合的に依頼できるインフルエンサーマーケティング会社

総合的にインフルエンサーマーケティングを依頼できる会社例として、以下のような会社があります。

株式会社Find Model

image1-min.png
株式会社Find Model

株式会社Find Modelは、企業とインフルエンサーをつなぐマッチングプラットフォームを提供している企業です。アサイン可能なインフルエンサーは6,000人以上で、延べフォロワー数は1億8,000万人を超えています。

これまでに、株式会社ローソンや株式会社コーセー、株式会社リクルートホールディングスなどの大手企業も利用しています。

企画から効果分析まで一貫したサポートを得たい企業におすすめです。

UUUM株式会社

image3-min.png
UUUM株式会社

UUUM株式会社は、「セカイにコドモゴコロを」を企業理念に掲げている企業です。HIKAKINやはじめしゃちょー、東海オンエアなど、国内トップクラスのクリエイターのマネジメントを行っています。

商品レビュー、お笑い、ビューティー、ゲーム実況など、様々なジャンルのクリエイターを抱えており、商品・サービスにあったPRを実施することが可能です。

Instagramで影響力のあるインフルエンサーとマッチングするサービス「LMND(レモネード)」も提供しています。

インフルエンサーマーケティングで活用されるSNSの特徴

SNSはサービスごとに投稿の内容や拡散のされ方などの違いがあります。インフルエンサーマーケティングを実施する前に、それぞれの特徴をしっかりと理解しておきましょう。

自社のPRしたいコンテンツと、利用するSNSの相性を考えなければ思ったような効果は出ません。各SNSの特徴は以下のとおりです。

Instagram

Instagramは、写真の投稿がメインとなるSNSです。「インスタ映え」という言葉があるように、写真映えした画像の方がユーザーの目に止まりやすい点が特徴的です。

メインユーザー層は10〜20代と若者が多いため、その年代の興味を写真で惹きつけられるファッションやコスメティック、旅関連のコンテンツはInstagramと相性が良いでしょう。

ただしInstagramは、一度投稿をしてもその投稿がタイムライン上から流れてしまいがちです。より多くのユーザーに何度も目を止めてもらえるよう、複数のインフルエンサーを起用したり、ハッシュタグキャンペーンの開催などでハッシュタグを活用したりすることで、長期的なPR活動を運用する必要があります。

Instagramのハッシュタグ活用方法は、別記事でも紹介しています。詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

関連記事:
Instagramはハッシュタグが命!効果的な付け方・選び方を解説

Twitter

Twitterの最も大きな利点は「拡散力」です。Twitterにはリツイート機能があるため、より多くのユーザーに届きやすい特性があります。そのためキャンペーンやイベントなどの告知や、認知度アップとの相性が良いでしょう。

Twitterは直接遷移可能なリンクを掲載できるため、詳細サイトや購入サイトへの誘導が可能となり、幅広く商品やサービスの宣伝が可能となります。

しかし、先述したように明らかにサイトへ誘導させるような宣伝内容の投稿にすると、ユーザーから拒否感をもたれる恐れがある点には注意が必要です。

YouTube

YouTubeは、他のSNSと異なり映像や音声に特化していることが特徴です。起用されるインフルエンサーは、主にYouTube上で「YouTuber」として活躍している人物が一般的となっています。

YouTube視聴者の年齢層は子供から大人まで幅広く、様々なターゲットへの訴求が可能となり、様々なコンテンツと相性が良いでしょう。

例えば商品紹介をする場合は、サイズ感や開封から使用までの流れを動画上で説明していくため、他のSNSよりわかりやすく、より多くの情報をユーザーへ伝えることが可能となります。

ゲーム系などは、実際にインフルエンサーがプレイをしている映像をユーザーに見てもらうことができ、よりイメージを持ってもらいやすいPR活動が可能となります

効果を出すには長期的な運用を

紹介した3つ全てのSNSは、その投稿へのインプレッションなどのデータを取得でき、今後のマーケティング施策へのデータ活用にも役立てることができます。

単発的な施策では、期待通りの効果はなかなか出ません。収集したデータを解析し、次の施策に活かすためにKPIの再設定や、継続的にPDCAサイクルを回すことが重要です。

インフルエンサーマーケティングのこれから

インフルエンサーマーケティングは、インフルエンサーを起用しPRしてもらうだけでは期待通りの効果はなかなか得られません。継続的な施策やデータを活用し、入念に運用をすることで大きな効果を得られます。

また、ユーザーとの信頼関係も非常に重要です。もちろん企画力や継続性も大切ですが、ナノインフルエンサーのようにファンとの信頼関係が築かれているかが、ファンへの影響力に変わってきます。

自社のコンテンツにインフルエンサーマーケティングの活用をお考えの方は、専門の会社を利用したり、トレンドを分析して対策する必要があるでしょう。

▼インフルエンサーマーケティングの資料はこちら

これさえ読めば失敗しない!! 購買に繋がるインフルエンサー施策の始め方

これさえ読めば失敗しない!! 購買に繋がるインフルエンサー施策の始め方

SNSでは「共感購入」が重要!そのポイントと注意すべき点をご紹介します。