チームメッセンジャーアプリの市場は成熟しており、すでにさまざまなアプリケーションが存在していますが、その中でも最も利用されているアプリケーションのひとつが「Slack」です。

DMRによれば、Slackの日間アクティブユーザー数(DAU)は2017年6月時点で500万人にものぼり、そのうち150万人はSlackを有料で使っているようです。

Fortune 100(The 100 Best Companies to Work For 2017)に選ばれている企業のうち77社がSlackを社内のコミュニケーションツールとして利用しており、先進的な企業の多くが導入している状態です。

今回は、さまざまな企業で利用されているチームメッセンジャーアプリ「Slack」の概要と基本的な使い方をご紹介します。
インストール方法からSlackでのやりとり、Appの追加の仕方まで、基本的な使い方を理解しておききましょう。

Slackとは?

slack.png

Slackは、米国サンフランシスコに拠点を置いているSlack Technologies, Incが提供しているチャットツールで、同社は2013年のサービスローンチ以降、爆発的な成長を続けているユニコーン企業です。

DMRによれば、日々のユーザー数は、3%〜5%ずつ増え続けているとも言われています。

Slackの最大の特徴ともいえるのが、あらゆる外部サービス(App)との連携です。
Slack版のApp Storeとも言えるApp Directoryには600以上のアプリが登録されており、連携することで、さまざまな業務の効率化に繋げることができます。

また、エンジニアの方には利用シーンが多くなりそうな、プログラミングコードを共有できるスニペット機能もあります。
チームで開発を行う際には重宝するでしょう。

さらに、チャット内でドキュメントを作成・編集・コメントを行うことができるポスト機能もついています。

通常、チャンネル上で新しい情報が次々と流れていってしまいますが、この機能を使って社内wikiのように必要な情報をまとめていけば、重要な情報を後から参照しやすくなります。

Slackのダウンロード&インストール方法

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

chat.jpeg
画像引用元:pexels.com

Slackは2017年8月時点で、Windows・Mac OS・Linux・iOSAndroidアプリをインストールして利用することができるほか、インストールのいらないブラウザアプリで利用することもできます。

download.png
スクリーンショット (2017年8月)

Download Slackページに移動すると、自動的に環境に合わせたダウンロードページが表示されるので、「Download Slack」ボタンを押します。

デスクトップ版の場合はお好きな場所にダウンロードを行い、インストーラーをダブルクリックしてインストールを完成させてください。
iOSAndroidの場合は、App Store / Google Play Storeに移動するので、ダウンロードボタンを押してインストールを完了させてください。

Slackでのチーム参加・作成方法

meeting.jpeg
画像引用元:pexels.com

Slackでやりとりを行うには、チームを作成するか、すでに作成されているチームに参加する必要があります。
ここではMac OS版の画面でチームへの参加方法や作成方法を確認していきますが、他のデスクトップアプリやスマートフォンアプリ版でも基本的な流れは同じです。

チームへの参加方法

01.png
スクリーンショット (2017年8月)

インストール済みのSlackを開くと、「チームへの参加」(Sign in to your team)か「チームの新規作成」(Create New Team)を選ぶ場面になるので、チームのチャンネルURLが分かっている場合にはURLを入力しましょう。

02.png
スクリーンショット (2017年8月)

続いて、サインインを行うメールアドレスを入力します。

03.png
スクリーンショット (2017年8月)

パスワードを入力し、「Sign In」ボタンを押してサインインしてください。

04.png
スクリーンショット (2017年8月)

また、Magic Linkと呼ばれるリンクを開くことで参加承認がされるリンクをメールに送り、リンクをクリックしてサインインする方法もあります。

anotherteam.png
スクリーンショット (2017年8月)

ログイン後に他のチームにもサインインするには、アイコンをクリックし、「Sign in to another team…」(他のチームにもログインする)をクリックして同様の手続きを行えば他のチームに参加することもできます。

チームの新規作成方法

01.png
スクリーンショット (2017年8月)

これからチームを作成する場合は、最初の画面で「Create New Team」をクリックします。

05.png
スクリーンショット (2017年8月)

メールアドレスを入力したのち、認証メールが届くので、6桁の認証コードをアプリに入力しましょう。

07.png
スクリーンショット (2017年8月)

認証が完了すると、名前とユーザー名を入力する欄が登場するので、任意で入力を行いましょう。

08.png
スクリーンショット (2017年8月)

続いて、会社名や人数などのアンケート項目が表示されますが、こちらも任意入力となり、入力せずにスキップすることもできます。

09.png
スクリーンショット (2017年8月)

次に、チームのURLを決めます。
すでに取得されているとそのURLは利用することができません。
利用できる場合はメッセージボックスの左側にチェックマークが付きます。

10.png
スクリーンショット (2017年8月)

続いて、他のチームメンバーにSlackのインビテーションを送ることができます。
この作業は後からもできるので、「Skip For Now」(今は飛ばす)をクリックしてスキップすることもできます。

招待を受けたメンバーは、開いたメールの「Join team」というボタンをクリックし、ユーザー名やパスワードを設定すればチームに参加することができます。

Slackでのチャンネルの活用方法

channel.png
スクリーンショット (2017年8月)

Slackでは、「チャンネル」(CHANNELS)・「ダイレクトメッセージ」(DIRECT MESSAGES)・「プライベートグループ」(PRIVATE GROUPS)の3種類の方法でコミュニケーションを取ることができます。

その中でも最も活用シーンが多くなるのが、チーム内でのコミュニケーションの場である「チャンネル」です。

チームを作成すると、「#general」と「#random」の2種類のチャンネルが設定されます。
参加したメンバーも、自動的にこの2つのチャンネルに紐づけられます。

これらのチャンネルの使い方は自由ですが、一般に「#general」ではメンバー全員に通知を行う仕事用の掲示スペース、「#random」はコミュニケーションを円滑に進める上での雑談などが推奨されています。

また、左メニューバーの「CHANNELS」の右にある「+」ボタン(Create new channel)をクリックし、チャンネル名と招待するメンバー、チャンネルの説明を入力することで、新しいチャンネルを作成することもできます。

Slackでのコミュニケーション方法

チームとチャンネルを設定したら、あとはメンバーとのコミュニケーションは他のチャットツールと同様に行うことができます。

テキストチャット

送信したいテキストを画面下のメッセージボックスエリアに入力して、Enterキーを押して送信します。
Macでは「command」、Windowsでは「alt」キーを押しながらEnterキーを押せば、メッセージの入力途中で開業を行うこともできます。

入力後のメッセージを編集・削除したい場合には、メッセージの右に現れるアイコンの一番右側「Show message actions」をクリックし、「Edit message」(編集)・「Delete Message」(削除)を選べば完了です。

返信

TwitterやMastdonなどの他のSNSのように、「@」をつけることで特定のユーザーに対する返信を行うことができます。

返信相手が通知をオンにしていれば、自分に返信があったことを通知してくれます。

ソースコード共有

Slackでは、各種プログラミング言語やソースコードなどを送信する機能が存在します。
メッセージボックス左の「+」をクリックし、「Code or snippet」(旧バージョンでは「Create Snippet」)を選びます。

snippet.png
スクリーンショット (2017年8月)

すると、スニペットの作成画面になるので、該当言語やコメントなどを入力すれば、ソースコードを以下のように共有することができます。

snippost.png
スクリーンショット (2017年8月)

ファイル共有

メッセージボックスに共有するファイルをドラッグ&ドロップするか、メッセージボックス左の「+」をクリックし、「Your Computer」をクリックしてファイルを選択することで、ファイルを共有することができます(無料版は5GBまで)。

また、新機能として「Google Drive」との連携に対応しました。
アカウント連携が設定されていれば、Slackから直接Googleドライブのファイルを送信することが可能です。

スラッシュコマンド

スラッシュコマンドとは、メッセージボックスに直接コマンドを入力することで機能を実行することができる、ショートカットコマンドのことです。
「/away」(離席中のステータス切り替え)「/mute」(チャンネルのミュート)「/who」(現在のチャンネルの参加者リスト表示)など、さまざまなスラッシュコマンドが標準で利用できます。

利用可能なスラッシュコマンドリストは、Slackヘルプセンターのスラッシュコマンドをご覧ください。

Appのインストール方法

app.png
スクリーンショット (2017年8月)

Slackには豊富な外部プラグインとしての「App」が用意されており、ファイル管理やミーティングアジェンダの作成、ボット機能の追加などが簡単に行えます。

Appをインストールするには、Slackの左メニューバーのAPPSの「+」マークを押して、好きなAppを選ぶだけです。

Appの中には、スラッシュコマンドを行うことができるものもあります。
通常、Appを追加すれば、Appのボットがスラッシュコマンドの使い方を教えてくれるものがほとんどです。

まとめ

Slackは単なるチャットツールではなく、チームでの仕事を効率化する上での様々な機能が実装されています。
また、複数のチームに所属している人は、シームレスに複数プロジェクトを使い分けることができるので、その点も評価されているようです。

アプリ自体は英語表記ですが、ヘルプセンターは完全に日本語化されており、アプリ自体のローカライズ(多言語化)も進行中です。
導入を検討されている場合は、無料から使えるので、まず利用してみてはいかがでしょうか。